上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.10.29(Mon):冒険

いやー疲れた疲れた。人疲れした。やっぱり人間ほどほどが一番と思ったよ。

ロリコン好きすぎてもいけないし塾女好きすぎてもいけない。

出会いがなくてもいけないし出会いが多すぎてもいけない。

やっぱりほどほどが一番。

今日はハロウィンパーティーにいってきたお話です。


前回D氏から誘われた後、当日待ち合わせの場所へ。

待ち合わせ場所にはD氏と某大手商社の人事採用担当をやっているという外国人女性のT氏がいた。

「オナシャス!」

お互い挨拶を済ませ会場に向かう。


haro2.jpg



会場がこれまたものすごくキレイなところ。公式オフ会の会場もかなりキレイで豪華なところだったけどそれを超えるような立派な会場。

受付を済ませ会場へ入る。

「女子は奥のほうで、男子は隅のほうで着替えてね♪」

なんか男女の扱いの差がひどいと思ったがまあ僕はあのドンキで買ったやつかぶるだけだし。

ところがD氏からワンポイント仮装でいいって言われてたからみんな控えめなのかとおもったらガチ仮装。

むしろ控えめ仮装してたらこれなんのコスプレですか?って怒られそうな雰囲気。逆に浮く。

どんぐらいガチかっていうと映画泥棒コスとかいるぐらい。


haro.jpg


これにはD氏も「こんなガチとは思わんかった・・」と一言。

そんなわけでD氏の無茶ぶりで急遽チャイナドレスを着ることに。普段の僕なら絶対断っているところだけど周りの仮装がすごすぎて全然浮いてない。むしろなじんでいる。


haro3.jpg


この後D氏の案内でいろんな人に紹介してもらったけどなんか僕すごく場違いでした。

上流階級の人ばかりきてて大手企業勤務の方、若社長や親が超絶金持ちのやつとか、おまけに女性はみんな美人でコスプレが似合っててあまりのアウェー感に消えたくなった。これコンパでいうエクゼクティブクラスのやつや。庶民お断りのやつや。

人の好き嫌いが激しい僕にはみんながリア充すぎておよそここにきている8割ぐらいは、あ~この人とは仲良くなれんタイプやって思ったけどこんな僕にも2割ぐらいは話しててこの人とは波長があうな~この人とはもう少し話してみたいなって思える人と出会えたのでまあそれなりに収穫はあった。こういう雰囲気が苦手だったからそれなりに楽しかったけどすげー気疲れした。美人ばかりってのもなんか息苦しいものがあるね。多少ブスも欲しい。やっぱりほどほどが一番。

それでパーティー終了後、D氏から今度は来週これこれこういう遊びやるからこない?とお誘いが。そして別の方からは今後のクリスマスパーティーとかそれ系のお誘いたくさんもらって僕はびっくり。

なんだこの出会いの連鎖!?

いやたしかに僕は前回出会いが出会いを呼ぶとはいいましたよ。でもこれほどトントントンとつながるとは思わなかった。
遊びすぎたから来週の休みの日は家にひきこもって通常どおりニコニコ動画やDVDみたりオナニーしてゴロ寝でもしようかなと考えていただけに、僕はなにか自分でも気づかないうちに大きな流れに巻き込まれているのではないだろうか。

結構新しいところに入っていくのって緊張するよね。ましてある程度のコミュニティが形成されているところに外部から一人で入っていくのってものすごくアウェー感あるし緊張する。だからこそ冒険なんだけどね。
だったらいかなければいいじゃんって思うかもしれないけどこの出会いの連鎖、ここで断ち切るには何か惜しい気がする。


僕はいったいどこへ向かっているのだろう


次回レクリエーション編


続く・・・。
スポンサーサイト
2012.10.28(Sun):冒険

shibuya.jpg


いやー、まいったまいった。いやね、「不幸は連鎖する」「ツキのない日は何をやってもダメ」とかいうじゃないですか、まさにその通りですよ。今週は厄日週間だった。多分、今週の僕は日本で三番目ぐらいに不幸だったと思う。それぐらい不運続きだった。

そんな僕でも今日があったから今週を乗り越えられた。何かお楽しみが後に控えていると人間ってがんばれるもの。

さて、2週間ほど前、公式オフ会に冒険にいき、その帰りの飲み屋でリーマンに話しかけられ「今度また遊ぼう♂」と誘われた出来事は皆さんの記憶に新しいことかと思います。まさに衝撃的な出来事でした。オフ会にいっていなければ起きなかった出来事。

やっぱりオフ会といったら出会い。出会いといったらオフ会。出会いの伝道師しいちゃんのいったとおりや。

よくさ、オフ会に参加する建前上の目的でさ、「他鯖の人と交流を深めたくて^^」とか聞こえのいいこといってますけど正直出会いたいだけだよね。本心はなんだかんだいってこれだと思うんですよ。

それだったらさ、もうさ、「他鯖の人と交流を深めたくて^^」とか「仲良くなりたくて^^」とか聞こえのいいこというのやめようよ。腹の底ではみんな「出会いたい」だけなんだからさ。まあ8割方男と出会うんですけどね



さて、今日はそのリーマンと飲みにいってきました。

場所は渋谷。

渋谷は歪んだ街だ。上手くは説明できないが、なにかが歪んでいる。特に今日はそんな印象を受ける。空気と言うか雰囲気と言うか、僕を取り巻く状況が圧倒的に歪んでいる。歪んでいるだけに、ここでは普段起こりえないことが起こってしまう。偶然で片付けることのできない事柄が当たり前のように起こってしまう。それはきっと歪んだ何かの作用によって起こされているに違いないのだ。

そう、なにか普段とおかしいと思ってたらハロウィンだった。いたるところで仮装した若者がチラホラ。

寒そうな格好した露出の多い小悪魔コスプレギャルに萌えました。あの胸みせてるんだよね?谷間わざとつくってアピールしてるんだよね?だったら遠慮なくみていいよね

コスプレってさ、僕ブスがやっちゃいけないとおもうんですよ。

やっぱり可愛い子がやってこそ見てて癒されると言うかコスプレの良さを感じるんですけどブスがやるとただのキャラクターに対する風評被害ですもんね。

もしブスが魔女のコスプレしてても僕だったら魔女ってわからずに「ああ、これドラクエ8のラスボスのコスプレか」って勘違いするかもしれない。間違って捉えられるかもしれないからやっぱり可愛い子がやるべき。


で、無事リーマンことD氏と合流。
近くの居酒屋で飲んできました。いやー話めっちゃあうわ。なかなかここまでフィーリングが一致する人と会ったことないんですけどめっちゃたのしかった。で、話の途中でこんなお誘いが。


「明日ハロウィンパーティーやるんだけど来る?みんなに紹介するよ」


これですよ。皆さん。僕が今日の記事で一番言いたいことがコレ。

いいか、人と出会うって簡単なようで難しい。特に最初の一人目が。しかしその最初の一人と出会っちまえばこういうふうに輪が広がっていくわけ(但し最初の一人目がリア充な場合に限る)

僕はこれを芋づる式出会いと呼んでいる。

まさに出会いが出会いを呼ぶってやつだ。


俺「ハロウィンパーティーっていうとやっぱ仮装していかないといけないんですかね?」

D氏「そうだね」

俺「ムリムリ、自分公共の場でそういう目立つことできないタイプですもん」

D氏「そんなガチな仮装じゃなくてワンポイントでいいからww」


といわれたので帰りにドンキにいって適当に買ってきました。


shibuya2.jpg


酔っててそのときは特に何も思わなかったけど冷静になってみてみるとどう考えても女の子用なんだよな~~


これかぶっていってきます。


次回、ハロウィンパーティー編

続く・・。
2012.10.22(Mon):未分類

女は股を開けば簡単に男に捕まられるのに、なぜ男が股を開くと警察に捕まえられるのか。


男女平等と世の中は謡っておきながら同じ人間が同じ行動をしてこうも違う結果になるなんて全然平等じゃない。

っていうことを仕事中にまじめに考えてしまったんだがこれからは男女平等じゃなくてより差別化するべきだと思うのが僕の考え。男だからこそ、女だからこそ活かせる長所、短所っていうものをはっきりさせてより全面に取り入れるべき。違うもんは違うんだからさ。

僕この前仕事がひと段落ついたのでたまった書類のファイリングやってたんだけどコレ絶対女の子がやった方がいいと思うんだよね。こういう整理整頓って女の子のほうがキレイにまとめるもん。可愛い付箋とか貼っちゃったり色ペン使ったりしてさ分かりやすくてキレイなんだよね。それに比べて僕はこういうのはおおざっぱな性格だから汚いって総務のおばさんに毎回注意されるんでこういうのやらせない方がいいと思うんだけど何でそれが分からないかなぁ~~~~~~~~~~~~~~





<RS>



ちょっと報告遅くなったけどGBT参加してきました。





RedStone 12.10.16[00]


なんか・・・・敵は味方の中にいたような気がしたww

絶対あの行動わざとだろww




GBT終了後一斉に各々元のGに帰ったと思うんですが僕はそれから三日後ぬけました。


三日後・・・・


RedStone 12.10.19[00]


なんでGBTレベル500だったEMがレベル900になってるんですかねぇ~~~~~~~~~


みんながいなくなって数字いじりすぎぃ!




RedStone 12.10.20[01]


GH5になったのでGD9にいってきた図。



さていつも戦績書いてる人が最近いないんで今日は書きますね。


今日の相手は・・・・・




RedStone 12.10.21[00]





つよそう(小学生並の感想)




RedStone 12.10.21[04]



やっぱりな♂

個人的に悪魔がうまかったですねー

うっかりクリックしてしまいそうないい場所にいつもいて今日は普段の倍以上ワームだしてしまいました。



チョットここ最近のWIZ1の状況そろそろなんとかしましょうか・・・。あんまりGvに意見は言わないようにしてるんですけど僕だって人間だもの。五体満足にGvできない状況が続くとはぁ~~~~~ってなりますもん。毎回WIZなしPTが見ててかわいそう。
2012.10.16(Tue):未分類


みなさんは黒歴史って言葉を知っていますか?

過去に起きた出来事をなかったことにしたい。ああ~もう忘れたいこの出来事。そんな意味合いで使われる黒歴史という用語。

ニコ生でなぜか勝手に脱ぎだしておっぱいみせているあの子も

一心不乱にコピペをしている彼も

そしてこんなブログを書いている私も

数年たったら今の行為が黒歴史になっているかもしれない。

オフ会で若干名にリアル割れしてしまったのでやや書きづらい気もする今日この頃ですが今日は私の黒歴史のお話です。





男たるものヤリ逃げの一回や二回、男たるもの浮気の一回や二回、男たるもの不倫の一回や二回、心の秘密としてどこかにしまっているもの。

あなたの横で腹を出して寝ている亭主も、

あなたの横で腕まくらして「ハハ、こいつめ。」とじゃれている彼氏も、

残念ながら言わないだけで経験しております。白馬の王子様は少女マンガの世界だけ。でも怒らないでください。それは過去のこと。今がよければいいじゃないか!


のっけから何をいっているのかといいますと、過去にこのブログにて異国の地でアナルファッカーと成り果てたり、ちんこに鉄の棒突っ込まれたりといろんなことを書きました。これを見て読者の頭の中で、もはや僕の人物像がどのようになっているのかは分かりませんが僕って実は一途なんです。いやほんとほんと。赤ん坊の瞳ぐらい純粋で汚れてないから。

そんな一途な僕ですが一途であればあるほどDQNにあこがれると言うか浮気にあこがれると言うか遊び人にあこがれると言うかすごいな~~(驚愕)って恋焦がれる時期ってありません?僕はそんな時期がありました。

当時僕はお付き合いしていた方がおりました。(遠い目)

彼女と付き合い始めて1年半。1年半も一緒にいるとどうなると思います?もうね、部屋の中で一緒にいてもオナラ○| ̄|_ =3 ブッだから。もう倦怠期ってもんじゃない。衣食住を共にしてそこにセックスが加わった同居人です。

でさ、やっぱそうなると何かしら刺激がほしいじゃん。付き合い始めのトキメキというかラブリーというか。

でね、浮気ってやつに憧れ始めたのです。いや~この気持ち分かってくれる人いるかな~やっぱ僕がおかしいだけなのかな~

当時モバゲーみたいな似たようなやつがあるサイトでネット上だけの異性の友達が一人おりました。彼女とサイト上のメル友になって早6ヶ月。思い切ってさ食事に誘ってみたのよ。
普通さ、こういうサイトにいる出会い厨ってさ、すぐ会うことを迫るじゃん?
でもね、なんせ半年間メールだけだしそういう話題をしなかったし元々そういうつもりじゃなかったから、相手もこの人は他の人とは違うんだわ~って信頼してくれたみたいなの。だからまさかのOKもらったのよね。

で、会いました。当時僕は20そこそこ。相手は確か5,6個上だったとおもうから25.26のお姉さんなわけですよ。

そこでこういう話になったわけ。


「浮気に憧れる」



「僕って一途だから浮気とかなんかあこがれるんですよねー」

お姉さん「一途なほうがいいじゃない~」

「いやでもなんかねー・・・」

お姉さん「じゃあ・・・浮気しちゃう?」

「え、いいんですか!?」


簡単にいえばこんな内容の話ww

こんなスピーディーな内容じゃないけど簡潔にまとめるとこんな感じ。

いやほんとほんと。もちろん僕は相手に彼女がいますってことをいっていたし、強要もしていない。しかしなぜかこういう展開になった。

そして部屋によんだのよ。部屋によんだらさ、やることはひとつじゃない?
わーい初浮気だー^^と意気揚々と僕は裸になったわけ。

そうしたらさ・・・・・・なんか途中で中折れってやつになったんですけど。


おちんちんが元気になりません。

よくエロマンガのセリフでゲス男が

「ククク・・・言葉では嫌がってるようだが体は正直だな・・」

女「い・・いや・・そんなはず・・な・・あん///」

ってみたいなセリフあるじゃないですか。もうそれと全く逆の現象に陥ったの。いくら部屋でオナラブーの関係でもさ腐っても彼女なわけ。やっぱ彼女のことを考えるとものすごい罪悪感でいっぱいでさ、体が拒否反応をおこしていたわけ。

うわこれはもうムリだ。やっぱり一途な僕には浮気なんてできないわ!本当にそう思いました。ところがそうとは知らないお姉さん。全裸になったのにもかかわらず私を見ておちんちんが元気にならないなんて屈辱そのものです。恥をかかせてしまいました。あの手この手で責めてくれますがダメでした。

「ごめん。やっぱだめや・・罪悪感感じてだめやわ、やめにしよう」

もう降参です。しかしお姉さん不満そうです。別にできないから不満とかじゃなくやっぱ自分を見てたたないのはショックみたいでした。

くそ、これはもうがんばるしかないのか。

お姉さんの名誉を回復するためにも僕はセックスをしなければならないのか。

過去これほどまでセックスが辛いと思ったことはない

目つぶって一生懸命彼女を思い出し、目の前にいるのは彼女なんだ、いつもの彼女がいるんだと念じながらの騎馬戦

なんとか・・・・できました。辛かった。彼女の尊厳を守ることができました。そして僕自身の尊厳は地に落ちました


よくさ浮気はよくないよ!って簡単に言う人いるじゃない?

でもさ、そういう人がそもそも浮気を経験してないで単なる倫理観で語ってたら何の説得力もないよね

机の上が汚い上司に「整理整頓しろ」って言われたらそれに従う部下はいるのか!

お年寄りは大切にしなさい!っていってる大人がシルバーシートに座ってたら子供はついていくのか!

やっぱり僕みたいに浮気をして痛い目をみた人が浮気をしたらいけないっていうとそれなりにおも~~い説得力のある一言になるはずだと思うんですよ。

だから言いますね



「浮気はよくないよ♪」(軽っ)



これが僕の黒歴史。

なかったことにしたい黒歴史。



2012.10.14(Sun):冒険


ohu.jpg



公式オフ会


それは選ばれたものが入ることを許される男と女の出会いの社交場。

インターネットで知り合ったメンバーが、実際に会うことを指すオフ会。

男女間にて積極的な異性へのトークバトルが始まる一方、その舞台裏で男と男の出会い♂があったことを彼らはまだ知らない。

今日は公式オフ会にいったお話です。


きらびやかなネオン街、通りには立ち並ぶ有名ブランド店。ここは銀座!

およそ私には縁がないその場所にオフ会会場はあった。

紅鯖の2名の方と待ち合わせ。お互い初見。

「オナシャス!」

無事に合流し挨拶を済ませた後、抽選落ち組みの為、整理券をもらう。

時間ぎりぎりの為か番号は54番。

54!?僕の前に53人もいるというのか。コレははいれんかもわからんね。

そう思ってソワソワしていたが普通に全入り。抽選とは一体なんだったのか・・。


会場はとてもオシャレでキレイ。

参加層は若者5割オッサン3割女性2割といったところ。

僕ちょっと勘違いしていました。男と女の社交場じゃなくて男と男♂の社交場でした。勘違いしてました。張り切っててごめん。


ohu2.jpg




皿に料理をとっていくが人が多すぎてせまいので落ち着いて食うスペースがない。

落ち着けないので飯がほとんど喉を通らない。がお構いナシに相方はガツガツ食ってた。

途中白鯖の有名な方にブログ見てますと言われた。ありしゃす!


刻々とプログラムは進行。

他鯖は20,30人ときているというのに我が紅鯖はリアルに7人とかしか来てなかった模様。

これだからリア充鯖は・・・。周りは同鯖で話が盛り上がっていたが僕らは3人、隅のほうでリンクスのミニライブを「( ゚Д゚)」こんな感じで見ていた。



その後疲れたので一旦会場を離れ受付フロアのソファーで休憩。RS話で盛り上がる。

抽選会をやるも何も当たらず21:00に終了。解散。

終わりにするには時間も早いのでその後3人で飲み屋にいく。

独特な昭和の香りを漂わせる特殊なお店にて外のテーブル席に座る。

5年前僕が白鯖でオフ会にいったとき31歳のギルマスに飲み屋に連れて行ってもらってこうやっていろいろアドバイスしてもらったなあ~、それが今こうやって若い子♂二人を前にして自分が助言する立場になるとは何やら時の流れを感じてしまった。

ドリンクと料理を待ってる間突然横に座っていたサラリーマン二人組みに話しかけられる。


「何か料理頼みました?」


なんだこいつ酔ってんのかと最初思ったが話していくうちに次第に話しに熱が入る。

オフ会のことや私生活のことをリーマン二人と談笑しているうちにお互い意気投合。まるで5人で飲んでるかのように一緒に飲む。そのうち一人と偶然にも職種が一緒の為、話が盛り上がる。

まじっすか!?会計ソフト何使ってるんですか!?資金繰りは!?外に出れなくて辛いですよね!?営業がうらやましい!人間関係きつい。等々ことごとく話が合いあっという間に終電前に時間がワープ。

あまりにもフィーリングがあいすぎてこのまま別れるのは惜しいので連絡先を交換することになってしまった。後日また遊ぼう♂と言われた。なんだこの出会い!?


これが異性だったらどんなに完璧なことか。一緒に飲んで連絡先交換とか完全にゴールデンコースや。だが悲しいかな、その矛先が女性ではなく男性とは。



オフ会。

それは男と男♂の出会いの社交場。

行けば何かが起こります。
予想もつかないことが起こります。
普段興味のないあなたもだれかを誘って勇気をもってオフ会に繰り出してみてはいかかでしょうか。


ちなみに僕はホモではない。


それだけは言いたかった。




2012.10.13(Sat):未分類




不幸の手紙。

不幸のメール。

これを見たらあなたは不幸になりますというやつですが僕はひょっとしたら不幸のブログをかいているかもしれません。


約一年ほど前、旧ブログにセクシー居酒屋にいったことを書いたのですが数ヶ月前にニュースで未成年を働かせていたとしてそこの従業員が逮捕されていました。

しかも多店舗あるのにピンポイントで自分のいった店w


女教師との駆け引きに燃えたクラブに至っては脱税で僕が行ったお店がお昼のニュースに出てて運営会社が捕まってました。


そしてつい先日書いた記憶に新しい職場のコピペイノウエさんですがこの前突然退職されました。


なんなんですかねー。圧力でもかかったんですかねー。それともやっぱり嫌だったんですかねー。


とにかく僕がブログで取り上げることはロクな目にあっていない。



ただの偶然か・・それとも・・・




<RS>


RedStone 12.10.13[00]


週末に狩りに誘ってもらったのでミニポタ(400円)買って久々にレベルあがりました。


超火力による少人数狩りでレベルUPにかかった時間が

836→837 が約63分

837→838 が約76分

838→839 が約94分


839→840 推定120分


たまらんね




baio.jpg


発売日に予約購入してはまってますw

前作でウェスカーは溶岩におちて死んだから今作は出ないのかな~って思ったらなんかウェスカーの息子♂とかいうのが出てきてわろたw



おもしろすぎて時間が湯水のように流れていく・・。



2012.10.04(Thu):未分類


ブヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャ。

おっと失礼。のっけから何を狂うたように笑っているかといいますとね、ハイテンションなんです。極めてハイテンション。 狂おしいほどにハイテンション。

僕は寝不足が極限に達するとハイテンションに達します。ナチュラルハイ。もうこうなると手がつけられない。何見ても笑ってしまう。狂ったように笑ってしまう。 どんなテキストサイト見ても笑ってしまう。勢い余ってお気に入りに入れてしまう。自分の過去ログ見て笑ってしまう、ちょっとナルシストな自分。もう手の施しようがない。

で、今日は朝から仕事しながら狂ったように笑ってました。前々から薄々怪しいと感じていた同僚達は「ついに狂ったか!?」などと思ったことでしょう。狂ってるのは前からだって。

そんな殺伐とした職場にも、10/1の内定式でフレッシュメン5人が来社しました。これから机を並べて仕事する戦友達です。仲良くしたいね。

とか思ったんですけど、その新人の中に、1人変な髪形をした男が混じってたんです。奇抜な髪型とか派手な髪型とかではなくて普通のストレートヘア、真面目な財閥系な髪型。でもハイテンションな僕にはその髪型が亀頭にしか見えなかった。もうね、ティンポヘッドだ!とか1人で大受け。

そのティンポヘッド君が自己紹介している間中、僕は笑いを堪えるので必死だったね。だけど、ダメ。どんなに笑うまいと悲しいこととか考えるんだけど彼のティンポヘッドには勝てない。やけにキューティクルとかしっかりしてて艶のあるティンポヘッド。もうこんなの反則だよね。飛び道具に近い。

で、失礼だとは思ったけど狂ったように笑っちゃった。彼にはとても悪いことしたと思う。反省している、ごめんなさい。

だけどね、僕だって悪くないよ、悪いのは僕のハイテンションさ。まあつまり、ティンポヘッド君はハイテンションな僕に会ってしまったのが不運だった。ハードラックとダンスっちまったってことで、勘弁して欲しい。

さてさて、あんまりGvのことはブログに書かないようにしているのですが今日は僕がGv日記を書くとどうなるか読者に知ってもらうために気分を変えて書いてみようと思います。

ところで夢Gはなんと先週のランク更新でこうなりました。

1部
A 
B レッドリンクス(黒) under the sun(白)↓
C ホルンの日常(黄)
D BLACK WIDOW(黒) 鬼組(白) 月下美人(陽) ランジェリーナジョリー(赤)↓ N_MOEURS_BIZ(黒)↑ ⅩULTIMATUMⅩ(橙)↑
E ちびっこギャング(黒) LionHeart(青) 幸せの国ネズミーランド(橙) †dear(水)↓ 気楽堂(黄)↑
F @くるくるPaaah@(赤) 天上(黄) †CrossGuard†(陽)↑
G 国際救助隊(赤) ж黒の教団ж(橙) 天衣無縫(白)↓ A_New_Journey(黒)↑ Star_seeker(白)↓
 
2部 
A バンディッツ(黒) ∫インテグラル∫(赤)↓ Solitary_Companion(橙)↑ dream~夢~(紅)↑ TKSファクトリー(黒)↑
B 一杯のラーメン(紫) またーり(赤) エロテロリスト♂♀(橙)↓ ⅹSecretωHouseⅹ(水)↓ 夢列車(橙)↑ Liberal_Familiar(黒)↑
C エンジェル(水) §黒の騎士団§(黒) 全て遠き理想郷(赤)↓
D 亡国の傭兵団(黒) ☆Tierra☆(陽)↑ 紅い翼(青)↑
E 桃色☆片思い(陽) ソウルハッカーズ(赤) ケイ!ケイ!ケイ!(紅) ラウンドナイツ(黒)↓ コンソメパンチ(白)↓
F エンジョイプレイRS(青)↓ 夜桜会(青)↓ 暁(黄)↑
G VITALIZER(赤) エターナルフリーダム(青) 月華夜想(青) 光陰の旋律(黒)↓ §クイーン・エメラルダス§(紫)↓ ブッフバルト倶楽部ネオ(橙)↓ 時の旅人(黄)↑


底辺から這い上がった。ほんとそう思う。

つい数ヶ月前まで50000対1000とかでランク外に負けてた気がするのですがとうとう2部A、1部入りまで目前。



皆さんは「プロの洗礼」って言葉をご存知ですか?

プロ野球界などで、高卒の大型ルーキー左腕が鳴り物入りで入団してきます。周囲は期待します。しかしプロの世界は思いの他厳しかった。高卒ルーキーを打ち崩すなどプロには造作もないこと、たとえ大物左腕でもね。あわれルーキーは三回1/3を投げて8失点、ほろ苦いデビュー戦になりました。これがプロの洗礼です。

さて、ここ最近の夢G。

「1部なんか負けないぞ」と意気込んでGvに赴きます。「大丈夫、私は強いんだから、1部になんか負けない♪」ギルマスは小さな唇をギュっとかみ締めて決意する。

でも、そこには最狂の猛者達が待っていた。比率指と高度な連携による圧倒的攻撃力。哀れ夢Gは1部と2部の壁の厚さを知る。これがプロの洗礼か・・。←いまここ

あと一勝、あと一勝が勝てない。ことごとく上位Gにブロック!まるで鉄のカーテン。後ほんの少し背中を押してくれれば・・だれかが背中を押してくれれば超えられる壁。1部に入ったという既成事実が作りたい。あとおちてもいい(蹴。そんなじれったいGvが続いております。



前置きながくなりましたが2部Aになってから3度目の1部入り挑戦Gv。


あつまりはこちら


RedStone 12.10.03[02]




途中



RedStone 12.10.03[03]


相手の霊術さんが似たような名前で似たような硬さで似たような立ち回りですごかったw

これもうわかんねえな~(驚愕)




結果



RedStone 12.10.03[06]




三回目の挑戦もまただめでした。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。