上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.10.04(Thu):未分類


ブヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャ。

おっと失礼。のっけから何を狂うたように笑っているかといいますとね、ハイテンションなんです。極めてハイテンション。 狂おしいほどにハイテンション。

僕は寝不足が極限に達するとハイテンションに達します。ナチュラルハイ。もうこうなると手がつけられない。何見ても笑ってしまう。狂ったように笑ってしまう。 どんなテキストサイト見ても笑ってしまう。勢い余ってお気に入りに入れてしまう。自分の過去ログ見て笑ってしまう、ちょっとナルシストな自分。もう手の施しようがない。

で、今日は朝から仕事しながら狂ったように笑ってました。前々から薄々怪しいと感じていた同僚達は「ついに狂ったか!?」などと思ったことでしょう。狂ってるのは前からだって。

そんな殺伐とした職場にも、10/1の内定式でフレッシュメン5人が来社しました。これから机を並べて仕事する戦友達です。仲良くしたいね。

とか思ったんですけど、その新人の中に、1人変な髪形をした男が混じってたんです。奇抜な髪型とか派手な髪型とかではなくて普通のストレートヘア、真面目な財閥系な髪型。でもハイテンションな僕にはその髪型が亀頭にしか見えなかった。もうね、ティンポヘッドだ!とか1人で大受け。

そのティンポヘッド君が自己紹介している間中、僕は笑いを堪えるので必死だったね。だけど、ダメ。どんなに笑うまいと悲しいこととか考えるんだけど彼のティンポヘッドには勝てない。やけにキューティクルとかしっかりしてて艶のあるティンポヘッド。もうこんなの反則だよね。飛び道具に近い。

で、失礼だとは思ったけど狂ったように笑っちゃった。彼にはとても悪いことしたと思う。反省している、ごめんなさい。

だけどね、僕だって悪くないよ、悪いのは僕のハイテンションさ。まあつまり、ティンポヘッド君はハイテンションな僕に会ってしまったのが不運だった。ハードラックとダンスっちまったってことで、勘弁して欲しい。

さてさて、あんまりGvのことはブログに書かないようにしているのですが今日は僕がGv日記を書くとどうなるか読者に知ってもらうために気分を変えて書いてみようと思います。

ところで夢Gはなんと先週のランク更新でこうなりました。

1部
A 
B レッドリンクス(黒) under the sun(白)↓
C ホルンの日常(黄)
D BLACK WIDOW(黒) 鬼組(白) 月下美人(陽) ランジェリーナジョリー(赤)↓ N_MOEURS_BIZ(黒)↑ ⅩULTIMATUMⅩ(橙)↑
E ちびっこギャング(黒) LionHeart(青) 幸せの国ネズミーランド(橙) †dear(水)↓ 気楽堂(黄)↑
F @くるくるPaaah@(赤) 天上(黄) †CrossGuard†(陽)↑
G 国際救助隊(赤) ж黒の教団ж(橙) 天衣無縫(白)↓ A_New_Journey(黒)↑ Star_seeker(白)↓
 
2部 
A バンディッツ(黒) ∫インテグラル∫(赤)↓ Solitary_Companion(橙)↑ dream~夢~(紅)↑ TKSファクトリー(黒)↑
B 一杯のラーメン(紫) またーり(赤) エロテロリスト♂♀(橙)↓ ⅹSecretωHouseⅹ(水)↓ 夢列車(橙)↑ Liberal_Familiar(黒)↑
C エンジェル(水) §黒の騎士団§(黒) 全て遠き理想郷(赤)↓
D 亡国の傭兵団(黒) ☆Tierra☆(陽)↑ 紅い翼(青)↑
E 桃色☆片思い(陽) ソウルハッカーズ(赤) ケイ!ケイ!ケイ!(紅) ラウンドナイツ(黒)↓ コンソメパンチ(白)↓
F エンジョイプレイRS(青)↓ 夜桜会(青)↓ 暁(黄)↑
G VITALIZER(赤) エターナルフリーダム(青) 月華夜想(青) 光陰の旋律(黒)↓ §クイーン・エメラルダス§(紫)↓ ブッフバルト倶楽部ネオ(橙)↓ 時の旅人(黄)↑


底辺から這い上がった。ほんとそう思う。

つい数ヶ月前まで50000対1000とかでランク外に負けてた気がするのですがとうとう2部A、1部入りまで目前。



皆さんは「プロの洗礼」って言葉をご存知ですか?

プロ野球界などで、高卒の大型ルーキー左腕が鳴り物入りで入団してきます。周囲は期待します。しかしプロの世界は思いの他厳しかった。高卒ルーキーを打ち崩すなどプロには造作もないこと、たとえ大物左腕でもね。あわれルーキーは三回1/3を投げて8失点、ほろ苦いデビュー戦になりました。これがプロの洗礼です。

さて、ここ最近の夢G。

「1部なんか負けないぞ」と意気込んでGvに赴きます。「大丈夫、私は強いんだから、1部になんか負けない♪」ギルマスは小さな唇をギュっとかみ締めて決意する。

でも、そこには最狂の猛者達が待っていた。比率指と高度な連携による圧倒的攻撃力。哀れ夢Gは1部と2部の壁の厚さを知る。これがプロの洗礼か・・。←いまここ

あと一勝、あと一勝が勝てない。ことごとく上位Gにブロック!まるで鉄のカーテン。後ほんの少し背中を押してくれれば・・だれかが背中を押してくれれば超えられる壁。1部に入ったという既成事実が作りたい。あとおちてもいい(蹴。そんなじれったいGvが続いております。



前置きながくなりましたが2部Aになってから3度目の1部入り挑戦Gv。


あつまりはこちら


RedStone 12.10.03[02]




途中



RedStone 12.10.03[03]


相手の霊術さんが似たような名前で似たような硬さで似たような立ち回りですごかったw

これもうわかんねえな~(驚愕)




結果



RedStone 12.10.03[06]




三回目の挑戦もまただめでした。

スポンサーサイト

TrackBackURL
→http://whiteball252.blog.fc2.com/tb.php/76-f665d955
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。