上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.12.22(Sat):冒険

kuri.jpg


クリスマス。

それは男と女のロマンスデー

この日ばかりは街中はカップルであふれラブホテルはどこも満室となっている。

この日をどうロマンチックに恋人と過ごすかによって一年の思い出が決まるといっても過言ではない。

しかし、ロマンチックに過ごすといってもカップル達の本音は

クリスマスだからSEX

ロマンチックだからSEX

サンタコスプレでSEX

山下達郎がSEX

とまあ最終的にセックスへと行きつくわけでもはやクリスマスはロマンチックにセックスをするための日となっている。

とにかく現代のクリスマスは腐り果てました。サンタさんが煙突から入ってきて枕元にソッとクリスマスプレゼントを置いていく心温まるハートフルストーリーはどこへやら。いまやただのセックス日です。

そんな現代のクリスマス。ぼくらが幼少の頃は知りえなかった最先端の大人のクリスマス。

というわけでそんな最先端のクリスマスパーティーに潜入してきたお話です。


クリスマスパーティーへの招待状を頂いたのは今より一ヶ月ほど前のことだった。
この間、職場のブスがクリスマスが近づくにつれなんとかクリスマス連休の予定を作ろうとめまぐるしく動き回っているのを見て僕はものすごい優越感に浸っていた。

なんだろう、この安心感。クリスマス付近に予定があるというだけでこうも人は安心感を得ることができるものなのか。バタバタと動き回っているブスを見て、親鳥からエサをもらうひな鳥のような愛おしさを感じた僕は、がんばれよ、ブスなんだからエサがもらえるようちゃんとアピールするんだぞぐらいしか思いつかなかったのですが遠いまなざしで彼女を見守りつつその場を後にした。


さて、パーティー当日。場所は都内某所。

驚きました。60人超えてました。

おそらく当初は20人程度だったのが誰でも参加していいということにより、友が友を呼び、セフレがセフレを呼び、穴兄弟が穴兄弟を呼びここまで増えたのでしょう。

まずは顔見知りに挨拶。
もう何回か会ってる人でも全然名前が覚えれない。くそーこれはもう特徴で覚えたほうがいいのかなと思い、アゴとかハゲとか身体的特徴で覚えようと心がけ一通り挨拶をすませた。

今日の冒険の一番の収穫は年増もいいなって思えたことだった。

ここは「大人」のクリスマスパーティー。

もちろん20代前半の若い子もいるが主力はやっぱり20代後半及び30前後の年増なわけ。



lo.jpg



ほら、僕ってロリコン好きじゃない?年増って僕にとって鼻毛カッターくらいどうでもいい存在だったんですけど話しているとすごい上品で落ち着いてて年季の入った腰使い・・じゃなかった話し方で親しみやすくてすぐに仲良くなれました。

なんか、ものすごい近づいて話してくるのよ。だれか背中押したらキスしちゃうんじゃないかっていうくらい。

皆さんも人と話すとき、恋人や家族と話をする対人距離と赤の他人と話す対人距離って違うと思います。満員電車でストレスがたまったり不快感を感じるのは決して隣にハゲで脂ぎったおっさんがいるわけではなくて、恋人や家族と話す領域に知らない人が入ってくるから。そういうふうに人間はできているわけ。

この神聖な領域にさ、ズンズン入ってくるのよ皆さん。僕もうドキドキしちゃってさっきたべた料理ににんにく入っていたから口臭くないかなーとか思いながらおもわず仰け反るスキルonにしたからね。ナナメ30度くらい仰け反りながら話してたからね。セックスしてないのにめっちゃ腰痛くなったわ。

お酒を飲み、おいしい料理を食べ、ビンゴゲームなんかやってとても楽しかった。僕途中でサンタクロース(女性用)のコスチュームを着るという無茶振りをうけたんだけどみんな似合ってる~とか言ってくれて大人の女性たちの優しさに触れ合うことが出来た。職場のブスどもは振るだけ振っといてあと放置という最悪な所業を行うというのに。

なんてみんなステキなんだ。また年増と話したいな~と思った。



今回の冒険の趣旨、皆さんわかっていただけただろうか。

クリスマスは決してセックスをする日ではない。また恋人だけが楽しく過ごせるような日でもない。だれにだってステキな出会いや思い出にめぐり合える日である。それをあたかもクリスマス=セックスと結びつけるのは非常に安易な考えである。そんな現代のクリスマスに僕は警鐘を鳴らす。

一人でも多くの人によき出会いを。


メリークリスマス。


スポンサーサイト

TrackBackURL
→http://whiteball252.blog.fc2.com/tb.php/105-5889770a
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。