上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.08.31(Sun):転職
tensyoku.jpg

異動になって約2か月。

いまだに自分が何をやっているのか、自分がやっていることがどうつながるのか、この業務のミッション、目的、そして今後どうなるのか、わからない。

意味の分からない業務、融通のきかない上司、苦痛の日々を過ごしている。

本当に今の上司にはついていけませんねぇ~

退職の意志表示をして以来、扱いとしては保留になっている。

説明不足、認識のズレがあったのでいずれちゃんと説明してそれから考えようということで話はまとまったのだが一向に話はでてこない。

個人的には後任探しの時間稼ぎをしているんだと思う。ちょうど来年度の新卒採用、中途採用をしているので。

それはそれで好都合。私も次を探すための時間に使っているのでお互いの思惑が絡み合うどす黒い日常を過ごしている(笑)

僕は今の上司は価値観等まったく合わないし説明がなく信用していないので以前退職相談をしたときは前部署の上司にした。

前部署の上司は同じ畑でがんばってきたこともあるし信用しているし尊敬している。

そこから上のほうに話はいったのでちょっとおかしな話だがいまだに今の上司は僕が退職を考えていることを知らない(笑)

そこが話をややこしくしてて悩ましいというか気が滅入るというか。。

早く上のものから話を切り出してほしいのだが・・・。




さて、書類選考の結果、悪くない結果がぽつぽつ届いている。

事前のエージェントの話では選考の平均通過率、書類選考20%、面接5%とか聞いていたのでおいおい冗談はよしこさんにしてくれよと思っていたのだが5割ぐらいは通過している。

選考が通らなかったものの中には先に採用が決まってクローズになったものもあるので実際の選考通過率はかなりいい。

エージェントの言う売り手市場であることを実感している。

しかし新卒の就職活動の時と違い、企業側が不採用の理由をある程度教えてくれるのは驚いた。

はっきりと ス キ ル 不 足 と通知された時はショックを通り越してすがすがしさを感じましたねぇ~。


よく新卒より転職のほうが何倍もきついと聞くが今のところ転職活動のほうが新卒の就職活動よりはるかに楽だと感じている。

景気の地合いもあるがその理由を述べたい思う。

その①職務内容が明確

転職の求人には入社したらやってもらうことがはっきり記載している。これとこれとこれをやってもらう。そしてそのためにこれとこれのスキルを持っている人が望ましいと。

これに対し新卒の求人には総合職という訳の分からん名称で求人されているため、社会に出たことのない学生には業務がイメージしにくい。

その為、業務内容ではなく会社の知名度等で選びがちになる。

職務内容が明確になっているので個人的には新卒時と比べ、はるかに求人を絞りやすく業務のイメージもできるため応募がしやすい状況だ。

その②自己PRの差別化

新卒の自己PRは「人間力」のPRになりがちだ。

クラブ活動、サークル活動等を通して、忍耐力がある、行動力がある等。

その為自己PRの差別化が難しいと思う。当時私も自分のPRが周りと同じようなことを言ってて悲しくなった覚えがある。

それに対し転職ではこれまでの仕事経験に基づき、これができます!こういう実績を作った!と自分だけの自己PRが作りやすい。


その③グループディスカッションがない 

これはでかい。

この選考はコミュ障にははっきりいって鬼門だと思う。

学生の就職活動にはつきものだが転職活動においてはみなさんお仕事の都合があるので求職者が一同に集うことは困難だ。よってこの選考があるところはこれまで見たことがない。

私もこの選考を学生時代経験したが議長とかタイムキーパーとか役割決めてなんやこの茶番、と思っていた(笑)

その④コミュニケーション力の向上

断言する。学生時代コミュ障でも社会人になれば嫌でもコミュ力があがります。

よって面接も学生の時よりやりやすいはずだ。

転職活動はビジネスと似ている。

転職活動
自己分析⇒応募⇒面接⇒採用

ビジネス
マーケティング⇒アプローチ⇒商談⇒契約

とまあ自分としてはお客さんとの打ち合わせ感覚の認識。

日ごろの社会人としての生活が面接対策にもなっているのだ。


その⑤転職エージェントの存在

今新卒でもエージェントを使うのかは分からないがエージェントの存在によって比べ物にならないほど新卒より楽だ。

基本的に自分に代わっていろいろとやってくれるし、一番感動したのが面接の選考段階まで進むと、面接官の人柄、特徴や年代、どういう質問をする傾向にあるとかそんなことまで教えてくれるのかよと思った。

あとは孤独に就職活動をしていた学生の時とは違って親身になって相談に応じてくれるエージェントの存在は心強い。


以上のことから私は転職>新卒だと考える。





僕が新卒で就職活動をしたときは未曽有の不景気で地獄の就職活動だった。

よくTVで100社受けても内定が出ない学生なんてのが出てた頃だ。

当時は5次面接+書類選考+筆記がオーソドックスな選考だった。

あのころに比べると今の状況は天国に近い。

いよいよ来週は面接に入る。

多少の緊張はしているが地獄の新卒での就職活動を乗り切った僕にとってこのぬるい環境は好都合だ。



自分の気持ちを、自分のやりたいことを思い切りぶつけたいと思う。




スポンサーサイト
2014.08.24(Sun):転職

予想以上に勉強ができていない。

というか全く。

転職活動にこれほどエネルギーが必要になるとは思わなかった。

しばらく諦めたほうがいいのかもしれない。。

今週は転職エージェントと毎日のように会っていた。

いろいろと特色があるので5社使ってみて回している。

1社は大手の転職サイト。全般的に網羅しているのでここ使っていればまあ間違いないだろうということで。

2社、3社目は会計、経理といった管理部門に特化したところ。

4社目は英文会計の勉強をしているので外資系に特化したサイト。

5社目は大手にはない細やかなサポートと求人を期待して零細会社のエージェント。←ここだけ喫茶店で面談(笑)

いずれすべて片付いたら各社評価してみたいと思う。

毎回かなりの量の求人書類を渡されてしかも中身が錚々たる企業様なのでこれは無理だろうwと思っているのだが今年は本当に転職するタイミングとしてはいいらしい。

各エージェントからいろいろ市場の動向を聞いたがまとめてみるとこんな感じ。

・求人数はここ5-6年で一番多い。

・経理職については今年は昨年の約2倍の求人

・求人数に対して応募者が足りてない。

・まあまずあなたの年収はあがるでしょう(笑)


今回の転職で私が一番重視しているのが業務内容。

私の希望は上場会社での開示業務、もしくはIPOを控えているベンチャー企業での経理職。

年収、残業、休み、勤務地、その他どうでもいい。


正直あんなことにならなければまだ転職をするつもりではなかったのだが転職のタイミングとしてはよかったのかもしれない。

この辺りは自分の力ではコントロールできない外部要因なので何年働いたらとかここまでやったら辞めるとかそういう考えはダメなのが今回の件で学んだこと。

個人的に思うのが、よく石の上にも3年我慢しろみたいなことをいいたがるオジサンたちがいますがあれは昭和の価値観だと思っています。

これだけ世の中の動きが早い時代で3年も待っていたら世の中変わってしまいます。


チャンスはいつ来るかわからないので日ごろからすぐに身動きできるよう今後は準備しておこうと思う。



2014.08.20(Wed):未分類

今更ながらレッドストーンにてLOVESTONEならぬ企画をやっていることを初めて知った。

企画内容を見て不覚にも笑ってしまった。

僕はこれまでレッドストーンは出会い系ゲーム、出会いといったらオフ会なんてやや皮肉っぽくいってきたがまさか公認になるとは思っていなかった。

まあ出会いは金になるしな~なんて思いつつも今後公式オフ会が行われることを知る。

僕がはるか昔記念すべき第一回公式オフ会に潜入してから何回目の公式オフ会になるのか分からないが悪いが今回は申し込みをしてみようと思う。(リンクスってどうなったんだろう・・・)

僕が顔バレしているのは当時オフ会に一緒に参加した旧紅鯖の青年2人に会場であった少女とブログ見てますと突撃してきた某GM以外わからないはず。

当選した暁にはこっそり潜入して顔とキャラ名をインプット。

そしてgvにてあ~あの人か~と顔を思い浮かべながら胴切りをかましたいと思う。
2014.08.17(Sun):未分類


お盆でしばらく会社も夏休みだったが休み期間中の前半はがっつり勉強して、後半は勉強から離れてスキルの棚卸しをしていた。

これから先しばらくCPA勉強に時間を割けなくなるので納得のいくまで勉強してみようと休み前半は限界に挑戦してみたが一日目標12時間に対して実際は9時間で限界がきてしまった。

昔NHKのニュースで司法試験合格発表の様子が映っていて合格者が「1日16時間勉強した甲斐があったーーーうおおおおおん(号泣)」といった場面を今でも覚えているのだが改めて一日16時間て化け物やなと思った。

なんだかんだでご飯の時間や合間の休憩時間を入れると実際の勉強時間はそう稼げない。

今回朝の9時から始めて夜の8時までやったが休憩と昼食を入れて計算すると純勉強時間は9時間だった。

本当はこの後もやるつもりだったがリフレッシュのつもりで整体にいったら眠気が来てしまい能率的に断念した。

実はUSCPA試験のAUD(監査)科目の受験を既に申し込んでいる。

こういう事態になるとは思ってなかったので失敗した。

一科目5万円以上かかる高額な受験料とは別に最初に出願料みたいものが1万~2万円かかるので複数科目同時に受験申込したほうがお得なのだ。

前回受験したBECとAUDの2科目受申し込みしてしまったのでAUDはいずれ受験しなくてはならない。

期限ぎりぎりに受験するつもりだがどこまで現状勉強に時間を裂けるだろうか。


休み後半は自分の時間にすべてあてた。

普段勉強にあてていた時間が浮いたのでものすごく時間が余ったのだがそれが睡眠やネットやゲームをしたりする時間に代わってしまっただけで悲しくなった。

つまらん。

こんなに僕の人生つまらなかったのか。

とは言え浮いた時間で転職エージェントへの面談や今後の計画をしっかり練ったのでやることはやれた感じだ。

現状どこまで…通用するかな。

これまで転職はしたことない。

スキルはもうクソなので若さとポテンシャルで勝負になってくるのかな・・。

とは言え卑屈になって面接をうけるつもりなぞ毛頭ない。

むしろ俺様がこの会社の将来CFOになる男だ。黙って投資しろ、ぐらいの太い態度で望みたいと思う。


2014.08.10(Sun):BEC

Screenshot_2014-08-09-22-45-14.jpg


どうも。

ここに書くのはずいぶん久しぶりな気がします。

精神的にも肉体的にも疲れ切ってしまってなかなかブログを書けませんでした。

早速ですが前回受験したBEC。

結果は来週かあ~~と思ってたら不意打ちで発表されていたので報告致します。




BEC




結果は・・・・・・





















64点(不合格)


悔しいです。

受かっているかもしれないと信じていました。

FARに合格できこの勢いで行けるかと思ったが壁は高かった。

まあ・・・たぶんダメだろうと思っていたので合格できなかったことについては構わないのですが気になるのがこの点数の低さ。。


スコアレポートも見ましたがMA&FINがstronger、それ以外がweakerという極端な結果でした。

実らなかった現実。

直視するのは予想以上に辛いです。

これまでの人生それなりに努力に見合う経験をしてきました。

努力した分それが結果に反映されてきた経験をしてきましたし、しなかったらそれはそれで努力が足りなかったと納得できました。

しかしこのUSCPA試験、納得できません。

努力しました。自分なりに毎日頑張ってきました。

なのになぜ点数がこんなに低いのか・・・。

こうも結果になかなか反映されないとは・・。

こんなの初めてです。

まだこれは努力と呼べないものなのか・・それとも努力の方向性が間違っているのか・・

ほんとうによくわからない試験です。


ただ、諦めません。

今後も引き続き努力します。

しかし・・私事で大きな変化があり、一度CPA勉強を中断・・・とまではするつもりはありませんが(知識の陳腐化が怖いので)大幅に時間を削らないといけない事態になってしまいました。

少し前、会社で人事異動があり、私、会計とは全く無縁な業務に就きました。

一見名前だけ聞くとその業務は管理会計の部類に入るので、会計を軸に考えてる自分としては会計業務の幅が広がっていいかな、なんて思ってたんですよ。

ところがやってみると全く畑違いの業務でした。

気分は新入社員、一から学び全く興味のない業界特有の知識を覚えないといけない。苦痛の日々でした。

なんせその業務は新設された業務でだれもやったことがないので初めに打診された時は異動前の上司も何をするのかよくわかってなかったんです。

まあとりあえずやってみるかぁと引き受けたもののもう僕の目指すところに必要のない知識や社内スキルを覚えていくのが苦痛すぎて・・・。

この業務なんすか!?どういう経緯でできたんですか!?、そして今後どうなっていくんですか!?と上に問い詰めたら結局上のほうでも認識の違いがあり、僕はA派の方向性の話を聞いて興味を持ったが上司になったのはB派でB派の方向性はちょっと自分の目指す方向とは関係のない方向に向かっているなあという疑念を持ちながらここ最近は仕事していました。

自分の登りたい山とは関係ない山を登ろうとしている。これはちょっと違うなと・・。

で、もう我慢ができなくなってですね、こういうのは次を決めてからいうものなのでしょうが年内に辞めると言ってきました。

時期は会社都合に任せる、明日でもいいし一か月後でもいいがMAX年内には辞めるぞと。会社のためとかもう知らん。

スカっとしました。

この決断を出すまでにいろんな人に相談しました。

友人、会社の人、金を払ってコンサルタントにまで相談もした。

意見は賛否両論あったが驚くほどきれいに年齢層で意見が分かれました。

若年層はどちらかというと自分の意見に肯定的で人によって内容がバラバラでした。

やりたいことやったほうがいいんじゃないとか、このままだとダラダラやりがちだから時期を決めてこっからここまでやったら辞めるとかいいんじゃないとかそんな感じです。

一方50代前後の高年層は否定的で意見も全体でまとまってました。

若いうちの経験に無駄なことはないし、その経験が巡り巡ってなにかしら後の人生に役に立つ。みたいな感じです。

確かに今までの仕事、やりたくない仕事もあったが我慢してやっていったらのちに点と点が結びついたことは何度かあったから言ってることも分かります。


まあ・・・書きたいことまだまだあるけど長いのでやめますw


というわけで次を探すアクションも入れないといけないので勉強は今までと同じペースは厳しいです。


しかしせっかく血の滲むような思いをして手に入れた勉強の習慣はなくしたくないので毎日少しでもいいから勉強することはやめないようにしたいと思います。









夏


夏はでますよ~~~。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。