上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.01.14(Tue):USCPA

1-13.jpg


先ほど意識朦朧になりながら帰ってまいりました


いやー・・・・この連休ほんとによく勉強しましたねぇ~・・・。

きつかったー。




実はこの連休一人勉強合宿というのを試験的にやってみました。


説明しましょう。

一人勉強合宿とは電車で行ける距離にある予備校の徒歩数分というところにあえて宿をとり予備校の自習室に引きこもって勉強合宿をすることである。

ニュアンス的にはしいちゃんの一人遠足とそれに近い。

そこで今回人生で初めてカプセルホテルを使ってみることに。

僕が子供の時にカプセルホテルと聞いたら映画エイリアンに出てくるコールドスリープ装置みたいな容器に入って一晩過ごすのかと思ってましたが実際はどうなんでしょう。。

いろいろと探してみたのですがどうも繁華街の近くにしかありませんでしたねぇ~・・。

商売上この立地なんでしょうねー地方じゃなかなか厳しい商売だと思いますし。

しかしこの連休に繁華街を一人で歩くのはなにかと精神的にきつかったです。

みんな遊んでいるのに俺はいったい一人で何をやっているのだろうと・・。

勉強終了後予約していたカプセルホテルに。まずはくそ重い教材が入った荷物を置きに・・。

外観は古臭さを感じるも中は意外とキレイ。普通のビジネスホテルみたい。女の子も旅行なのか一人で泊まりに来てる人結構いましたねー。

さて、まずは夕飯を食べに外へ・・。

繁華街の近くにあるってのは商売上仕方ないとは言え・・・夜遊びしたくなります。

きらびやかなネオンが輝く通りを歩く。

ここは夜がデンジャラスな通りなのでいろいろと声をかけられます。

「キャバクラいかがっすかー?wwww」

ならまだしも

「仕事探してないっすかー?www」

と言われることも。。

いや、今の僕はきっと無職の雰囲気が出ているんでしょうw


昔の僕ならきっと今日は冒険しているはず。

しかし俺は今日勉強をするためにここにいるんだ、遊びに来たんじゃないんだと自分に言い聞かせ・・・グッと我慢をして耐えました。

和風パブって一体なんだよ!見てみたいよぉいきたいよぉーえーんしいちゃあああああん><;;;;とか思いながら夜のお店を通り過ぎ、ラーメン食ってさっさと宿に帰りましたw


さて、寝床は・・・・





1-133.jpg


あ、これですかwwwww



頭をぶつけないようにして中へ・・・



1-134.jpg


へぇ・・こんな感じなのか。

思ったよりいいじゃないですかーー!

ちょっと僕カプセルホテルなめてましたわー。

風呂入って寝るだけなら全然悪くない


1-132.jpg

アメニティも完備

歯ブラシ、ひげそり、タオル、部屋着まで全部ありましたしとてもキレイで広い大浴場でした。

これで1泊3000円。

大満足でしたがあえて難点をいうと繁華街にあるから隣がカラオケ屋でモロに歌声が聞こえてなかなか寝付けなかったことですかねw



さて、次の日も開校時間から自習室へ。

やっぱり自習室はすごく集中できるので好きです。

カフェで勉強ってよく聞くけど自分はシーンとした中でやったほうが集中できるタイプなのでカフェで勉強は全くしないですねー。みんなよくあんな騒がしいとこで勉強できるなあ。

自習室のこの何とも言えない重厚な雰囲気が好きです。俺も本気だけどみんな本気ですからね。


僕がUSCPA講座受講を決めて初めて自習室に訪れた時のことです。

正直自分ちょっと自惚れていたんですよ。社会人で仕事をしながらこんな難しい試験に挑戦している僕はなんて頑張ってるんだろうと少し自分で思ってたんですよ。

そんな気持ちで初めて自習室に入るとそこには衝撃の光景が!!!

老若男女様々な人たちがものすごい真剣な顔で机に向かって勉強しているんですよ!!
学生ならまだわかるけどおっさん熟女からじいちゃんばあちゃんまでいるんですよ!
え?今日休みだけどなんでこんなに頑張ってる人いるの?って。繁華街の近くにあったせいかキャバ嬢みたいな人もいたし。
自己実現を目指して、職を得るため、生きていくため、各々目標を掲げそれに向かって全力で頑張っている。
その姿を見たとき、俺は「このままだとやばい!」って本気で思いましたねー。

皆さんも近くに資格試験の予備校校舎があれば時間のある時に自習室覗いてみるといいです。

何かしら刺激を受けると思いますから。

スポンサーサイト

TrackBackURL
→http://whiteball252.blog.fc2.com/tb.php/158-ab0f728b
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。