上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.12.16(Mon):冒険



やっと・・やっと・・ここまで来ることができた・・・。

先日NTS(受験票)が届き晴れて受験資格を全て満たすことが出来た。

学歴審査に単位認定試験、面倒な手続き、長かったなあ・・・。


戦いの準備は整った。

USCPA。

それはアメリカの公認会計士。

自分のキャリア、将来のことを真剣に考え、自分の目指すべき舞台に立つためにはどうしても必要になってくるものと考え、なけなしの金を握りしめこの夏予備校に入学、受験を決めた。

それから今日までの半年間仕事おわりの平日に3時間、休日は6-8時間機械的に勉強してきた。
本当に苦しかった。つらかった。そして孤独だった。
食事をする、睡眠をとる、仕事に行く。そもそもそういった普段の生活サイクルに「勉強する」ということを取り入れることにどれだけ血のにじむような思いをしたか。そしてこの苦しみが最低でもあと一年続く予定。
精神的に耐えられるんだろうか、たくさんのお金と限られた時間を犠牲にして本当に意味があるんだろうか、自分はこの分野でやっていけるのだろうか、そんなことを思いながら今日までずっと勉強してきました。

実は僕、受験前少しUSCPAを甘く見てました。
去年一年間趣味のような感じで独学で英文簿記を勉強しUSCPAの問題を少し見てみたら、お、これはがんばればひょっとするといけるんじゃないか。勝算あるな。そんな印象を持っていました。

ところがどっこい、実際にやって見ると予想以上に壁は高かった。。

問題は全て英語
専門知識の結晶。
膨大な試験範囲。
電話帳みたいなテキスト。
立ち塞がるネイティブスピーカーとの壁

過去これほどの英文を読みこんだことは人生において全くありませんでしたし得意な英語を活かした受験生が多い中、無謀にも苦手な英語をなんとかしたくて受験しようとしてる私。(おかげさまで英文読解力は驚くほどつきました、もはや英字新聞でも本でもなんでもかかってこい状態)

本当に難しく何回も挫折しそうになりました。

既に僕と同じ受験予備校に通っているクラスメートの2割ぐらいは受験するところまでこれず挫折したのか仕事が忙しいのかわからないですけど自然と消えていきました。だからといって僕は彼らを決して根性なしなんて思いません。

この試験はっきりいって予想以上に辛い。

犠牲にするものも決して小さくない。
現実がわかりズブズブ嵌っていく前に撤退する。それも賢明な選択だと思います。


コピペされると見えます


USCPA試験は
Financial Accounting & Reporting(財務会計)
Business Environment & Concepts(企業経営環境・経営概念)
Regulation(法規)
Auditing & Attestation(監査および諸手続)

という4科目を一年半以内に合格すればいい科目合格制の試験です。一年半を超えると科目合格が失効します

既にFAR BECのインプット学習はおわりアウトプット中、REG AUDはインプット学習という現状ですが私の中で最難関は目下BEC。ですが先のことなんで今は考えないようにします・・・。
まあ追々試験のことは書くとして・・・

どうでしょう。みなさん私はやり遂げられると思いますか?

私自身本当に合格できるのだろうかと24時間不安に苛まれています。

大体合格まで受験生平均1年半~2年ぐらいかかってるのでちょうど来年の今頃ぐらいには完全合格できるよう計画しているのですがなにせ仕事と勉強の両立は本当につらくて・・・何か糸がきれてしまったら私も挫折してしまうかもしれません。

今までとは一風変わってネガティブなこともいっぱい書くかもしれません。

つまらない、おもしろくないかもしれません。

でも本当に辛いんですww

これが私なんですww

今日からuscpa受験ブログになります。

「自分の生き方を変える」

よくわからないと思いますがこういう想いをもって取り組んでいるので絶対に成し遂げたいです。

それではお暇な方はお付き合いください。


馬鹿野郎の人生一大プロジェクトの一部始終を!

スポンサーサイト

TrackBackURL
→http://whiteball252.blog.fc2.com/tb.php/153-1d47ab01
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。