上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.08.10(Sun):BEC

Screenshot_2014-08-09-22-45-14.jpg


どうも。

ここに書くのはずいぶん久しぶりな気がします。

精神的にも肉体的にも疲れ切ってしまってなかなかブログを書けませんでした。

早速ですが前回受験したBEC。

結果は来週かあ~~と思ってたら不意打ちで発表されていたので報告致します。




BEC




結果は・・・・・・





















64点(不合格)


悔しいです。

受かっているかもしれないと信じていました。

FARに合格できこの勢いで行けるかと思ったが壁は高かった。

まあ・・・たぶんダメだろうと思っていたので合格できなかったことについては構わないのですが気になるのがこの点数の低さ。。


スコアレポートも見ましたがMA&FINがstronger、それ以外がweakerという極端な結果でした。

実らなかった現実。

直視するのは予想以上に辛いです。

これまでの人生それなりに努力に見合う経験をしてきました。

努力した分それが結果に反映されてきた経験をしてきましたし、しなかったらそれはそれで努力が足りなかったと納得できました。

しかしこのUSCPA試験、納得できません。

努力しました。自分なりに毎日頑張ってきました。

なのになぜ点数がこんなに低いのか・・・。

こうも結果になかなか反映されないとは・・。

こんなの初めてです。

まだこれは努力と呼べないものなのか・・それとも努力の方向性が間違っているのか・・

ほんとうによくわからない試験です。


ただ、諦めません。

今後も引き続き努力します。

しかし・・私事で大きな変化があり、一度CPA勉強を中断・・・とまではするつもりはありませんが(知識の陳腐化が怖いので)大幅に時間を削らないといけない事態になってしまいました。

少し前、会社で人事異動があり、私、会計とは全く無縁な業務に就きました。

一見名前だけ聞くとその業務は管理会計の部類に入るので、会計を軸に考えてる自分としては会計業務の幅が広がっていいかな、なんて思ってたんですよ。

ところがやってみると全く畑違いの業務でした。

気分は新入社員、一から学び全く興味のない業界特有の知識を覚えないといけない。苦痛の日々でした。

なんせその業務は新設された業務でだれもやったことがないので初めに打診された時は異動前の上司も何をするのかよくわかってなかったんです。

まあとりあえずやってみるかぁと引き受けたもののもう僕の目指すところに必要のない知識や社内スキルを覚えていくのが苦痛すぎて・・・。

この業務なんすか!?どういう経緯でできたんですか!?、そして今後どうなっていくんですか!?と上に問い詰めたら結局上のほうでも認識の違いがあり、僕はA派の方向性の話を聞いて興味を持ったが上司になったのはB派でB派の方向性はちょっと自分の目指す方向とは関係のない方向に向かっているなあという疑念を持ちながらここ最近は仕事していました。

自分の登りたい山とは関係ない山を登ろうとしている。これはちょっと違うなと・・。

で、もう我慢ができなくなってですね、こういうのは次を決めてからいうものなのでしょうが年内に辞めると言ってきました。

時期は会社都合に任せる、明日でもいいし一か月後でもいいがMAX年内には辞めるぞと。会社のためとかもう知らん。

スカっとしました。

この決断を出すまでにいろんな人に相談しました。

友人、会社の人、金を払ってコンサルタントにまで相談もした。

意見は賛否両論あったが驚くほどきれいに年齢層で意見が分かれました。

若年層はどちらかというと自分の意見に肯定的で人によって内容がバラバラでした。

やりたいことやったほうがいいんじゃないとか、このままだとダラダラやりがちだから時期を決めてこっからここまでやったら辞めるとかいいんじゃないとかそんな感じです。

一方50代前後の高年層は否定的で意見も全体でまとまってました。

若いうちの経験に無駄なことはないし、その経験が巡り巡ってなにかしら後の人生に役に立つ。みたいな感じです。

確かに今までの仕事、やりたくない仕事もあったが我慢してやっていったらのちに点と点が結びついたことは何度かあったから言ってることも分かります。


まあ・・・書きたいことまだまだあるけど長いのでやめますw


というわけで次を探すアクションも入れないといけないので勉強は今までと同じペースは厳しいです。


しかしせっかく血の滲むような思いをして手に入れた勉強の習慣はなくしたくないので毎日少しでもいいから勉強することはやめないようにしたいと思います。









夏


夏はでますよ~~~。


スポンサーサイト
2014.07.13(Sun):BEC



BEC受験してきました。


・・・・・・負けました。


ダメです。全くできた感がしません。


試験終了後自宅に帰り、つまみとお酒を大量に買い込みました。


BEC試験のことや七夕が僕がuscpa勉強を始めた記念日で一年たったということでこの一年を一人晩酌をしながら振り返っております。

順をおって説明します。



BECテストレット難易度は普⇒普⇒? 

BECは試験時間がFARと違い3時間しかありません。

作戦としてはWCはもう大した事書けないと思ったのでMCに時間をおいて45分×4セットで考えてました。

最悪50分×3でWC30分でもいいと思ってました。

くそ暑かったので正直Tシャツ短パン姿で行きたかったのですが伝統と歴史あるアメリカの公認会計士試験をTシャツ短パン姿で受けるのはいかがなものかと思いましたので無駄にバシっとオフィスカジュアルな服で決めて受験してきました。



【テストレット1】



問題は比較的基本的なことばかりでした。

思ったより簡単な問題がでるんだなという印象です。

しかしそんな簡単な問題も落としてしまった感じがあります。

今回全体を通して英文が意味不明で分かりませんでした。

このテストレットは計算問題がほとんどなかったです。ITやCGの問題がメインだったと思います。

そういえばECOは今回出題されたのかわからないくらい影薄かったです。

全くECOの問題が記憶にない。本当に出題されたのだろうか。

同じ論点を少し文章を変えただけで問いてきた似たような問題もありましたのでうめぇと思いながら解きました。

慎重にやって40分程度で終了。



【テストレット2】



テストレット1と違い今度は計算問題中心。

問題難易度は変化なし。へこみました。

このテストレットはサクサクと解けて個人的には楽しかったです。

逆にいうとおそらくみんな解けるような問題なので間違えると致命傷だなあと思いました。

本当に基本的なことばかり。

英文があまりわかっていなくてもパターンで解けるので楽でした。

ただこんなの見たことも聞いたこともねぇっていう問題も数問ありました。



45分程度で終了。



【テストレット3】



文章メインの出題。

英文読解力が試されました。

問題はそこまで難しくないんですよ。

おそらく日本語だったら絶対余裕です。

問題の質がちがうというか・・今まで解いてきた問題は正解と不正解に明らかに違うものがあったのですが今回は2択までは楽に絞り込みできるものの、Aも正解、Bも正解でただどちらがより問われたことに対してbestな解答かというところで正解を選ぶのが本当に難しかった。

国語の問題みたいでその微妙なニュアンスの違いに苦労しました。

特にITにその傾向が強かったです。

ここのテストレットもそのタイプの問題が多くて半信半疑での解答になってしまいました。

わかんねー・・・と思いながら55分程度で終了。


【WC】

残り時間は50分程度。

内心この時点でこりゃダメだなと思ってましたがもしかして米国人も解けない問題だったかもしれないと思って気持ちを強く持ちました。

いよいよ・・・やってきました。

地獄の英作文問題 written communication

お題は3題。

一問目はなんかもうMA&FIN、IT,ECO,CGの知識総動員しなければかけない内容で面喰らいました。

こんな問題でるのかよと思いました。

とは言え私もただ指をくわえていただけではありません。

WCで1点でも点数がつくようこれまで特訓しました。

このWCについて僕はずっと疑問におもっていたことがあります。

聞くところによるとこのWCも基本機械での判定になるみたいで合格ラインぎりぎりの人だけは実際に人の手が入ると聞いています。○×解答ではない英作文問題を一体機械はどうやって得点をつけるのだろうか・・と。

所見ですが恐らく文章中にキーワードが入っていたら加点されるのではないかと思っておりましたので文法が的外れでもいいからとにかくキーワードを文章中に入れることを心掛けてました。

~について説明します

まず最初に~~

次に~~~

結論は~~~です。

みたいな感じで結びの句と文章構成に気を付けて書きました。

奇跡的に10行も書けて終了。


2問目はファ!?っていう問題が出ました。


これはBECの問題じゃないだろwと思いました。

全く書けませんでした・・・。個人的にダミー問題であってほしい。

結びの句とあと適当に数行書いて終了。


3問目はよくある定番問題。

1問目と同じく10行ほど書いて終了。

本当はもっと書きたかったが時間がきてしまい強制的に画面が切り替わってしまってそれに気が付かないでしばらくキーボードをたたいてました。

こうしてぼくのBEC試験は終わりました。




帰り道ショックのあまりフラフラになりながら帰路につきました。

言語の壁を感じました。こんなに高いのかと・・・。

問題はそこまで難しくなかった。解答も大体頭に思い浮かんだ。

だが言語の壁が立ちふさがった。どの解答が正しいことを言っているのか読みとれなかった。


・・・・・遠いなぁ・・・。


自分の目指すところはこんなに遠いところにあるのか・・。

そこそこ頑張れば手が届くところにあると思ってました。でも現実は違いました。

一気に距離が延びました。

自分の能力の低さが情けないです。悲しいです。

やりたいこといっぱいありました。でもそれを我慢してこの一年間がんばりました。

もしこの一年を試験勉強にあてていなかったら今どんな自分がいるだろうと思う時がふとあります。

今より幸せになっているかもしれないし、今よりダメかもしれない。わかりません。

仕事と勉強の両立はなかなか体力、気力的につらいものがありますし、みんなが遊んでいるときに勉強するのは精神的にもつらいです。

この一年間のつらかった日々が思い返されます。

そして周りの期待に応えることができない自分があまりにも情けなくて悔しくて・・・・


一体自分は何をやっているんだろうって・・・・


お酒を飲んだせいかもしれないけど涙があふれてきます(´;ω;`)






+゚(。pдq)+゚。エーン







+゚(。pдq)+゚。エーン







+゚(。pдq)+゚。エーン(某議員風)










しいちゃああああああああああああああああああああああああああああああああああん(´;ω;`)(´;ω;`)(´;ω;`(´;ω;`))









めいちゃあああああああああああああああああああああああああああああんん(´;ω;`)(´;ω;`)(´;ω;`)(´;ω;`)









てぃああちゃあああああああああああああああああああああああああああああん(´;ω;`)(´;ω;`)(´;ω;`)(´;ω;`)









りりちゃああああああああああああああああああああああああああああああああん(´;ω;`)(´;ω;`)(´;ω;`)(´;ω;`)
















































総員俺様をなぐさめろ
2014.06.30(Mon):BEC



BECの受験が近い。

全く受かる気がしないのだがこれまでにMA&FIN1989問、IT490問、ECO360問、CG299問の合計3138問解いてきた。


この中で露骨に正答率が悪いのがIT。

やはり普段馴染みが無くそんなの知らねえよっていう専門用語が出てくるのできつい。


本試験では間違いなくテキストに載ってないような用語や論点が出てくると思う。


それでも学習の過程であ~これは実務のあの事だな、とか普段の実務経験で点と点が結びつくことがあるのでなぜ会計の試験にITが入っているのか意味が分かってきたし環境としては恵まれている方なのかもしれない。


MA&FINは初め講義を聞いても全く腑に落ちず悲しくなるくらいできなかった分野だが直前にきてなぜかいきなり解けるようになった。

不安な論点は3way variance。

試験にはあまり出ないと講師は言っているがここを突っ込まれると半信半疑での回答になるので試験本番では出ないよう神に祈るしかない。


ECOは経済学部だったので最初から正答率はよかった。

需要、供給の曲線を描いてどう動くか考えるだけで半分は問題解けるんじゃないんだろうか。


CGは完全に暗記科目でやる気でないので通勤時間等の隙間時間に覚えているが後のRegulationやAuditでも被ってくる一度で三度おいしいみたいな分野なのでしっかりやりたい。


さて、CPAの勉強を始めてもうすぐ一年が経とうとしているわけだがいまさらだが勉強スタイルの見直しをしている。


勉強の成果は量×質で表せる。


今まで僕は量にばかり着目していたが最近は質のほうを重視している。

いかんせん僕ももういい年したおっさんだ。


昔レッドストーンを廃プレイしたときのような持続できる集中力はもうない。

休日は平均8時間ほど勉強しているが明らかに前半の4時間と後半の4時間の勉強の質が違う。

一年間学習を続けてきて自分が集中できる時間の限界やこれまでの勉強スタイルの欠点も分かってきた。

まずどうやら僕はぶっ続けて集中できる時間は2時間程度が限界のようだ。


ここから先は一時間に5分でもいいから休憩を挟まないと苦しい。

しかし4時間を越えてくるとそれでももう無理だ。


今まではここをダラダラと自分で課せたノルマ達成のためにがんばっていたが最近はもうここは思い切って別のことをしたほうがいいんじゃないかと思い勉強モードをいったん終わらせて2-3時間好きなことを挟んでリフレッシュするようになった。


最近だと合間にDVDを一本見ることにしているが知り合いに話したところこの見るDVDの内容も逆境から這い上がって成功していくみたいな内容のものを見た方が後の勉強のモチベーションにつながるんじゃないかと言われ一理あると思った。


確かに後味が悪い作品だったりホラー映画ならその後の勉強に影響してきそうだ。

だが見たい映画を見たいので今のところは好きなものを見ている。


これを行うことで下がりきった能率がかなり回復するので質の向上につながるのだがデメリットとしては今日はある程度やったしもういいか・・とそのままフェードアウトしてしまうことにある。


一度机から離れると再び机につくのは意志の弱い自分との戦いが始まり難しいのだ。






さ、気分転換に出会い系ゲーム、レッドストーンをやってくるか!
2014.06.14(Sat):BEC
bec.jpg

BECの進捗状況があまりよろしくない。

管理会計とITがおもったより手ごわい。

当初はライティングが必要なWCにばかり頭を抱えていたがこの科目勉強すればするほどおもっていたよりやばいことに気が付いた。

それでも少しづつ理解できているのだがMAをやってITが終わったころには既にMAのことを忘れているしMAをやればITを忘れているという有様。

無限ループに陥っている。

BECの試験分野は前にも言ったがMA&FINとITとCGとECOの4分野にWCと超広い。

はっきり言って何が出るか分からない。多くの受験生がこの科目でつまづいて挫折していったのを目の当たりにしてきた。

私にとって最難関科目である。

得点は全体の85%が上記の分野で残りの15%がWCになる。

ということは9割取ればWC白紙でも結果として合格ができるのだがとてもじゃないが9割も取れる気がしない。

よってWCも必然的にある程度点をとりにいかないといけない。

今回は本当にやってもやっても自信がつかない。



先日のことだ。

「○○さんの元では絶対に働きたくないね」

上記のようなことを同期の女の子に言われてしまいわりとへこんでしまった。

は?とりあえずしゃぶれよと思ったが話の元はこうだ。

実は4月に入ってきた新入社員の女の子を僕がOJTで教えているのだが僕のスタンスとしては基本手取り足取り教えるというよりかは放任主義。

もちろん最初のインプット段階では念入りに一から教えるがその後のアウトプットについては基本的に本人の考えに任せて本当にやばいときだけストップに入るというやり方にしている。

あーでもないこうでもないと試行錯誤して自分なりに考えて解決法を見つけていく経験をしないと力にならないしいつまでたっても仕事覚えないだろという考えからだ。

ある日彼女は遅くまで残っていたらしいのだ。

なにやら少し困っていたみたいなのは僕も分かっていたのだが本人からヘルプの声もかからないし放置して私は帰ってしまったのだがそれがどうも同期の女からは不評を買ったみたいでちゃんと助けてあげなさいよーと総スカンをくらってしまった。

だが私の言い分としては上記のような考えがあったのでそれを言ったら冒頭の言葉を言われてしまったというわけだ。

確かに僕のやっていることはただの無責任なのかもしれないがマネジメントのやり方としてはどちらが良いのか考え込んでしまった。

と同時につくづく僕には村社会農耕民族風の日系企業のカルチャーが合わないと思った。

泳げないものは沈め。

とある経営者が言った言葉だが僕にはひどく共感できた。





最近はネガティブなことばかり考えてしまう。


そんなわけで今週末は引っ越しをする。

環境を変える。

そこには大きな意味が含まれている。



気持ちを切り替えて環境も変え、新しくいろんな意味でリスタートしたい。





2014.04.13(Sun):BEC

4月2週目

久しく書いていなかった最近の勉強ですが、5:5ぐらいの割合でFAR、BECの問題演習をし週末にREGの学習を進めている状況です。

4月はいろいろとイベントもあり決算もありで大変ですがなんとかコンスタントに勉強を続けております。

金曜日は新入社員の歓迎会がありました。

そういうキャラじゃないのですが歓迎会の司会の話を振られ、こみゅ力つけるか・・と思い、安請けしてしまい司会進行をやってましたw


3科目同時に回すのは思ったよりしんどいのでなかなか大変ですがUSCPA試験は非常に良く出来た試験で、4つの試験科目は、お互いに密接に関連しあっており、FARの知識があることがBEC REGの理解を助け、その逆も然り。

同時学習は復習にもなり悪くない。

そしてNTS(受験票)の手続きでトラブル発生。

アメリカ特有のアバウトな事務手続きのせいでなかなか手元に届かずつたない英文をつくりNASBA(運営)に問い合わせしてやり取りを続けること一か月。。。

4月に入ってからなんとか届きました。

その為4月に受けるつもりだったFARは5月にBECは7月初旬に受験になりました。

FAR、今度は自信あります!


passmaster 4月7日

相変わらず6割をウロウロしていますが今までと違っているのは6割前半でなく6割後半ウロウロになり、時には7割、8割も出せるようになったことw

とにかく苦手分野をつくらない。

全部普通なら合格の試験ですのでこの成績分布が理想的ですね。

もうあんな思いはしたくない。今度こそ自分の力を出し切ろうと思います。



で、今日はFARと同時に問題演習をしているBECについて書きたいと思います。



Business Environment & Concepts(ビジネス環境及び概念、BEC)


このBECという科目、僕の中では4科目の中で最難関の科目に位置付けています。

BEC合格=USCPA試験合格とまで思ってるくらいです。

僕は受験前、USCPAに挑戦するか半年ほど検討していた時期があったのですがその理由がBECがあるからでしたw

ほかの科目は勉強すればまあなんとかなりそうな感じなんですけどこのBECに関しては勉強の効果が得られにくいというか合格のイメージが湧かないですねぇ..

テキストはFARの半分以下ぐらいしかないのに範囲が膨大で正直何が出るか分からない。

試験分野は

管理会計」
「経済学」
「ファイナンス」
「IT」
「コーポレートガバナンス


と幅広く出題されます。

この中で僕はITが苦手です。

僕はエンジニアでもないですし、自作PC作成の趣味もないですから馴染みがなくなかなか頭に入ってきません。


というかなんで会計士になるのにITの勉強するのか!と思った人もいるかと思いますが例えば監査でIT担当者が「いやこのデータは自動的に上書きされて消えるんです!」とかいって誤魔化したときに「おいおいこっちのデータベースに元データが残り続けるの知ってるんだぜ。ぐへへ」っていう監査をするためらしいですw


今時の会計資料はシステムから出てきますしね。

アメリカの試験ってわりと最近のトレンドをすぐ反映させてくるのでこのITも近年になって試験科目になった分野です。

そしてどんどん内容が新しくなるってことは早く合格しないと既存の知識は使い物にならなくなるってことですw

既に僕が学習を始めたときから現在までに試験範囲が新しくなって変更した部分もあります。

FARに至っては退職給付会計なんかは昔は一大論点として試験にはがっつり出たみたいですが今のご時世退職金とか死語だろwという世のトレンドを受けて今では基本的なしょぼい問題が少しだけ出るぐらいになってますw



で、このBECこれだけじゃないんですよ・・・・。

実はこの科目だけWritten Communicationという上記の試験分野のビジネスレター作成問題があります。

つまり英作文です



英語で文章とか無理wwwwwww




策は考えてるんですけどどうしましょうかねぇ~~・・・・




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。