上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.08.31(Sat):冒険
おっす。

前回の更新にて失踪して以来、私は「あること」に挑戦しています。有言どおり戦っています。

まだ結果を出す段階に至ってないので「あること」と伏せておきますが着々と歩みを続けており、ベッドの上で不安にうなされながらも、辛い辛いと嘆きながらも日々頑張っています。

RSはgvのみやっていますが・・・ホント下手になりましたね。もう操作が下手くそになっていくのを日々感じております。

ゲームはスポーツです。普段から触っていないと下手になります。

さて、久しぶりにこのページをみたところいまだに当時からちょくちょく様子を見に来てくれている人達もおり嬉しくて、今日はなんとか時間を捻出して日記を心待ちにしているオナニストの為に筆を取って書き上げました。


そんな私が書き上げた最近巻き込まれた冒険をここに記載します。どうか、楽しんでお読みください。


みなさんは半年ほど前に僕が関東だけでも軽く1000人、日本全国におそらく4000人を超える構成員で形成された巨大マルチネットワークビジネスのセミナーに冒険にいったことを覚えているだろうか。(冒険参照)
最初は友達関係を作り、仲良くなったところで勧誘と気づかせない巧妙なブラインド勧誘をしていく彼らに歴戦の猛者である僕自身もなかなか確信が持てず、最初は半身半疑、どちらかといえば「まさか」いう気持ちが強かったのですが冒険するうちにそれが疑いのない事実であり、あーやっぱりかーと現実であることを実感した。
しかしあれはあれで私の中で見聞が広がる出来事でしたしそれだけの人を引きつける数人のリーダーと呼ばれる人達のカリスマ的プレゼンテーション、スピーチは抜群に上手く、これは素人が突っ込んだら引きこまれちゃうのも無理はないなーと納得したものです。

しかしねー世の中は狭いっていうけどこの時ほどそう思ったときはなかったよ。僕ってなんかそういうのに次から次に出会っちゃうんですよねー。ほんと君達こりないねと言いたいんですけど勧誘のプロがいればそういうのをかわすのに長けたプロもいておかしくないと思いませんか。逆に言えば僕をその気にさせた人は絶対ネットワークビジネスで成功すると思うよ。

ある日の都内某所にて。

この日僕はおよそこの街中には似つかわしくない格好で辺りをうろついていた。サンダルにTシャツと短パン。いくら暑いとはいえこのシャレオツな街中をこの格好で歩くのは勇気がいる。こんな格好できたのは特に人に会う予定ではないしとある建物にいくだけの用事だった為。
オラを見ないでくれと人目を避けつつ歩いていたのだが時間も夕方、なんか飯でも食って帰るかと思い食事できるところを探していた。

すると突然見知らぬ人から声をかけられた。

「あの~すいません。この辺にトマトをベースにしたうまいラーメン屋があるって聞いたんですけど知りませんか?」

一瞬野獣先輩?とか思って振り返るとそこには整った顔立ちの女性(30歳)が立っていた。

確かにここは辺りを見回すといたるところにラーメン店があり、僕もそういうお店がこの町にあるってことを過去に聞いた覚えがあるので

俺「あ~確かになんかこの辺にそういうラーメン屋があるって聞いたことありますね~。」

「ホントですか~」

女性は目を輝かせて僕を見た。しかしあいにく場所まで知らないので

俺「でもちょっと場所まで分からないですね~、すいません。。」

「そうですか~・・。」

女性は肩を落とした。すると女性の連れだろうか。男性が二名トコトコこちらのほうに近づいてきて話しかけてきた。

オシャレな服ですねー(嘘付け)とか学生さんですか?(違う)とかやけに根掘り葉掘り聞かれて初対面の人になんでこんな話しかけるのかなーとか最初は思い、正直オラを見ないでくれと思い歩いていた僕からするとはやく話終わらせて離れたいとかおもっていたのですが意外としつこい。
実はもうこのときにこれはひょっとして・・・と4割ぐらい疑いが入りました。我ながら俺すげえなとか思ってしまったのですが僕の中に蓄積されたノウハウがそう思わせたのだろうか。いや、思い違いであってほしい。
しかし世の中どんだけ詐欺被害おきてるとおもいますか。もう連日連夜ニュースに出てるでしょう。話だけ聞くと、ははそんなのに引っかかるなんてばかだなーとか思うかもしれませんがいやね、これがバカにできないんですよ。ほんとにすごいんですから。彼らは勧誘のプロなんです。そういう訓練をしてきてるんです。まじでその気にさせるトーク、プレゼン力めちゃくちゃあるんでほんとに気をつけてください。

さて、話の中でうどん好きなところで共通点があり、普段どこにいってるんですかー?とかじゃあこんど食べに行きましょうよ!とかいう話になり一人の男性と連絡先を交換した。
はい、皆さん、ここで復習です。これまでの冒険で僕に近づいてくる人間はホモか婚活女か悪徳勧誘だけです。
今時点でホモか勧誘じゃねえか・・?と内心思ってました。
翌週この人とうどんを食べに行き、いろいろとお互いの話をしました。普通の人は目を輝かせて聞くであろう内容の話だったのかもしれませんが僕にとってはもうこの後の展開が見えすぎててつまらなかった。これなんなんですかね~そういう話をしろっていわれてるんですかねーリーダーから。僕に時間があればこの後どういう展開になるのかいくとこまで冒険したいのですがいかんせん今は「あること」に取り組んでいるので時間がない。もうめんどくさいんですよ。

この日の出来事を境にこれは勧誘だ!と確信が持て、その後しつこく会おうとするので指摘してあげました。あなた○○でしょ?って。

たぶん相手びっくりしたと思いますよ~。なんで知ってるの!!みたいな。○○君の言うとおり僕は○○だよと白状し、その後険悪な雰囲気のメールをやり取りする。

僕はそういうの知ってるから諦めろ、相手が悪かったね^^と軽く煽ってみると相手からは「こっちも一緒にビジネスする相手は選ぶからね、前の人がどういう人か知らないけどきっと○○君とは一緒にビジネスをしたくなかったんじゃないかな~」と皮肉を言われ、破局しましたw

いや~僕はマルチネットワークビジネス自体は批判してるわけじゃないんですよ。
彼らがこのビジネスを取り組む上で訓練する人間力養成のセミナーはほんとすばらしいと思うし、コミュ障の俺がそうなるなら受けてみたい。今後の人生においても大きな武器になると思う。実際彼らはキラキラ輝いているように見えるし正直人生楽しそうでうらやましくも感じる
ただ僕が納得できないのは自分の利益の為に他人を巻き込む、他人の人生になにかしら影響を与えてしまうという点。いいか悪いかは別としてね。そこがどうしても僕は納得できないですよ。。なんでこんなに頑張った矛先がこのビジネスなの?って。

僕がこれまで悪徳勧誘業者と戦ってきて今も仲良くしている勧誘マンがいます。その人からは当然勧誘されたんですけど僕はやらないといって断りました。

彼にとってはこれが正義であり僕から見ると悪である。絶対に分かり合えないのですがただ彼は4年もこのビジネスに費やしており、それなりに身につけたものもあるのですが金銭的には厳しい生活を送っています。果たしてこのビジネスをやり続けることで彼は幸せになるのか。


このビジネスを頑張ることが倫理的に良いか悪いかは別として世の中で成功するベクトルの方向性として果たして正しい方に向かっているのか気になります。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。