上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.06.29(Mon):仕事
1435570152565.jpg



お疲れ様です。

仕事はまたハードな月末月初の業務を迎える。やることは先月と変わらない。

思考停止、PCの前にいるペッパー君、それが今の僕だ。

おまけに年齢層の高い管理部門の中では若手ということで退職した人のどうでもいい雑務ばかりアサインされる。

悶々とした気分が続く毎日だが、来月にある自分の意見を言える場がくるまではなんでも素直に言うことを聞くハイハイマンに今は徹しようと思う。

石の上にも3年とか、我慢していればいつかいいことあるよとか、老害が好きそうな古き良き日本的な考え方はこの変化の早い業界、ベンチャー会社には機会損失の原因にしかならんことがわかった。

待っていたら世の中、会社変わってしまう。

もう遠慮はしない。

どんどん意見を言って何が自分に足りないのか、早くアサインしろと待つのではなく攻めることにする。

だがそんな悶々とした毎日でも最近ちょっと成長を感じた出来事があったのでここに記したい。


これはうちだけではないと思うが近年監査法人の監査報酬が引き下げの傾向になっているため、今までは監査法人が行っていたところを今度からは経理側でやってくださいねーという部分が増えている。

例えばうちだと増減分析表というものを監査法人が作っていたが今は経理で毎月作ってそれを監査法人に提出している。

増減分析表というのは過去と現在を比べて売上や費用とかがどのくらい変化したか超細かく分類別に記載されている表である。

それを見てここをこうしたほうがいいとかあーだこーだ監査法人側で分析をする管理会計資料なのだがはっきりいってうちみたいな変化の早い業界で過去と比べてもあんま意味ないと個人的には思っている(笑)

それでこの増減分析表、中身を見るとピポットとかVLOOKやマクロといっためんどくさそうなエクセルの関数式がいろいろ使われている。初めて見た僕にはエクセルの総合問題のように見えた。

これを今まで年配のベテラン経理ウーマンが作っていたのだが業務の共有化をやろうということで上司からできるようになっとけよというミッションが僕に与えられたのである。

それで業務の空き時間とかにちょくちょくやっていたのだが僕の前職で勤めていた会社は非上場の中小メーカーでエクセルはSUMぐらいしか使いませんみたいな感じだったので全然関数式が分からないし、作れない。

人生で初めてエクセルの数字見すぎて具合悪くなるぐらい(笑)最初は本当にきつくて、自分でようやく作れたもののなぜかエラーになってうまく反映されずあーでもないこーでもないと試行錯誤の日々だった。

ネットとかで関数の意味とか作り方とか調べ、過去の資料と見比べながら少しづつ作り上げていった

そして苦労の末、なんとか今では自分で表を作れるようになった。

ある程度エクセルをモノにした感じがあったのである日、自分のやっていた業務にアウトプットの結果がしょぼいわりには時間をかなり浪費するようなすごくめんどくさいやつがあって試しに増減分析表づくりで培ったエクセルの関数を導入してみた。

自分で式作ってうまく反映するような表を作ってみた。







めっちゃ作業楽になったよ




自分で手を動かして今まで数字入れていたのがバカみたいだったよ

その時ちょっと自分の成長を感じたよ。

これって成長じゃない?

嬉しかったです(小並感)

スポンサーサイト

TrackBackURL
→http://whiteball252.blog.fc2.com/tb.php/235-f0828b84
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。