上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.08.16(Thu):未分類


いやー、まいったまいった。

なにがまいったかと言いますとね、とにかく日記を書く気がしない。これがもうこれっぽっちも書く気がしない。どれくらい書く気力がないかと言いますと、普段の日記を書く気が100とするならば、ちょっと書きたくないなーって乙女みたいに思う時が50、体調が悪くてもうダメって時が30くらいなんですけど、今の状態はΩとかそんな感じですからね。既に数字じゃなくてエラいことになっちゃってますからね

「好きな気持ちがなくなってきたかも・・」

という恋人たちに訪れる倦怠期のように僕もブログに倦怠期がおとずれてきたのかもしれません。


というわけで日記を書く気がないけど、更新しよーかなーって時の伝家の宝刀。その辺の童貞が大切に大切に、秘宝の如く財布に忍ばせているコンドームよりも使用頻度の高い過去の苦い思い出を使いたいと思います。


このクソ暑いときですが中には就職活動されているかたもいるでしょう。

これは僕が人生で初めて就職活動の面接にいった失敗談なのですが初めてということもあり、僕はその時とても緊張して電車にのっておりました。

それで緊張しているもんだから落ち着かずつい唇の薄皮をピッとむいちゃったんですね。

そしたら予想よりはるかに深く向けて血がドバーと吹き出てしまいました。

一瞬何が起こったのかわからずしばらく時間がたって事の重大性に気づきました。

バカっ!俺は一体なにをやってるんだ。面接前に。

でもそのときはまあすぐ血が止まるだろうと安直な考えだったのですがまさかの面接20分前になっても血がとまらない。

これはやべーとさすがにあせりだして近くのコンビニいってウエットティッシュを買い止血をするのですが全くとまらない。

うわあああああやばいやばい。

刻々と面接時間は迫ってきているのですがもう全くとまらない。胸の鼓動がとまらない。アドレナリンがとまらない。赤血球がとまらない。

そうして面接5分前。

結局まだとまらずジワァ・・と血がにじんできます

うわあああもうコレは無理だ南無参。

腹をくくり会場に向かいました。

面接は1vs1の個人面接。

きっと人事は僕の異変に気づき、

「唇どうしたんですか?」

俺「ちょっとむいたら血がとまんなくて・・^^;すいません」

といった流れになり事情を分かってもらえるはずだ。と思ってました。

ところが人事がこのことについてなぜか何も触れない。


あれ、もしかして血がとまったかな?ラッキー!なんて思ってたんですが面接が終わり、鏡を見て顔を見たら卒倒しました。


口周りがチョコレート食ったみたいになってました。

もうしにたい。


もちろん面接はおちました。








さて、話は変わりますが人間、男として生まれたからには紳士でなくてはならない

いつまでたってもお子ちゃま、コーヒーは砂糖とクリープが入ってなきゃ嫌とか、バブーだとか甘えたことばかり言ってられない

そういうわけでお盆休みが終わったら何か自己の成長につながる新しいことを始めようと思って今計画しております。

頑張るぞ(`・ω・´)シャキーン




<RS>




RedStone 12.08.13[01]


地底湖またつれてってもらいました。


すごく斬新な狩り方だこと。


もうほんと霊術師ここすることないww

スポンサーサイト

TrackBackURL
→http://whiteball252.blog.fc2.com/tb.php/67-1809ae78
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。