上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.03.09(Sun):FAR


結果が出ておりましたのでご報告いたします。







FAR






結果






































66点(不合格)










まずこのスコアを見たときに悔しさや悲しさといったよりも自分に対する怒りの気持ちが湧きました。

どれだけ能力低いんだよ俺は・・。

そしてなにこの低スコア・・・・。あれだけ勉強したのにこのスコア。

せめて70点台で落ちろよと思ったのですがこの点数のおかげである事実に先ほど気が付くことができ少し元気が出ました。(後ほど説明します)

結果を見たのは土曜日でその日いつものようにREG講義を受けに行こうと思ってたのですが、あまりにもショックでその日はカーテンを閉め切り布団に入ってメソメソしてました。

本当に勉強をやめようか考えました。

認めたくない、これが自分の実力だとは認めたくない。きっと難易度変化に動揺して集中力がきれたのが原因だ、不完全燃焼だったんだ、認めるわけにはいかない!こんなみじめな気持ちをもったまま諦めるのは自分の今後の生き方に影響してしまうからこのまま終われるか!となんとか気持ちを奮い立たせることはできました。

その後これからどうしよう・・と考えてましたが考えてもどうしようもないことに気が付いたので(笑)新たに次の一手を打ちました。何をしたかはまた別の日にでもかきます。



で、点数のことですがいかんせん低すぎると・・・なんかおかしいなとは思ってたんですけど先ほど電車でふと思い出したことがあって急いで過去問みて確認してみたら・・・・案の定SIMの仕訳問題の解答方法を間違えてました。

SIMに関しては僕はMCの延長線上だからPC操作を確認するぐらいしか試験対策しなかったので起こるべくして起きたミスだなあと思いました。

ニュアンス的には答えあってるけど漢字間違いで減点みたいなそれに近い。

あまりにも恥ずかしいので聞きたい人は個別に教えます。

まあなんにせよそんな勘違いをしていたのだから今回は私の実力ではない、もう一度受けてはっきりさせたいとポジティブに思うことができました。

USCPA試験は複雑な数理計算でその人の実力を正確に測っているはずですからもし本当に僕の実力が66点ぐらいの力しかなかったら次に受けた時もそれに近い点数になるはずです。

もう一度受けてはっきりさせたい。

とにかく今回は難易度変化に動揺して自分の力を発揮できなかった感があるし先ほどの勘違いもあるので自分の力とは認めたくないし認められないです。






不器用で情けない姿をいっぱい晒すと思いますが合否は別として今度こそ悔いの残らないように受験しようと思います。






2014.02.24(Mon):FAR
far.jpg


先ほど・・・4時間の死闘を繰り広げ、米国公認会計士FAR試験を受けてきて自宅に帰って一杯やっておりますいいすたと申します。

以下長いのでお暇な時にお読みください。









苦しい戦いでした。

絶望と哀しみの気持ちでの戦いになりました・・・。

テストレット難易度変化は普⇒普⇒普

この為・・肩をがっくりおとしております。


今朝いつもより少し早めに起き、テキストを読み、英文に目を慣らして出社しました。
まとめたノートをコピーしてひそかにチラチラ見ながら仕事。
仕事は午前中で切り上げ、退社。
飯を食う時間も無さそうなのでゼリー飲料とチオビタドリンクを流し込み、試験会場へ。
指紋認証、ボディチェック、写真撮影と厳重なセキュリティをかいくぐり席に着きました。
入る前、亀戸天神で買ったお守りをギュッと握りしめました。
全ては今日この日のために、初受験にこぎつけたこの日を迎えるために過ごしてきました。あらゆる事象はこの日につながっているんです。絶対に合格するぞ!そう強く願いました。


席に着き、画面に試験上のご注意みたいな英文がズラズラ並んでいましたが日本語でおkという感じなので斜め読みして緊張しながらいざ開始。



<テストレット①>



基本的な問題ばかりでした。このテストレットの結果が次のテストレットの難易度に影響します。

7割程度は確信をもって、3割はちょっと不安な気持ちで解答。

あまりにも問題のひねりがなさすぎて予定の45分を大幅に短縮。35分で終了。



<テストレット②>


一問目を見た瞬間、胸が苦しくなりました。

無慈悲の問題文一行・・・

心が折れそうになりました。あまりにも基本的な問題でショックを受けました。テストレット1から2への難易度変化がdifficultにならないと合格は厳しいと聞いています。

でもまだここから挽回するぞ!と強く気持ちをもってました。

テストレット①よりかは手応えもありこれはdifficultいっただろと正直思いました。

精神的動揺や慎重に解いたこともあり少しオーバーして50分で終了。



<テストレット③>

頭が真っ白になりました。

うそだろ・・・

まさかの・・・また問題文一行・・・・

これまで頑張ってきたことが無駄になりそうで泣きそうになりました。試験をリタイヤしそうになりました。。

何がダメだったのか、問題文読み間違えたか?それとも9割近くとらないと難モードにならないのか?いろんな考えが頭を駆け巡りました。

このテストレットが本当に精神的に苦しかったです。

コンピューターに「こいつ勉強してきてねえな~簡単な問題だしてあと流すか」みたいに相手にされてない感じがして悲しかったです。

帰りたくなりましたが合格者はみんな諦めないで!と言っていたのを思い出してなんとか気持ちを強く持ち解き終えました。

簡単な問題だったので35分で終了。



<Simulation問題>


ここまで普⇒普⇒普と来たせいか時間のたりなくなるFAR試験でなんと2時間近くも残りました。(予定は105分)

もうこの時点で絶望の淵にいました。


さすがに疲れたので1分ほど目をつぶり気絶して再開。


simは大問7題から構成される応用問題です。

難易度変化はないのでそれなりに難しかったです。

出たらやだな~って思ってた論点を見事に突かれました。

1問は普段の実務でやっていることなのでほぼ確信をもって全部解き終えました。

あとの問題は部分点狙いで。そのうち1問は問題が何言ってるかよくわかんなかったので自分の実務経験を基に自分だったらこうするという学習内容ではなく実務経験をあてにして解きました。

なんにせよ全部....微妙です。

はぁ・・。





帰り道・・・フラフラになりながら電車で外の景色を眺め、これまでの日々を思い出していました。


すると急に涙があふれてきました。


仕事終わり、休日、自習室に通い続けたこと。


一日中勉強した後にちょっと高い外食をすることがささやかな楽しみだったこと。


年末勉強中に年を越したこと。


一人勉強合宿を行ったこと。


雪の降る日に勉強道具を持って街中を歩いたこと。



初受験に至るこの9ヶ月間不器用な自分は仕事以外のほとんどの時間を一人で過ごしてきました。


つらかった。苦しかった。孤独だった。


確かに効率的じゃなかったかもしれない。勉強時間も足りないのかもしれない。


それでも毎日仕事終わり、週末それなりの時間を犠牲にしてここまでやってきた。


それなのにこれだけいろんなものを犠牲にしてきて、つらい思いをしてきて、これっぽっちの力しか出せない自分があまりにも情けなくて。悔しくて。


応援してくれている人もいるのに一体自分はなにをやっているのだろうって・・・。


お酒を飲んでいるせいかもしれないけどこれを書いている今も涙があふれてきます。


試験の結果は出ていませんが、もう一度この結果を踏まえ4月、5月はどう攻めるのか、計画を立てたいと思います。


そしてまた今後も受け続けたい、諦めたくない。









えーん(*´;ェ;`*)






えーん(*´;ェ;`*)







えーん(*´;ェ;`*)













しいいいいいいいいちゃああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああん(*´;ェ;`*) (*´;ェ;`*) (*´;ェ;`*)(*´;ェ;`*)(*´;ェ;`*) (*´;ェ;`*)




































俺様をなぐさめろ






2014.02.02(Sun):FAR
21.jpg



FAR受験日まで一か月をきり今週も自習室にこもって会話のない休日を過ごしておりました。

朝の9時から夜の8時まで・・。本当につまらない人生をおくっていると思います。

悲しいです。つらいです。

自分の隣に座っていた人は一人は公務員試験の勉強を。もう一人は社労士試験の勉強をやっておりました。

みんな頑張っています。

直前期ということもあり、今まで日本語訳のついた予備校の問題集を使っていたのですが最近は洋書を使い始めゴリゴリ問題を解いております。問題が英語なのは今まで通りですが解説も英文なので読解力はかなりつきました。(疲れるが・・)

が、こんなに勉強しているのに出来は悪いです・・。

本当に自分の能力の低さに情けなさを感じています。

まあもともと英語ダメなのにこの試験に挑んだこと自体普通の受験者層とバックグラウンドが違うので人の2倍3倍の努力をしなければいけないのはわかってますが・・・。

初見で解いて5割6割ってとこです。まいったなぁ・・。


US.CPA試験の受験は間違いなく人生に大きな負荷がかかります。

私もこの試験に多くのものを犠牲にしてきました。

たくさんのお金、たくさんの時間、週末の楽しみの犠牲、人間関係等々。

USCPA試験は非常に高額な試験です。

なんと日本受験だと1科目$500もかかります!

1ドル100円換算で考えると5万!30分で5万!(意味深)

そして試験は4科目あるのでストレート合格したとしても20万前後はかかります。



撤退するならもっとはやくやっている。

もう後には引けないんです。覚悟を決めそれなりにいろんなものをぶっこんでいるんです。

きっとこの試験を途中で諦めたら自分に自信を持てないまま一生過ごすことになるでしょうねぇ・・・

自分の人生を自分の力で切り開けることができるか。

それとも挫折してみじめな気持を抱いたまま年を取っていくのか。


生きるか死ぬか。

それぐらいの気持ちでやっている今の自分は異常なのかもしれません。

その昔RSに没頭してた頃の集中力、徐々にあの感覚を取り戻しつつあります。

自分はのめりこむと深く深く自分の世界に入ってしまうので最近はちょっと周りから心配されてる雰囲気を感じています。


昨日は職場の営業事務の子(20歳)が気晴らし会といって飲みに誘ってくれました。

20歳の女の子になぐさめられる俺w






(/□≦、)エーン!!


(/□≦、)エーン!!


(/□≦、)エーン!!










あめちゃあああああああああああああああああああああああああああああああああああああんん><;;;;;;;;;;;;;;;;;;
























mumin.jpg



2014.01.24(Fri):FAR
are2.jpg

米国公認会計士、通称USCPA試験1科目FARの受験日がついに決定しました!!

当初は4月を予定していたのですが・・頑張れば行けるんじゃないかと思い、2月末に設定しました。

試験は米国受験と日本受験があるのですが・・まあ普通に慣れている日本のほうがいいので日本受験です。

USCPA試験は1月-3月、4月-6月、7月-9月、10月-12月の4つの期間に分けられており、最初の2ヶ月間に受験できます。四半期決算と似ています。
Prometric Test Centerの予約が空いていれば各期ごとに各科目で1回だけ、受験日時を自由に決められます。

つまり最大年4回まで。

18か月の科目合格期限があるので最初の受験になるべく多くの科目を受験したほうがいいのですが予想以上に膨大な学習量で知識の維持がきついので忙しい社会人である小生は基本一科目ずつ受けようと思います。


一か月前に予約しておけば余裕やろと思っていたら既に土日プロメトリックセンターが満席になっておりましたので平日仕事を昼で切り上げ、そのまま試験という強行スケジュールになりました。

受験までの長い道のり・・多くの友が受験まで辿りつけずに挫折していきました。

まずはここまでこれた自分をほめたいと思う。

REG、AUDのインプットを進めながらになるのでかなりストイックな生活になっており狂ったように勉強しております。

are.jpg


仕事でも家でも電卓やテキストを触りまくってたせいか指紋がなくなってしまいました。


さて、少し試験のことについて書いておきましょう。

今回受験するのはUSCPA試験科目の内の一つ
Financial Accounting & Reporting(企業財務会計及び公会計)
一般事業企業・非営利団体・政府機関等に関わる会計知識及びその応用能力。


です

試験時間は脅威の4時間

75点以上で合格です。

4時間・・って・・・ちょっときついですよねぇー。。

皆さんの大好きなRSやオナニーも4時間ぶっ続けでやれと言われたらちょっときついものがありますよねぇ。

タイムマネジメントがかなり重要な科目となっております。

休憩は自由に取れるのですがその間も時間が進んでおり問題量もネイティブスピーカーが読むスピードに合わせて作られていますので私の読解力ではおそらくトイレいってる時間ないと考えていますw

アメリカの資格ってのはフェアー(公平)というところに力を注いでおりまして、もうこのフェアーという一点に力を入れてアメリカは世界に資格ビジネスを展開しているのでUSCPA試験は大変よくできた内容になっております。
というのも紙ではなくコンピューター上で試験を受けるのですがそのコンピューターの中には過去の膨大な受験生の解答データと問題が蓄積されておりまして複雑な数理計算により、その人が何回受けても同じ点数が出るように所々で一度採点され、その採点状況によってコンピューターが問題をチョイス。
正答率が悪いとコンピューターはこいつ勉強してねえな~と判断し簡単な問題ばかり出してきますし正答率がいいと難しい問題、その代わり高得点の問題を出してきます。つまり難しい問題へとたどり着くことが合格への道のりになります。

どういう採点方法なのかは謎ですw


勉強のほうですが・・・

are3.jpg

たった一科目でこの分量。まさかここまでとは思わなかった。

めちゃくちゃ範囲広いです。インプットは去年に終わってるのですが範囲がとにかく広いので知識の維持が大変で、また英文読解のミスも多いですねー。


苦手なのは現在non-monetary-exchangeと公会計です。

are1.jpg


non-monetary-exchangeは何度問題解いても、は?という部分が出てきてしまうので一度紙に書き出してみますがよく分かりません。

そして公会計。

範囲が広いのにも関わらず20%分しか出ないので手薄にする受験生がいますがたぶん合否を分けるのはここだと思います。

公会計ってのは政府や病院や学校とかの非営利の会計です。営利企業での会計知識しかない私にはかなりとっつきにくいんですが公務員のおっさんはこんな会計使ってるのかーと内容はおもしろい。


いよいよ残り一か月。

不安はいっぱいあります。

でも後悔はしたくないので自分のもっている力を出し切り最後まであがいてみせます。

gvは・・・2月は厳しいかな。余裕がないので。

心のよりどころが今ないんです。会話がないんです。


o(;△;)o エーン








ぽおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおちゃあああああああああああああああああああああああああああああああんんん><;;;;;;;;;;;;;;;;













俺様の心をマッサージしろ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。