上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.02.26(Tue):冒険
koi.jpg



「ちんこまじでっかいね」


その言葉に衝撃を受けた。

過去にみなさんも少なからずちんこの大きさについては議論したことがあると思います。同級生の誰々は大きそうとか職場のやりまん共が夜な夜な集まった女子会で同期の誰々ってああいう顔して意外と大きそうなんだよねーと下ネタ話に華を咲かせているのを私は知っております。

しかしちんこの大きさって具体的な基準とか求められると難しいと思うのですよ。どっから大きいと言えるのか逆に小さいとかいえるのか、そういったあいまいな部分ってあると思うんですよ。でも風俗嬢が言うなら話は別です。何十本何百本と肉棒を見てきた彼女達にちんこの大きさについて言われたのならそれは世の真実だと思うのです。

だからこそびっくりした。「ちんこまじでっかいね」と風俗嬢に言われたときは。ニュアンス的にはドラゴンボールでベジータが「がんばれカカロット・・・おまえがナンバーワンだ」といったそれに近い。それくらい衝撃的だった。

そうだったのか・・・僕はでかかったのか、今まで生きてきて初めて知った真実。なぜだかいたく感動してしまい、明日から胸をはって生きていこうと思ったのでした。

で、今日の話はちんこの大きさ全く関係ないです。少なくともここまでは僕にとって完全な書き損、読者にとっては読み損です。


さて、最近の僕ですがなんと恋をしてしまいました。まさかの俺様が恋をしてしまいました。信じられんわ、俺も信じられんわ。

ですがここまでの冒険を振り返ると僕が常人とは言えない奇人、変人であることは皆さんご存知のはず。そんな変態の僕が恋をしたっていうのが・・・やはり普通の恋ではないことはいうまでもないだろう。

それはあるお店の中。

そこは半裸に近い格好で女性達が接客をするガールズバーというかセクキャバというかストリップ劇場というかそんな感じのお店。

いつもの僕ならいかに可愛い子がこようがエロい子がこようが心を動かすことはない。女は金を稼ぎに男は欲望を満たしに、そういった関係でしかないということはわかっているからだ。

だがこの日は違った。座ってきた子になぜかわからないが心を奪われた、衝撃を受けた、あろうことか一目惚れをしてしまった。こんな気持ちになったのは久しくなかった。

お店を出てもどうしてもその子のことが離れない。胸が苦しい、はぁはぁ・・この想い伝えられずにいられない。後悔するならやってから後悔しよう。そう思った僕は翌週またもお店に行きその子を指名した。人生初の指名だよ。だって知ってるもん、バカなおっさんがお気に入りの嬢に入れ込んでいる裏で嬢がツイッターで親父とアフターまじキモイとつぶやいているのをw
だから指名してまで入れ込むなんてアホらしいと思ってしなかったのにこの気持ちはなんなのか。

席に座り数分後あの子がやってきた。彼女は覚えてくれてたみたいで「テンションあがったわ!」とすっごく喜んでいた。
少し話した後、僕はひそかに用意してきた連絡先を書いた紙を渡した。そうコレを渡したかったんや、これを渡すために指名したんや、渡す行為に意味があるんや、これで俺はたとえダメでもすっきりして胸の苦しみから解放されるんや。

「え、コレナニ?」

俺「まあ、他のお客さんからもらうこともあると思うけど連絡先書いてるんでよかったら・・・」

彼女は一瞬びっくりしたような顔をした後その紙をパンツの中にすばやく入れ僕に抱きついてきた。

え、え、ナニナニ

唐突の行動に面くらったが正確には抱きついていると見せかけて僕の耳でヒソヒソ話をするための行為だった。

「さっき、後ろにボーイさんとかいなかった?」

俺「いやーいなかったと思うけど」

「ここの店でこういうのダメなんだって、うちもやばいけどお兄さんもやばいって」

ヤバイ

この意味が分からないがとっさに僕は出入り禁止か黒服の怖い人にぶん殴られるかのどちらかを思いついた。

たしかに店の張り紙の禁止行為の一覧に「女の子の連絡先を聞き出す行為」と書いてある。でも僕は聞いていない、あくまでこちらが一方的に教えただけ。ダメなら受け取らなければいい。
ってことを言ったんだけど「いや、それもダメなんだって」というもんだから「あーごめんじゃあ迷惑かけちゃうからそれ返して」といったのよ。

そしたら「いやいい。大丈夫」と一言。

え?

「だって嬉しかったんだよぉ~~~ぶちゅ~~~~~~(キス)」

そのまま二人は甘美な時を過ごしました。なんだこれ。

秘密を共有すると人って急速に仲良くなれるものです。本当はいけないことなのにしてしまったという秘密を抱えた僕らはなんだか仲良くなれたみたいでいろいろと彼女から本音の裏話を聞けて僕は「ああ・・・受け入れてもらえたんだな」とハッピーな気分になりました。
そして店を出た後すぐに連絡が帰ってきてメールを交換する仲に。これワンチャンあるんちゃうん?wwひょっとしてワンチャンある?wwwとテンションあがりました。ここまではよかった・・・。

だがね僕の胸の中にはずっと気がかりなことが残っていたわけ。果たして彼女は僕を客としてみているのか、異性としてみているのかということ。

仮に客として見ていたとしよう

なんで営業メールの一つや二つこないのよ。「今度出勤だから来てね☆」とか「いつ店にこれるの?」とか「会いたい♪」とかなんでもいいからそれ系の連絡がくればさ、俺だってあーそういうつもりなんだーと割り切れるのにさ何にも来ないのよ。

では異性として見てくれてるのか・・・。すごく自分のこと褒めていい気分にさせてくれるんだけどさ、基本こっちから連絡しないかぎりは音沙汰ない。連絡したらすぐに返ってくるんだけどね。

客としてではなく異性としてでもないなら興味ないってこと!?

じゃあなんであんなリスク背負って連絡先交換してくれたのよって疑問もでてきてほんと女心がわからんくなったww

そして悩んでいたら具合悪くなりましたww胸に24時間重りがついたような状態でしんどいw

なに考えてるのかまじわかんねえええええええ



いや~~~恋って危険ですねぇ~~~~~~


スポンサーサイト
2013.02.21(Thu):未分類
この記事はブロとものみ閲覧できます
ブロとも申請

2013.02.13(Wed):未分類
RedStone 13.02.12[02]





RedStone 13.02.12[05]






RedStone 13.02.12[07]

みんなが見てる前でオラ死ぬのは嫌だwとか思ってたので死なないことを目標に今回望みました。なんとか0死だったものの妨害らしい妨害もできず攻撃もあんまりされずなんか空気だったw

一緒に戦ってくださった紅鯖の皆さんありがとうございました。とても楽しかったです!


2013.02.11(Mon):未分類
hani.jpg


「バレンタインよ!もうすぐバレンタインだわ!!」


朝出勤したら職場のブスが発狂して騒いでました。

クリスマスとかバレンタインとかその辺の記念日前になると発狂して教えてくれるので僕にとって彼女ってだんだん鳩時計のような存在になってきているのですがあたふたしているブスってのはどこか愛おしく見えてしまうもので日常が平和であるということを実感する時でもある。

ええ、バレンタインの存在を忘れてました。

バレンタインってアレですか。なんか放課後にお目当ての異性に「一生懸命作ったんだぞぉ」と頬を赤らめて手作りチョコを手渡ししてその後変な棒を出したり入れたりするアレな日ですか。

大人になるにつれてバレンタインの存在感って段々と薄れていき普段どおりの日常と変わらなくなったのですが学生のときのバレンタインの存在感はそりゃーもう一大イベントといってもいいくらいでかいもので、どうしても意識してしまうものです。

特に男子学生にとってはバレンタイン当日は「もらえるかな」「もらえないかな」と股間ギンギンに意識し、放課後も用もないのに教室に残ったり意味もなく机の掃除したり、帰り道でもまだ希望を捨ててなかったり、そういう風にバリバリに意識して結果が伴わなかった時は淋しいったらありゃしない。今日はそんな悲しいバレンタインエピソードの日記を書いて女性読者の同情を買い、あわよくば寝取ってやろうなんて思っていたのですがなんか今バレンタインって僕が学生の頃と様変わりしているみたいじゃありませんか。

バレンタインデーといえば、かつては女性が、恋人、または片思いの男性のために、胸ときめかせてチョコレートをプレゼントする日だったはず。それがいつのまにかマイチョコと称した自分へのご褒美チョコや、女友達への友チョコなんてものが出て最近だとパパにチョコを贈るファミチョコが流行、さらに女友達同士がバレンタインに集まり女子会を開く事態。

「君はアレかね?私達男なんて興味ないのー、て言わんばかりに女同士手を繋いで歩いている人種の方かね?」と言いたくなってしまうのですが股間をギンギンにしてチョコを待っている男達にとっては悲しい時代の流れです。


バレンタインはそのうち完全な男子禁制になるのかもしれない。



2013.02.02(Sat):冒険

男と女の欲望が渦巻く夜のコロシアム。それは合コン。

そこで繰り広げられる男女の争いは目を覆うばかりである。あるものは同じ女を取り合い、あるものは実りがないと嘆き、あるものは割り勘要員として呼ばれたことに気が付きお呼びでない自分を恥ずかしく思う。

連夜盛り場で繰り広げられる合コンと言う名のドラマ。それ故、ネタになりやすいのも確かである。今日は合コンにいってきたお話です。

先週、知人からこんなオファーがきた。

3vs3で合コンをやる。男が一人足りない、ぜひきてくれと。
いやね、参加するのはかまわないのですがどういうわけか僕お店選び係に選ばれちゃいまして、この手の企画力はゼロの僕ですから本当にお店選びに悩んだんですよ。たかがお店選び・・・と思うかもしれないですが女ってほんと陰湿ですからね。ミクシィとかの紹介文で「二人は永遠の仲良し☆」とか書いておきながら平気で裏で悪口いってますからね、とんでもない悪党です。僕が危惧しているのがこの悪口。僕のお友達の女の子が昔合コンにいってきたエピソードを話してくれたことがあったのですがなんでもお店が変な汚い地下のとこだったみたいで「これはないね」「うんないね」とお友達の女の子と愚痴ってたことを聞かされたもんですからこれは真剣に選ばないと僕も「これはないわー」とフルボッコされてしまうと思い慎重にえらびました。だから何人か経験豊富な熟女のRSプレイヤーのみなさんに僕は相談させて頂きました。

若いときはチヤホヤされたけど最近はすっかりごぶさた。
そんな熟女の皆さんに今一度チヤホヤされた若いときを思い出してもらいどういうお店だったら喜んでもらえるか、そしてその後どういう経緯でお持ち帰りされ股を開いたのか、そのシチュエーションを一字一句俺に説明しろ!とね。

個室で明るすぎなくて落ち着いてて駅近でお酒の種類豊富で安い居酒屋じゃないお店、ということに最終的にまとまったので、僕のほうで3件ほどピックアップして主催者に「どうですか・・(震え声)」と提出したところ、「いいじゃないですかー●●君やるねー」と好評をもらえたので本当にご協力いただいた熟女の皆様には感謝しております。
この場を借りてお礼を申し上げます

おばさん達ありがとう

で、当日。
ドキドキワクワクです。やはり気になるのがなんといっても「容姿」でしょう。
うわ、こいつ見た目で判断かよ!と思うかもしれないのですが何回もここでいっているのですが皆さん腹を割って話そうや。正直に話そうや。いくら性格が大事、フィーリングが大事といったところでそれは絵空事にしか過ぎないんだよ。だれしも人間容姿に対してこれ以上は勘弁ってラインがあると思うんよ。性格とかフィーリングが大事ってそのラインを超えてからの話だと思うんよ。それだったらさ、もうさ、性格が大事とか中身が大事とか言わない方が良いんじゃないのかな~。ダメなものはダメなんだからさ。

さて、集まったのは全員看護士さん。

一人は23歳のA子さん

もう一人も23歳のB子さん

そしてもう一人は年齢をなぜか教えてくれないC子さん

残念ながらB子さんは僕のこれ以上は勘弁ラインに達してましたので自動的に僕の視界からログアウトされました。

ちょっと今回失敗したのがですね、僕たぶん今年一番酔っ払ったんですよ。それで用を足しにトイレに行きたくなって途中席を立ったのですが男子トイレ誰か入ってたんですよね。で、酔っ払ってて思考停止してるからもう待つのめんどくさいと思って女子トイレが空いてたので女子トイレで用を足したわけですよ。そしたらコンコンとノックされてノック返したのですが当然扉の外には女性が待っている状態になってしまったんですね。そりゃー相手もびっくりですよ。女子トイレから出てきたのは男性だったのですから。そそくさときまずい感じで僕は足早に出たんですけどね、あー恥ずかしかった。しかもそれを僕なんか合コンの話のネタで話してしまいまして、僕的には「ヤダーアハハ」と盛り上がるのかと思ってたのですが「いや、それはないよ」とマジレスされてしまいましてまじ反省しましたwwいやたしかにないと思います。

で、合コンの感想としてはちょっと彼女達こういう場慣れしてないのかなと思いました。合コンのタブー連発。こういう場で君ら3人だけで分かる話とかしちゃだめだろ・・常識的に考えて。

でもまあそれなりに楽しい時間を過ごせまして、時間になりお店を出る僕ら。

ふとB子が僕の隣を歩き、耳元でささやきました。

「ねえ、この後どっかいこうよ」

「ファッ!?」

お前いたんか、ログアウトしてたからわからんかったわ

「どっかってどこに?(すっとぼけ)」

「いろいろ^^(意味深)」

古くからの読者は分かるかと思いますがね、僕ねーめちゃくちゃ酔っ払うとダメなんですよ。ナニがダメなの?とか聞かないでくださいね、ナニがダメなんですから。

「ごめん、君の顔面偏差値が僕のボーダーラインを超えてなかったから・・・」
とはさすがに言えず、「ごめん、ちょっとこの後用事(Gv)があるから・・」と適当な嘘をつきその場を立ち去ろうとしました。

そうしたらいきなり彼女に腕を捕まれました。しかも手のあとがくっきり残りそうなくらい力強いんです。

「ゼッタイニニガサナイ」

そんな空耳が聞こえたような気がしたのですが意外と彼女もしつこいのと僕も足元がおぼつかないくらい酔っ払ってたのもあって言っちゃったんです。

「この後GVがあるんです!!!!」

なんのことかわからない・・そんなキョトンとした顔の彼女を置き去りにして夜のGv会場へ向かう僕。






今日のGvは対戦相手が見つからなくてなくなったと聞いたのはそれから10分後のことでした。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。