上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.05.04(Fri):冒険



前回の冒険で熟女をハンティングし、ラーメンを食べにいくという武者修行のことを惜しげもなく綴った。

少しばかり容姿端麗な40代を期待したのだが、予想に反し普通のオカンであったことにいささかショックをうけた。

しかしあれはあれで見聞が広がったしあそこで熟女にひと狩りいけたことは今後の人生においてなにかしらプラスになる場面が出てくるのではないかと思う。

というわけで賢明な読者の方も様々な場所に冒険に行き新しいことにチャレンジしてぜひ経験や見聞を広げていただきたい。

このことについてもちろん僕は否定するつもりはありません。しかし、しかしですよ、世の中には決して手を出してはいけない負の領域というものが存在するのです。

冒険しなきゃよかった、チャレンジしなきゃよかった・・・そういう負の部分もあるのです。

それが今回お話する男の娘(おとこのこ)編。いや~もうこれがほんとにひどい内容。とにかくひどい。覚悟して読んでください。


これは私が4年前東南アジア方面の1人旅をしていたときに実際に起きた出来事である。





当時私は東南アジアのとある国に来ていた。


ここは世界トップのニューハーフ産出国。

あたりを見渡せばニューハーフだらけ。

ファミレスの店員がニューハーフ。

ホテルの受付嬢がニューハーフ。

学校の先生がニューハーフ。

そんなことはザラ。ここではニューハーフは市民権を立派に獲得しているのである。



せっかく来たのだしここは本場のニューハーフでも拝みにいくか。

そう思い、私は軽い気持ちでとあるニューハーフバーに入った。

あの時の衝撃は今でも忘れられません。


もうびっくりするくらい美女だらけ。


4年たった今でも私が見た人生で一番の美女は誰かと聞かれたらここの人達をあげるでしょう。


もう本場だけに改造、整形ぷりが容赦ない。


女性の体って男性の体に比べて丸みを帯びてるジャン?だからここのニューハーフは胸にシリコンはもちろんのこと骨盤にまでシリコンを入れて女性特有の体のラインをつくってるんですよ。そこまでせんでもって感じですがとりあえず手の込み具合が半端ない。


ここではしいちゃんをはじめとする猛者達もエンヘイおねとつぶやく初心者です。ばぶーwwww


それぐらいすごい!(よくわからん)


さて、店に入りお立ち台で踊っているニューハーフ達をしばらく眺めていると店員がはよ好きな子選べやと催促。

と、同時にお立ち台のニューハーフ達が一斉にこちらを向き各々誘惑アピール。やばいニヤニヤがとまらない!

それでですね、幸か不幸かここでこの子が一番タイプかな~と思ってなんとなく選んだニューハーフがまさかのこの店のNO1嬢だったんですよね。おいおいまじかよ。


でも後々考えると少し安心した部分があります。

世の中にはいるんですよ。たとえば5人の男性に2人の女性の写真を見せてどっちがかわいいと聞くと4人はAと答えるのに1人だけBと答える、そんなB専ってやつが。


つまり私がかわいいと思って選んだニューハーフがこの店のNo1嬢だったことは世の大半の男性も可愛いと思ったわけです。

私の美的感覚は世間一般の方々と同等であると証明ができたのです。

ちなみに旧ブログでも東南アジアのこと書きましたがそのときに少し出したこの子です。


imgcb43af8czik8zj.jpg




実物はこれよりももっと可愛いと思います。

残念ながらこの写真の子(男)を見て可愛いと思わなかった人はB専です。だれがなんといってもB専です。とりあえずB専です。自覚しましょう。



それでこの国のバーでは気に入った子はお持ち帰りすることができます。まあようするにセックスです。


相手もそうしたほうがお金が入るので今夜どう?と自分から進めてきます。


でもいくら可愛いといっても相手はニューハーフ。


男だからさすがにそんな気はない。今日は拝みにきただけ。


「今日は見るだけ^^;見るだけ^^;」


そう言って防戦するのですが相手がなかなか引き下がりません。そうこうしていると今度はこの店のオーナーというか支配人ぽい(この人はオナベw)人物が私の横に座り嬢の援護射撃。


「コノコハノゾンデイル。アナタトセクススルノヲ」


俺「wwwwwwww」


チラッ


嬢「^^」


(まじで近くで見れば見るほど可愛すぎる・・・)



いかん危ない危ない危ない・・・・。


俺「いやー可愛いけどさすがに男は無理だわwww。NO-NO-」



「オトコカオンナカソンナノカンケイナイ、タノシケレバイッショ、ニホンノミナサンイッパイアソビニキテル」



俺「そうは言ってもねーwwwwww・・・・」



どうしてこうなった。


気づいたら左にNO1嬢、右にはオーナー、とんでもない2タッグに挟まれ私はタジタジでした。


しかしですね僕の冒険の原点は今考えるとここだった気がします。


あのね、僕このときこういう風に思い始めたんですよ。


これってすごく幸運なことじゃない?



だってさ、日本にすんでる何人の人が本場のNO1ニューハーフとセックスできるのでしょうか。一般人が経験できないことを私は今経験できるかもしれないところにいる。これを逃すとおそらく生涯ない!間違いなく。今しかない!


そんな気持ちが1%から2%へ、2%から4%へ、4%から8%へ、どんどん増えていき・・・・・・


私はとうとう首を縦に振ってしまいました。


ちょっと酔ってたし正常な判断ができなかったのかもしれない。



あんぎゃああああああああああああああああああああ





さて、舞台はホテルへ。



道中僕は嬢の足ばかりみていました。


ショーパンから伸びる長い足。お前ほんとに男かよと思うくらいすげー美脚・・。

なんか雑誌のモデルもしてるみたい。


部屋に入り嬢は手早く準備をします。


気づいたら嬢はなにやらオロナインみたいな塗り薬をお尻に塗っておりました。


あ、慣れてらっしゃいますね。

これは行為の前にお尻のケアをしていらっしゃるのでしょうか。やはりというかニューハーフと性行為をするということはお尻になっちゃうんですね。


ちょっとやっぱりやだあああああああああwwwwwwwwwwww


時すでに遅し。もう後戻りはできません。







それでですね、普通の人ならお尻を経験せずに生涯を終えられる方が大半だとと思いますので参考までに感想だけ申しておきます。

お尻は固かったです。それでなんかゴリゴリしてました。決して気持ちがよいものではないです。僕は嫌悪感しかありませんでした。

とりあえずお尻童貞の方は見栄を張りたいときは固くてゴリゴリしてたと言えば間違いないです。クラスの人気者になれること間違いありません。




それで僕は嫌悪感に耐え切れなくて開始5分で嬢に「ごめん、金あげるから帰ってくれwww」と言いました。



しかし相手はNo1嬢。お客様を満足させないでオメオメと帰ってはプライドが許さないようです。



何が何でも僕を昇天させるようです。逃げようとする僕を恐ろしい腕力で押し倒します。戦闘態勢です。しかし僕のほうは男の娘のお尻を経験してしまったというショックもあり後悔もありますのでまったくその気にならない。でもそうすると相手は帰ってくれない。



それでですねー・・もうこの辺は生々しいのですっとばしますがとにかくひどかったです・・・。ひどい・・ひどいよ・・。もうお嫁にいけないwwwwwww




とりあえずホテルを出るときの僕の顔はゲッソリとやつれてました。こいつは一体何があったのか。

きっとホテルの従業員は僕の顔を見て思ったに違いありません。

一言も声が発せず、嬢に必死の笑顔をつくり空笑いをしてお別れました・・・。


冒険しなきゃよかった。チャレンジしなきゃよかった。


本当にこの時は思いましたね。


もうしばらく放心状態ですよ。


興味を持ったものに何でもかんでも首を突っ込んではいいものではないという戒めになりました。



いいですか皆さん。


世の中には踏み込んではいけない領域というものが確かにあるのです。


チャレンジすることは大事ですがそこは避けて通りましょう。


この体験は人生で一生忘れられない体験になりました。


人生オワタw
スポンサーサイト

TrackBackURL
→http://whiteball252.blog.fc2.com/tb.php/32-eb9987f3
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。