上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.11.30(Sun):仕事

また堕落した休日を過ごしてしまった。

転職して以来、ある程度欲望が満たされた結果自己成長への活力の糸みたいなものが切れてしまいいまいち本調子ではない。

いかんなあ。

12月に入ってきりがいいので堕落した休日はここまで。

明日から本気出す。

新しい環境も慣れつつある。

今週もほとんど研修。実務はオマケみたいなものだった。

だが研修もこれで終わり。

時々研修の際にいろんな先輩からフェイスブック使ってる?ツイッター使ってる?アプリは?とかよく聞かれるのだが使ってない旨を言うとあたし女だけどフェイスブック使ってない男の人って・・・・ありえへんそんなのありえへんわ!ぐらいの勢いで言われてしまう(笑)

業界的に話題のツールに疎いとまずいのかもしれないのでよくわかるがそもそも僕はエンジニアじゃないんだが・・・。

フェイスブックもツイッターも登録はしたもののイマイチ面白さが分からず使ってない。

成長分野にある増収増益の勢いのある会社ということで経費精算の書類とか見てるとなんか会社の行事とか福利厚生に結構な金額が支出されてて前職ではなにかとコスト削減、節約、節約という社風だったので我慢することが当たり前になっていた自分からするとえーもったいないとか思ってしまうんだが、今までの自分が我慢しすぎてこういう思考になることが異常なのかもしれない。

周りには優秀な人が多い。

その中で自己の発言に説得力や信用力を持たせるためにやっぱ資格が欲しいと最近は強く思う。

USCPAのことが心にくすぶる。

就職、転職がゴールではない。

入ってからが勝負だ。

スポンサーサイト
2014.11.24(Mon):仕事

新しい環境での仕事が始まった。

初日はとても緊張した。

意外と業界、会社の社風的に即実践投入かと思いきやきっちりすぎるくらい朝から晩まで研修が入り、今週は仕事を全くしていない。

特に上場会社ということでコンプライアンスやこういったブログを含むSNSの使い方等は冷蔵庫に入って写真アップしたら炎上したみたいな実際の事例を基にしつこいくらい行われたのでこの辺りは前の環境とは違う部分だと感じた。

また勤怠管理はweb上で行い、従来のタイムカードやカードでの管理ではなくすごく楽で新鮮だった。

気になっていた人間関係の部分では少なくとも自分の部署には狂っている人はいなかったのでホッとした。

この部分はさすがに入ってからでないと分からないので不安だったがこれからうまくやっていけそうな環境で前途は明るい。

会社には優秀な人が多く、自分と同年代の人が活躍しているのを見るとへこんでしまうがいずれ肩を並べられるようにこれから精進したいと思う。



2014.11.13(Thu):リアル

20141113.jpg



「暇だな~」

冒頭からつぶやくほど私は暇を持て余していた。波乱の2014年ももう終わろうとしている。

食べては眠り食べては眠りのニート生活を続けていたここ最近僕は心のどこかで自分が腐っていくのを感じていた。

「はあ、明日から仕事始めか、嫌だな~」

本来、仕事始めとはこういう感情になるのが普通なのだろうがなぜかそういう気持ちにならない。知人も平日は仕事をしているし街中を歩くと自分が社会から取り残されているような感覚に陥る。

この優雅な時間こそ至高の贅沢であることはきっと仕事してから気づくのだろう。

さて、そんな腐った毎日にも少なからず予定はある。

プライベートでグループを作って取り組んでいたことがあったのだが先日それが終わり、打ち上げに表参道のちょっとリッチなレストランに行って贅沢をしようということになった。

お店は一流企業勤めのY君がイチオシしたお店で昼のランチだったのだがコース料理で平均1万円~という高額なお店だった。

あっ・・・(収入察し

ま・・まあね、僕は基本毎日庶民的な安い外食チェーン店で済ませてしまう事が多いがたまにはこういう一流の味を知るのも感受性が豊かになるというかある意味自己投資だと思い、いいっすねぇ~~^^~~(強がり) と快諾した。

しかしディナーで数万は経験したことあるがランチで1万超えはないっすねぇ~~。

お店に入ると英国紳士みたいな恰好をしたスタッフがおもてなしをしてくれ席に案内してくれた。

店員「お飲み物は何になさいますか?」

えーとどれどれ・・・とメニューを開くとそこには



「ミネラルウォーター \900」



ワロタ。

いいっすねぇ~~~~^^~~~~~


201411131.jpg



料理はどれも逸品だった。

いやーサーロインステーキはまじ美味かったよ。

いつか気になる異性を誘ってみたいと思う。



その後、この食事に限らずほんとこの休みの間食べ歩きしてましたねぇ~




201411133.jpg

鮎の塩焼き

2014111.jpg

海鮮丼(お店の隣が港)

久々に食に集中して食事をした気がする。

最近あまりに暇だった僕は、一言も言葉を発することなく、目覚めてすぐにスライドするかのようにパソコンの前に座っていた。

特にこれと言った目的もなく、ネットサーフィンしていたのだが、すると、別にそういうのを狙っていたとか狙いを定めてたとかそういうのではなく、ツルッとマウスが滑ってエロいページに飛んでしまう毎日を過ごしていた。

でもこれじゃだめなんです。

なんか言葉にうまくできないけど何かが足りなくてだめなんです。

そんな気づきを得た今週のニート生活でした。


2014.11.09(Sun):仕事

「あばよ」(柳沢慎吾風)

ブスなお局様、ゲイ疑惑の男性、いろんな人がいたがなんとか引き継ぎも終わり無事に現職を退職した。

ただ日銀砲でバカ円安になったところでのお休みなので当分はあの業務は炎上するだろうからちょっと残っている人には同情するがもう知ったこっちゃない。

正式にはまだ現職の社員であり、現在は有給消化中である。

早く次の職場で働きたかったので結局残っている有給の7割消化程度で終わりそうだが後悔はない。書面上の退職日から翌日が次の職場での入社日という切れ目ない転職になったので周りからもっと休めばいいのにと言われた。

しかし、退職に対し皆の反応はあっさりしたものだった。

昔ながらの農耕民族村社会の企業からの離脱者に対し、村人の態度はやや冷めた態度だったと思う。

いやこんなものなのかな。人材の流動化が進んでいる昨今の世の中では転職はさほど珍しくない現象。

初めての転職だったので他ではどうなのか分からないがちょっと寂しいなと感じた。

私「今までお世話になりました」

同僚「あ、こちらこそお世話になりました。次の職場でも頑張ってください。(棒)」

僕はただ皆に惜しまれて職場を去るような素敵な去り方を期待していた。本当にただそれだけだった。それだけなのにこの反応。あまりにも悲しい。

元々、ナイーブでセンシティブで傷つきやすくて、夜はバルコニーから星空を見上げて、「どうして人は争ったりするの」なんて涙を流す僕だ。

今夜は悲しくて寂しくて眠れない。そんな夜を過ごすことになるだろうと思っていたら解放感から日が昇るまでお水な場所で遊んでしまった。

やばい、ニートめっちゃ楽しい。

2014.11.01(Sat):未分類

ハロウィン


最近転職に関する話題が続いたのでRSのことを書いてみます。

ハロウィンコスチュームがきましたが私は速攻で購入しました。

霊術師いいっすねぇ~~~~^^~~~~~

そろそろ水着姿の霊術師をGvで見るのは心なしか見てて寒さを感じてくる季節になってしまったというのもあるのですが今回のハロウィンコスチュームは全職見てもなかなかいい感じなんじゃないですかねぇ。

Gvのことですが9月頃に復帰してこれまで30回ぐらい出てると思うのですがそのうち25回ぐらいGv中に1度落ちて復帰して再開という状況です。

これはもう僕の通信環境による僕だけの仕様なのでしょうがない。(半年後に解消予定)

これまでのGvで2回死にましたが一回は相手の真空と気づかず突っ込んで死亡、もうひとつがこの落ちた硬直時間に死んでしまったのでしばらく画面に留まり続けてしまうのでしょうかねぇ

先日のりりちゃんの足止めしつこかったなぁ~~~~~~~~(歓喜)

あ、もう書くことない。







仕事のことですが現職の引き継ぎは終わりました。

退職することが社内で正式に発表になってからなんだか社内にアウェー感というかよそよそしい感じに感じるのは僕だけでしょうか。

この昔ながらの日系企業の村社会っぷりがほんと合わなかったっすねぇ~。

立つ鳥跡を濁さずと思って関係ない仕事もやってましたがもう辞めるのにどんどん仕事振られて終わりがないのでここは心を鬼にしてもうあと投げますw

いよいよ来週から有給消化タイム。

貴重な長い休みなのでインドに冒険に行こうかと思ってましたが海外でエボラが思ったより流行っているので海外一人旅は自粛することにしました。

とはいえ昔の僕ならこの状況でも行っていたはず。

年を取るとどうも守りに入ってしまいますねぇ。



後から次の職場の人事に聞いたのですが今回のポジションでの応募は倍率100倍を超えていたみたいです。

その中には当然僕より優秀な人もいたし、若い人もいた。

ただ先方の希望にマッチしてる人がいなかったと言ってましたねぇ。

僕のどのあたりがマッチしていたのか知りませんが想いを行動に移してよかったと思います。

今回の僕の転職活動で最大のライバルが公認会計士でした。

上場企業の経理職って結構公認会計士が普通に応募してきてて、そこで比較されてお見送りパターンが多かったです。

もはや会計士が事業会社にいるのは当たり前の時代か。。

昔みたいな会計士=監査法人という構図は変わってきているように思います。

だからこそやっぱこの分野でやっていくならCPAの肩書欲しいっすねぇ~。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。