上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.03.10(Sun):冒険
ko.jpg



今、街コンが熱い!!!

TVや新聞でも取り上げられていたがとにかく今、街コンが大盛況との事。

街コン、それは街ぐるみとなって大規模に行うコンパ。街ぐるみでコンパを行い、街ぐるみでカップルをつくり、うまくいくと街ぐるみで変な棒を出したり入れたりできるらしい。地域活性化+新しい出会いの場として近年注目されている。

一時期は出会い系サイト全盛期であり、合コン、婚活パーティー、最近では携帯ゲームサイトやSNSなど栄枯盛衰のごとく出会いの場は変遷してきた。これほどまでに出会いのサービスが多種多様化してくると一体日本人はどんな民族なんだ、そんなに出会いたいのか、と感じてしまっても不思議ではないが近年再び新しい出会いの場として「街コン」なるものが注目を集めているらしい。一体街コンとは何なのか?そこでは何が行われているのか。そういうわけで今回は街コンに冒険してきたお話です。

街コンは当たり前の話だがまず舞台となる街を決めるとこから始まる。そして基本2名一組の同姓グループで参加することが条件のひとつだ。知人を誘い、今回参加対象20代~30代の都内某所で行われた街コンに申し込んできた。

さて、当日。

受付を済ませるため、指定された場所へ向かう。正直全体を通して運営スタッフが一番可愛かったんじゃなかろうか。モデルか何かか?と言いたくなるような美女が受付に座っていた。地図と参加者の証明になるリストバンドをもらって簡単に街コンの流れの説明をうける。今回舞台となる「街」では街コンのために10店の飲食店が貸切になっていた。それらのお店の位置が地図上に記載され、そこでは食べ放題、飲み放題。これらは参加費に含まれている。制限時間は3時間。その間自由にお店を回って自由に出会え、そういうことらしい。
最初の一店舗目のお店だけは運営の方で人数の割り振りを事前に決めてあるらしく指定されたお店に僕らはいった。
一店目はイタリアンレストランのお店。
席に座ると目の前に参加者の女性二人が座っていた。正直めっちゃ可愛い。たぶんこの二人は出会いというよりいろんなお店のお酒や食事目当てのような気がした。

「乾杯~~~!」

運営スタッフからの乾杯の挨拶とともに戦いの火蓋は切って落とされた。街コンの始まりである。
目の前の可愛いギャル2名と談笑するも彼女達がリア充すぎて全然話が合わない。普段ネトゲで家に引きこもってる俺と休日はスノボやら飲み会やらリア充してる彼女達。話が合うはずがないだろこのバカ。圧倒的に俺の人間力が足りない、足りなさ過ぎる。最初の30分は店を移動するなという運営からの指示だったので知人にフォローを入れてもらいつつ苦痛の30分を乗り切る。可愛かったんだけどな~~~・・・ちょっと僕のレベルが足りてませんでした。酔わないとこれはムリだと思い序盤からハイペースにとばす。

さて、お店を移動しようという話になり2店目は韓国料理のお店。
席につくと女性陣も案内され座ってきた。今度の女性は20代後半のOLと看護士さん。
これはよかったよ。楽しかったしこちらの女性もステキな方だった。ちょっと今回ぼくら結構当たりを引いてるんじゃないか!?
ただねー、連絡先交換したつもりができてなかったのよね、酔ってたからな~。もうほんとショック。ホームパーティーとかよくやるみたいで今度お邪魔させてもらうところまで話ついてたのに・・・縁がなかったと思ってあきらめるしかない。
長時間同じ人に拘束されるのはもったいないのでガンガンいきます。そうもはやこれは例えて言うなら回転寿司である。ぐるぐる回って男女の興味を引いた寿司ネタがくれば手を伸ばす。そんな感じだった。

適度に話を切り上げ3店目に移動。
ここは普通の喫茶店って感じのお店。現地にいくと現在女性余りの状態だったみたいで3組ぐらい女性しか座っていない二人だけのテーブルがあった。今度の女性は三十路まじか、ギリギリ20代後半の二人。一人は見た感じ昔セフレ5人ぐらいいて遊んでました♪って感じのギャルが年取っていったような人ともう一人はブラック企業に勤め、働きすぎて膀胱炎になったいう異色の経歴をもつOL。で、こちらの話もよかったです。友達にあなたと同じ年の人いるから紹介してあげるよ、みたいな次への展開にご期待ください的な感じになって仲良くなりました。でもこれもこちらからアクションおこさないと何にもならないんだろうね。あ~人間力が足りない。つくづくそう感じた。

4店目は焼肉店。

酔っ払いすぎてて女性がアゴ美だったってことしか覚えてない。うん、そう、アゴ美。

そしてここでタイムアップ。
動けるだけ動いて出会えるだけ出会ったと思う。頑張った、頑張ったよ!
で、この後追加料金を払って希望者は2次会みたいなのをやるらしい。もう満足だからこの辺で・・・・とでも思ったの?いくに決まってるじゃないですか!今行かないでいつ行くんですか。!
ただここでアクシデント。
運営スタッフが押さえていた店が急にダメになったらしい。急いでスタッフが次のお店を見つけているがその待っている間にグダグダな感じになり、男女とも一部帰り始める人も。
ようやく店がとれたものの男余りの状態で運よく女性陣(但し全然タイプではない)と一緒の席になれたけどさ、もっとこう自由に移動できるかと思っていたら男あまりだから移動しようにも移動できなくて苦痛の2時間だった。もし移動したら一瞬で空いた席に座られて僕らが難民となってしまう状態だった。で、もうほんと退屈でつまらない2時間だった。

ロマンチックな出会いを夢みて参加した2次会。僕はただステキな女性と談笑する姿を夢見ているだけだった。それだけだった。それだけなのにこの仕打ち、あまりにもあんまりじゃないか。

泥酔状態のままなんとか帰宅して朦朧とする意識の中携帯を開くと、メルアド爆撃作戦により新規の連絡先が8件ほどあった。しかし顔と名前がまるで一致しない。全然覚えていない。

増えた連絡先を見て僕はなぜだか無性に切ない気持ちになるのであった。

あ~やればよかったな~、もっとあそこはうまくやれたのでは、とか今回自分の立ち回りや会話で反省点ばっかりでてきたので、今回の反省点を元にもう一度参加したいなと思いました。

街コンは奥が深い。

スポンサーサイト

TrackBackURL
→http://whiteball252.blog.fc2.com/tb.php/127-85eb29af
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。