上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.06.29(Mon):仕事
1435570152565.jpg



お疲れ様です。

仕事はまたハードな月末月初の業務を迎える。やることは先月と変わらない。

思考停止、PCの前にいるペッパー君、それが今の僕だ。

おまけに年齢層の高い管理部門の中では若手ということで退職した人のどうでもいい雑務ばかりアサインされる。

悶々とした気分が続く毎日だが、来月にある自分の意見を言える場がくるまではなんでも素直に言うことを聞くハイハイマンに今は徹しようと思う。

石の上にも3年とか、我慢していればいつかいいことあるよとか、老害が好きそうな古き良き日本的な考え方はこの変化の早い業界、ベンチャー会社には機会損失の原因にしかならんことがわかった。

待っていたら世の中、会社変わってしまう。

もう遠慮はしない。

どんどん意見を言って何が自分に足りないのか、早くアサインしろと待つのではなく攻めることにする。

だがそんな悶々とした毎日でも最近ちょっと成長を感じた出来事があったのでここに記したい。


これはうちだけではないと思うが近年監査法人の監査報酬が引き下げの傾向になっているため、今までは監査法人が行っていたところを今度からは経理側でやってくださいねーという部分が増えている。

例えばうちだと増減分析表というものを監査法人が作っていたが今は経理で毎月作ってそれを監査法人に提出している。

増減分析表というのは過去と現在を比べて売上や費用とかがどのくらい変化したか超細かく分類別に記載されている表である。

それを見てここをこうしたほうがいいとかあーだこーだ監査法人側で分析をする管理会計資料なのだがはっきりいってうちみたいな変化の早い業界で過去と比べてもあんま意味ないと個人的には思っている(笑)

それでこの増減分析表、中身を見るとピポットとかVLOOKやマクロといっためんどくさそうなエクセルの関数式がいろいろ使われている。初めて見た僕にはエクセルの総合問題のように見えた。

これを今まで年配のベテラン経理ウーマンが作っていたのだが業務の共有化をやろうということで上司からできるようになっとけよというミッションが僕に与えられたのである。

それで業務の空き時間とかにちょくちょくやっていたのだが僕の前職で勤めていた会社は非上場の中小メーカーでエクセルはSUMぐらいしか使いませんみたいな感じだったので全然関数式が分からないし、作れない。

人生で初めてエクセルの数字見すぎて具合悪くなるぐらい(笑)最初は本当にきつくて、自分でようやく作れたもののなぜかエラーになってうまく反映されずあーでもないこーでもないと試行錯誤の日々だった。

ネットとかで関数の意味とか作り方とか調べ、過去の資料と見比べながら少しづつ作り上げていった

そして苦労の末、なんとか今では自分で表を作れるようになった。

ある程度エクセルをモノにした感じがあったのである日、自分のやっていた業務にアウトプットの結果がしょぼいわりには時間をかなり浪費するようなすごくめんどくさいやつがあって試しに増減分析表づくりで培ったエクセルの関数を導入してみた。

自分で式作ってうまく反映するような表を作ってみた。







めっちゃ作業楽になったよ




自分で手を動かして今まで数字入れていたのがバカみたいだったよ

その時ちょっと自分の成長を感じたよ。

これって成長じゃない?

嬉しかったです(小並感)


スポンサーサイト
2015.06.23(Tue):未分類

お疲れ様です。

6月もあとわずか。

仕事の内容も定型業務の枠から外れるようなことは何もせず。

相変わらず冴えない日々を送っています。

目標がない。なにもない。やる気なし。

自身の描いていたキャリアプランが白紙になり、自分は一体何をやりたいのだろうか、どうなりたいのか、今更ながら考え込む毎日を送っています。

今の仕事の領域で戦うのは正直厳しいと思った。

まさか社内の経理に公認会計士が3人もいるとは思わなかったよ。最近知ったよ。

もうこんなライバル多いフィールドで戦うのは学生の内に志していたならまだしも今から彼らに追いつくのは厳しいよ。

ライバルの少ないとこで最大限の努力を。

そう思ったのでずっと考えていました。

思い切って営業への異動とかなんかいろいろ考えてみたんですけど自分が興味ある分野、これまでやってきたこととか考えると軸はやっぱり会計的な部分にして外したくないかなあと。

そして考えた結果、海外子会社の経理を知っている人が社内にだれもいないのでそのあたりがねらい目とは思い始めています。

上がってきた数字に対してあれこれいう人はいるんですけど実務レベルでどういう流れで処理されて本社に数字が上がってきているかマネジメントの為赴任している人もよく分かってない感じがします。

特に発展途上国にある会社は売掛金の入金がなかったり知らないうちに貸し倒れが起きていたり結構ガバガバな感じになっているのでそのあたりきちっと見ていく人材、経理体制の構築、立て直しとかそういう方向性でやってみようという案はできあがりました。

LIXILの海外子会社の破たんとかも結局そのあたり見てた人がいなかったってことでしょ。なんでこんなことが今までわからなかったの?って思ったもん。実務やってたら絶対あれ?なんだこれ?って途中で気が付くはず。

というわけで実務レベルで海外の経理を経験している人はきっとあまりいない。

日本の会計とか経理知っている人は日本に腐るほどいるのでもうその方たちにお任せします(笑)

来月自分のキャリアプランについて意見を言う機会があるのでなんとかそこまでに考えをまとめたいと思う。



ところで今度中途採用で経理の責任者がやってきます。

通常人材紹介会社経由で採用された場合、その採用された人の年収の何割かを紹介手数料として人材紹介会社に支払います。

各企業によって手数料率は違うもののほとんど大差ないです。

そのため人材会社経由の中途採用の場合、その支払う紹介手数料を見れば大体その人が年収いくらで採用されたか推測できます。

僕は支払いのほうも見てるのでいつもこの紹介手数料の支払いをやった時はあ~今度入社するあの人は大体年収いくらで採用されたんだなあとか思って処理しているのですが(笑)たぶん今度来るこの経理の責任者は年収2000万クラスです。とんでもない額です。

いったいどのようなキャリア積めばそんなにもらえるようになるんだよ。

いずれ聞いてみたいと思うと同時にこういう凄腕ばかり雇うから僕は自信なくしちゃったんだよな~~~~~って思いました。

2015.06.14(Sun):仕事

お疲れ様です。

今週は5月の月次締め。

相変わらずハードでしたけど無事に終了。

が、いつもよりミスが多くていっぱい怒られました()

もうほんと向いてないと思う。

朝から晩までチェック、チェック、チェック。

どんだけこの会社チェック項目多いんだよ。こんな感じなの?公開会社の経理って。

こんなにチェックするのが経理の仕事ならほんとに向いてない。

僕はそんなに細かい性格じゃないんだよ。おおざっぱなんだよ。

現場の人間はある程度チェックしてから金額を経理にあげてほしいと思う。

せめて自分とこに来てる請求書との金額付け合わせぐらいしてくれよ。

金額間違えてるから指摘しても内部処理は後回しで全然動いてくれないし・・・・

もう疲れた。


2015.06.07(Sun):リアル
6-5.jpg



いつぞやの出会い系サイト、全く使っていなくてもメールだけは定期的にくるものなんですがその中身は業者だったり変なサイトに誘導メールだったりと基本的にうさんくさい内容であるということはもはや世の中の常識に近いものがあると思います。

まあこの手のメールは内容にいくつか共通点があるので文面を見ればある程度わかりますし、そもそも何もしていないのに勝手に女性からメールがくるって時点でちょっと怪しいじゃないですか。


で、ある時暇つぶしに未読のメールをまとめ読みしてたんですが、「ん!?」って思うようなメールが一つありましてね、これわかんねぇなと思ったので一回返信してみるとなーんか反応が素人っぽいんですよ。


(あれ・・・・これはひょっとして・・・・)


そう思った僕はまたも受信したメールに返信を続けました。

そう、実はメール相手の方、業者でも援デリの誘いでもなく本当に一般の方でした。

何にもしていないのにプロフィール検索で向こうからメール来るなんて・・・・

いや~~~~こういうことってあるんですねぇ~~~~~~^^~~~~~~てぃあちゃん♪(唐突なフリ)


疑惑が確信に変わった僕はその後、手慣れた手つきで(笑)食事にお誘いし、いよいよお会いすることになりました。


相手の方は28歳の貿易関連の事務をしているOL。


希望を聞くと中華が食べたいとの事。

中華か・・あまり俺は好きじゃないなと思ったが(笑)歩くぐるなびと言われたこの俺様が、中華のお店の一軒や二軒知らないと思っているんですか、てぃあちゃん♪

ちゃんと予約して夜景の見える窓際のお席を確保しました。

ちょっと迷ったんですけど勝手にコース料理にしました。

コース料理って相手の食べたいものがない場合があるので普通に単品で頼んでもらうのがいいと思うんですけど彼女が指定した待ち合わせ場所の中華のお店がですね、基本的に全部値段が高いw

値段気にしながら選びたくないなあと思ったのでお会計の決まっているコースにしました。

迷ったんですけどねー最終的に食べ物でガタガタ言う女だったらもうええわと割り切ったので(笑)。

んで、待ち合わせ当日。

いやーこの待っているときがネットでの出会いの醍醐味というか一番ドキドキワクワクしますね~~~~~^^~~~~~

時間になり無事に合流。

「こんばんは♪」


ほう・・・・これは・・・・・・

(身長160cm前後、体重40kg台、胸はCカップとみた・・・・まあまあやな(上から目線))

足のつま先から髪の毛の毛根まで舐めるようにチェックした後予約のお店へ・・・。

僕もだけど相手の方もやや緊張してる様子でしたねぇ。

さて、何話そうか。

まず、めっちゃ当たり前のことなんですけど、男女の出会いの場においてコミュニケーションの大半はQ&A方式で行われるわけです。

質問→回答→質問→回答。これの繰り返し。

まずは

「どんな人がタイプ?好きな芸能人は?」

聞かれますよね。

必ず聞かれますよね?りりちゃん♪(唐突なフリその2)

なんて答えましょう?

まさか「Jsoulなんとか3代目の○○とか」「ジャニーズ○○君!」って言っていませんか?

多くの男性はEXILE系とジャニーズの名前が出るたびにこう考えます。




「そっち系の人間か」
と。


このときばかりはEXILE系とジャニーズは封印しましょう。

なぜなら、多くの男性は彼らのように歌ったり踊ったりできないからです。



速水もこみち、福山雅治、玉木宏の名前を出していませんか?しいちゃん♪(唐突なフリその3)

まさかオーランド・ブルーム、ジョニー・デップの名前を出していませんか?

男性はこう思います。



「ハードル高ぇよ」と。



高いんです。ビジュアル面でのハードルが。飛べる気がしないのです。

男女との出会いの場で大切なのは自分をよく見せることではなく自分のハードルをさげることです。

がんばればあなたの理想像に手が届くんじゃないか

そう思わせることが重要なのです。


まあ僕は同じことを聞かれたら

堀北真希」って答えてますけどね(蹴


当たり前だよなぁ~?


でまあお互いの趣味とか、仕事のこととかー数時間いろいろ話してそれなりに打ち解けたんじゃないかなと思います。


キレイな方でしたけどねーただちょっと違うかな・・・って思ったので今後のアプローチは今のとこ特に予定なしw


なかなか自分のハードルはそう簡単に下げれるものじゃないね、しいちゃん♪

2015.06.01(Mon):仕事
1433157116365.jpg


おばさんっていったい何なの?

みんな陰湿で本当きつすぎ。

さっきまでいい顔してたのに、相手がいなくなった途端に悪口三昧 。

お互いがお互いの悪口を言いまくってると思ったら、 気に入らない人が一致したら一気に結託して総攻撃。

人のミスの情報得ると水を得た魚のように失敗した奴に死体蹴り。

大人になってまでこんなことやる人がいるなんて信じられん。


えーん><;;;;;




てぃあちゃああああああああああああああああん><;;;;;;;

















おばさんっていったい何なの?(哲学的疑問)





取り乱しました。

お疲れ様です。

仕事のほうは月末の処理が無事に終わり、月次の締めが今月も始まったとこ。

まあ変化ないですねw


先週キャリアのことでちょっと相談にのってもらったのですがなんか僕頭固かったようです。

まあ普通はさ、会社に入って自分のやりたいことと与えられた業務がリンクしなくても入社したばかりの若造がやりたいことをいうなんておこがましい気分になるじゃないですか。

だからまあ一年ぐらいとりあえずやってみてから~なんて思っていたしそういうのが美徳にされるのが典型的な日本企業だし前の会社の社風だった。

でも今の会社は違った。

ベンチャー気質だからどんどん手をあげてよかったのだ。

一年ぐらい経ってから希望を言いますみたいなこといったら「一年もまつんすかwwwwww」ぐらいな勢いで言われた。

社風が違うのだ。それがわかっていなかった。

幸い自分の意見をいえるような機会が年に数回用意されているので今度からは遠慮せずどんどん自分の意見を発信していこうと思う。

そう思ったらだいぶ気楽になりました。

さあ、今週も月次締めのりきろう。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。