上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.06.23(Tue):未分類

お疲れ様です。

6月もあとわずか。

仕事の内容も定型業務の枠から外れるようなことは何もせず。

相変わらず冴えない日々を送っています。

目標がない。なにもない。やる気なし。

自身の描いていたキャリアプランが白紙になり、自分は一体何をやりたいのだろうか、どうなりたいのか、今更ながら考え込む毎日を送っています。

今の仕事の領域で戦うのは正直厳しいと思った。

まさか社内の経理に公認会計士が3人もいるとは思わなかったよ。最近知ったよ。

もうこんなライバル多いフィールドで戦うのは学生の内に志していたならまだしも今から彼らに追いつくのは厳しいよ。

ライバルの少ないとこで最大限の努力を。

そう思ったのでずっと考えていました。

思い切って営業への異動とかなんかいろいろ考えてみたんですけど自分が興味ある分野、これまでやってきたこととか考えると軸はやっぱり会計的な部分にして外したくないかなあと。

そして考えた結果、海外子会社の経理を知っている人が社内にだれもいないのでそのあたりがねらい目とは思い始めています。

上がってきた数字に対してあれこれいう人はいるんですけど実務レベルでどういう流れで処理されて本社に数字が上がってきているかマネジメントの為赴任している人もよく分かってない感じがします。

特に発展途上国にある会社は売掛金の入金がなかったり知らないうちに貸し倒れが起きていたり結構ガバガバな感じになっているのでそのあたりきちっと見ていく人材、経理体制の構築、立て直しとかそういう方向性でやってみようという案はできあがりました。

LIXILの海外子会社の破たんとかも結局そのあたり見てた人がいなかったってことでしょ。なんでこんなことが今までわからなかったの?って思ったもん。実務やってたら絶対あれ?なんだこれ?って途中で気が付くはず。

というわけで実務レベルで海外の経理を経験している人はきっとあまりいない。

日本の会計とか経理知っている人は日本に腐るほどいるのでもうその方たちにお任せします(笑)

来月自分のキャリアプランについて意見を言う機会があるのでなんとかそこまでに考えをまとめたいと思う。



ところで今度中途採用で経理の責任者がやってきます。

通常人材紹介会社経由で採用された場合、その採用された人の年収の何割かを紹介手数料として人材紹介会社に支払います。

各企業によって手数料率は違うもののほとんど大差ないです。

そのため人材会社経由の中途採用の場合、その支払う紹介手数料を見れば大体その人が年収いくらで採用されたか推測できます。

僕は支払いのほうも見てるのでいつもこの紹介手数料の支払いをやった時はあ~今度入社するあの人は大体年収いくらで採用されたんだなあとか思って処理しているのですが(笑)たぶん今度来るこの経理の責任者は年収2000万クラスです。とんでもない額です。

いったいどのようなキャリア積めばそんなにもらえるようになるんだよ。

いずれ聞いてみたいと思うと同時にこういう凄腕ばかり雇うから僕は自信なくしちゃったんだよな~~~~~って思いました。
スポンサーサイト

TrackBackURL
→http://whiteball252.blog.fc2.com/tb.php/234-38e249b0
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。