上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.05.13(Sun):冒険



冒険には危険がつきものということを懸命なる読者の方は前回の冒険記事を読みご理解頂けただろう


あれもあれで勉強になりましたがやはり何事もほどほどが一番なのかもしれません。好奇心を持ちすぎてもいけないし無関心すぎてもいけない。



それは分かっていたのですが今回全く予想しなかった出来事からまた痛い目に会いました。


今回はちょっと笑えねぇwww




さて、最近変わったカフェが続々とオープンしている。


いまや定番のネットカフェ、一時期ブームになったメイドカフェ、冒険でとりあげた出会いカフェ、ニュースで耳にしたガンダムカフェ、執事カフェ、等もうそれ喫茶店じゃないだろっていうレベルまでカフェとして存在するようになった。


そんな今が旬のカフェブームにのって今回とあるカフェに冒険したわけですがこれが予想外の大負傷しました。



今日はそんなお話です。





ことの始まりは1週間前。


熟女ひと狩りに貢献した出会い系アプリ通称E。


あれを何気なく久々に起動してみたらなにやらメッセージが1件届いていた。



内容はこのようなもの。




こんにちは^^。プロフィール拝見させて頂いてお話が合いそうだなあと思いメッセージ送りました。よかったら気軽に返事ください^^ノ

32歳女より




これをみて僕はまずこう思った。




えーと・・・釣り?w



この手のSNSで基本的に女性からメッセージが来たときは何かあると思ったほうがいい。


宗教勧誘、セミナー勧誘、英会話学校勧誘、壷売り、宝石商、ネカマ、サクラ、愉快犯、ただの釣り師。



あらゆるパターンを想定してこの日から彼女とメル友になった。


僕はつくづく熟女と縁があるらしい。


少子高齢化でおばさん人口が増えていってるのはわかるがなぜこうも僕は若い人とご縁がないのか。


さてこのおばさん彼女はどうやら動物が好きらしい。


先日ネコカフェとやらに行ってきたと報告してきた。


この手の動物カフェには行ったことないですから持ちまえの冒険心をくすぐられ、何気なく行ってみたいな~とつぶやいてみると



よかったら一緒にいってみますか?とのお誘いが。




なぜこの人はこんなにノリノリなのだろう。この時点でも変な勧誘じゃなかろうかまだ疑っています。


待ち合わせの約束をし、いざ当日。


だが待ち合わせ時間5分前になってもまだ現れない。


その時あきらかにコワモテの輩が待ち合わせ場所に現れなぜか自分と一緒にだれかを待っている様子。


やべぇこいつはやはり罠だったか。


この輩はきっと僕を捕まえどこかの事務所に連れて行く気だな。


そう思い、一旦その場所から逃げるように離れ遠くから様子みてると・・・・ああよかった本人が現れました。ただの勘違いか。ちょっと本気で焦りました。オッサン紛らわしいんだよ!



本人見たのはこのときが初めてですけどねー32歳のわりには20代と間違えるくらい童顔でもっとおばさんを想像していた自分にとっては意外だった。


アリかナシかでいったら全然アリ。


うん、きっとコンパとかいったらこの人アプローチ全然もらえると思いますよ。




さて、道を案内され人生初のネコカフェへ!



店内は意外と結構来てる人多かったです。


みんなカップルで来ておりました。なるほどデート場所にはちょうどよさそうです。


肝心のネコは放し飼いになってましたww




neko.jpg





neko2.jpg




neko3.jpg


なんか自分の思っていた喫茶店のイメージとは違い児童託児所みたいな場所だった。


店の設備はほとんどネコに関するものばかり。


本棚にはネコに関する漫画や本がズラーっと並び、ねこじゃらしやネコのプロフィールまであるじゃありませんか。

ネコのプロフィールを見てみると中にはツイッターやってますとかミクシィやってますとかネコもSNSの時代らしい。


まあそんなわけでネコと戯れ癒しをもらいました。


さて、この後お店を出て軽く食事をしました。



ここまで特に問題ないじゃないですか。むしろネコに癒されほのぼのとした雰囲気まで漂っている。


しかしまさかこのあととんでもない修羅場になるとはこのときは思いもしなかったのです。








ネコカフェに行き、食事もして、お話もできてそろそろいい時間になったので帰りの駅に向かいました。


電車のキップを買い、「今日はネコカフェ楽しかったです。ありがとうございました^^」と簡単なお礼を述べて駅の改札前に来たときに突然女性の動きが止まりました。



女「・・・・ねぇ



「ん?」



女「・・・・今日は結局なんだったの?」



「え?、今日は一緒にネコカフェにいくという話じゃ・・・・」



女「それは分かってるけどさ!じゃあ私は何?私はあなたのネコカフェに行くためのダシに使われたわけ!!?」



「ファ!?」



本気で怒っておられます。いやもうガチギレです。ちょっとシャレになんないっすよ!渋谷駅改札前でww


態度急変したので僕はびっくりしました。



女「私に興味はないわけ!?なんで貴重な休みを一日つぶしてあなたのネコカフェに付き合わないとならないのよ!!」


( ゚Д゚)・・・・



女「冷やかしだったの!?」


( ゚Д゚)・・・・・・・・・



女「相手に対して失礼でしょ!?」



( ゚Д゚)・・・・・・・・・・・・・



今日はネコカフェいけて楽しかったねーバイバイ^^じゃだめだったのか?



いろいろその後も延々と続く罵倒、罵詈の言葉攻め。


まあ結論からすると彼女としては真剣な出会いを考えてあのアプリを使っていたのに僕は友達探しというかそんな軽い感じでつかっていたもんですからそこで考え方の違いが生まれ怒っておられるみたいです。



とりあえず僕にも言い分がありますが、冷やかしだと言われてもよくよく考えると確かにそうなってしまうので全面的にごめんなさいと真摯に謝り続けました。



そうして数十分間おそらくMな人には至高の時間だと思いますが、渋谷駅改札前で説教タイムを食らい続け



女「若い人はやっぱダメだわ!自分のことしか考えてない!!もう帰る!!」


と至って全うなことを吐き捨て、改札を通られました。


俺「( ゚Д゚)・・・・・・(絶句)」


またひどい目にあってしまったわけなんですかやはりこんな目にあうくらいなら冒険などしないほうがよいのではないのか。


好奇心をもちすぎてもいけないし無関心すぎてもいけない。


そうロリコンすぎてもいけないし熟女すぎてもいけない。


やはりほどほどが一番。自分の年齢にあった年相応の人と冒険すべきなのだということが今回の冒険にてよくわかりました。


とりあえずあの人のいってることもわかることは分かるんだけどう~~~んじゃあどうしたらよかったのか。ホテルに連れて行けばよかったのか。




まあこれがわからないから僕はダメなんでしょうね。



スポンサーサイト

TrackBackURL
→http://whiteball252.blog.fc2.com/tb.php/36-8434fc61
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。