上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.06.01(Sun):USCPA
lll.jpg



お疲れ様です。

気温もあがりいよいよ夏らしくなってきた。

女性の服装も露出が多くなり、目のやり場に困る場面も増えてきた。

おまえらそんなに俺を興奮させたいのか。



見て楽しむ。




こういう楽しみが増えてくる時期なのだが今年は全く楽しめ無さそうだ。

今週はすごい悩んでいた。

今何をすることが最善なのか、これからどうするのか。

気持ちがきれてしまった。

今後のことで悩んでいて今週はほとんど勉強に手が付かずAUDの講義をただ垂れ流して聞いているだけだった。

「USCPA試験から撤退する」

ありえなかった選択肢も今では私の頭の中で可能性のある選択肢の一つになっている。

1000h.jpg


総勉強時間が1000時間に達した。

よくUSCPA予備校が謳う平均1000時間で合格するというのは、あれははっきりいってかなり難しいと思う。

英語にアドバンテージがないと無理!

まあ予備校側も難しい試験であることを強調すると生徒が集まらないからそういう情報を使うんだろうけど人生に多大な負荷をかけるこの試験をちょっとがんばれば合格できますよ~~という簡単なイメージを与えないでほしいと思う。

1000時間で僕が達成したのは4科目のインプット終了と1科目の合格だけだった。

働きながらの学習がこんなに苛酷だと思わなかった。

毎日毎日眠い目をこすりながら体力、気力を削りながらこれまでやってきたがもう疲れてしまった。。

本当にこれまでいろんなものを犠牲にしてきた。

お金はいい。

あとでいくらでも取り戻せる可能性があるから。

しかし時間はもう二度と取り戻せない。

今度受験のBECにopportunity cost(機会原価)という概念がある。

犠牲にされた資源の価値を、ほかの代替的な用途に用いたならば得られたはずの利益で測定したコストのことである。

もしこれまでの勉強時間1000Hで時給1000円のアルバイトをやっていたなら今頃100万稼いでいたことになる。

もしこの1000Hを出会いに勤しむ時間に充てていたのならもしかしたら今頃セフレが5人ぐらいできてワンナイトカーニバルを満喫していたかもしれない。

もしこの1000HをRSに充てていたのなら鏡しまくりで今頃おばさんプレイヤーの羨望の的になっていたのかもしれない。


つまりはそういうこと。


僕は単に1000時間という時間を犠牲にしたのではなく1000時間を使って得られる他の利益も犠牲にしたのだ。

それだけの時間をこれからも費やす価値があるのか、何のためにUSCPAを目指すのか、そして・・・・転職しようか迷っていたw

とりあえず今度の8月末でいったん自分の方向性を決めようと思う。

本当にもうどうしたらいいかわからない。

泣きたい。




えーん(*´;ェ;`)





えーん(*´;ェ;`)






えーん(*´;ェ;`)











tearcyaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaann(改名)(*´;ェ;`)・(*´;ェ;`)(*´;ェ;`)(*´;ェ;`)(*´;ェ;`)










































dress.jpg



コスチュームは露出多めにしろ⇒見て楽しむ
スポンサーサイト

TrackBackURL
→http://whiteball252.blog.fc2.com/tb.php/184-030be61a
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。