上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.05.24(Sat):FAR


この前受験したFAR(二回目)の結果が発表された。








FAR





結果は・・・・・




































78点(合格)









あれだけ勉強してきて78点ギリギリ合格なのか、なんて恐ろしい試験なんだとおもったが僕の目的は合格であってハイスコアをとることではないので85でも75でも全然いい。




なんにせよ僕の努力は報われた。





頑張り続けた日々が思い返され涙があふれてきます。






(つ□`。q)≡うえ゛ぇ゛—-ん









(つ□`。q)≡うえ゛ぇ゛—-ん










(つ□`。q)≡うえ゛ぇ゛—-ん


















はなちゃああああああああああああああああああああああああああん><;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;






































俺 様 が 世 界 一 の 経 済 大 国 ア メ リ カ の 公 認 会 計 士 試 験 科 目 合 格 者 様 だ(笑)




たたえろ、あがめろ



スポンサーサイト
2014.05.10(Sat):FAR
wait.jpg


先ほど試験が終わり自宅に帰ってきた。

試験の手ごたえは今一つ。

前回の敗北から約2か月半。

それなりに自分を追い込んでやってきたが手応えがなかったところを見ると今まで間違えた努力をしていたのかもしれない。だが落ちたと判断できるほどできなかったわけでもない。

テストレット難易度は普⇒激難⇒激難(体感)と感じたがコンピューター的には普⇒普⇒普だったかもしれない(涙)

試験前夜は日ごろの睡眠不足解消のために10時間ほど寝た(笑)

試験は午後からだったが朝早く起きウォーミングアップがてらMC30問解くと正答率は80%。悪くない。

5月から試験会場は以前の横浜と茅場町がなくなり御茶ノ水のプロメトリックセンターになった。

初めて訪れたが非常にキレイでまさに時代の最先端技術が集まっているような会場だった。監視カメラ多すぎぃ!

指紋認証、金属探知機、写真撮影と厳重なセキュリティを潜り抜けいざ問題へ。


<テストレット①>


まず最初のテストレットは必ず難易度普通で始まるのだが正直難レベルかと間違うくらいひねった問題が多かった。

少なくとも前回のテストレット1とは明らかに難しい難易度だった。

しかしここは体感的に9割はできないと合格が厳しくなる。

CPA受験するからにはどれぐらい勉強されたのかちょっと力量試させてもらいますねというコンピューターのおもてなし問題である。

ここでしくったために前回はコンピューターに相手にされず適当に流されてしまったのであの時の恐怖がよみがえった。


一問目から奇を狙うような問題が出て固まり時間をロスしたものの予定の45分で終了。



<テストレット②>

一問目を見ると英文2行の簡単な問題だったので、ああ・・・終わった・・・と思ったら簡単なのは最初の数問だけで後半鬼のように難易度急上昇。

見たことない問題、意味不明な英文、息を継ぐ暇もないくらい苦しい展開だった。

なんとか2択まで絞れるものの決め手に欠ける状態が続き半信半疑で解答するような状態が続いた。

48分で終了。



<テストレット③>


こちらも最初は簡単な問題が出題され、難しいテストレットだったから仕方ないね、と思ってたら後半難しい問題連発。

信じられない話だがテストレット②で出たおそらくこれ落とすと74点に調整されて落ちるってやつの絶必論点の問題がちょっと言い方を変えただけでまた出題された。選択肢は全く同じである。

ここは迷った。

僕の考えではおそらく絶必74点問題は一度しくってももう一回救済としてまた別の問い方で聞かれると思っていた。だからこの問題を見たとき、え、もしかして間違っていたのか、コンピューターは確かめに来ているのか・・保険をかけて違う選択肢にしておこうか・・・いや・・・それとも別の関連論点問題で間違えたからコンピューターがこれまぐれ正解くさいなあもう一度聞いておこうかと確かめにきているのかと頭の中でいろいろ考えてしまった。

結局選択肢はテストレット②と同じものにしたがこれだけが本当に気がかりである。

あとは判断に迷う問題が多く暗記だけでは対応できない考えさせる問題が多かったと思う。

時間を食ったと思ったがなぜか43分で終了。


とはいえここまでまずまずの出来だ・・・と思っていた。

もうね、次のsimulationがほんと解けなくて・・・・


<SIMULATION>

ここまでタイムマネジメントは信じられないくらいうまくいってSIMに105分残せた。

余裕もあったので少し休憩しようかと思ったが10時間寝たせいか全く疲れない。

耳栓外して背伸びすると隣の席からおっさんがあぁ~~~~と風呂に浸かった時のような声が聞こえて気が滅入ったので続行w

問題を見た瞬間固まった・・・。

一問目から意味不明な異次元問題。

やばい・・何をいってるのか分からない・・・。

とりあえず飛ばして次も見るとまた異次元問題。

これも飛ばして次を見るとあ~~これは疲れるやつや・・と思ってこんな感じで飛ばし続けていたら解ける問題がなくなってしまったので(笑)仕方なく取り掛かることに。

とはいえ、正直お手上げ状態。

しかもSIMの構成が最悪だった。

リサーチ問題は1題ではなく2題も出題されしかもSIMの解答がタブをクリックしてこの中から適切なやつを選べというタイプの問題が一題もなくて全部金額入力問題だった。

なんとか埋めたものの正直半分も合っているかどうか。。

時間だけは余裕あったので頭の中からいろんな論点の知識を引きずりだして何か使えるものはないかと考えまくったがどうしようもなく終了。。。


4時間という長丁場の試験がおわった。




できたと言われればできなかった。

だが前回とは違う、僕の中には達成感があった。

これ以上現時点ではどうやっても点数はあがらないというくらい持てる力は出し切ったと思う。

その一方でこれだけ勉強してこれっぽっちしか力が出せない自分があまりにも情けなくて涙があふれ出てきた。

こんな結果でも頑張ってきた証なんだと思う、努力した結果なんだと思う。

これが僕のこれまで取り組んできた結果なんだ。


どんな結果でも事実を受け止め、前向きに消化していけるよう今の内から準備しておきたいと思う。





2014.05.06(Tue):FAR
birthday.jpg



GWが終わった。


セフレに誕生日を祝ってもらった以外はほとんど例の勉強カフェにて勉強につぎ込んだ連休だった。

会員になって2か月ほどしかたっていないがここのカフェの会員になったのは正解だった。

一番よかったことは孤独を感じないということ。

自習室にこもって黙々とやっていたこれまでの生活はほんとにつらかったが今は全く勉強が苦に感じない。

むしろ今の一日の楽しみはここで勉強をすること。

会員同士で情報交換できたりスタッフとの会話があるだけでこうも自身の心境がかわるとは思わなかった。




passmaster 5月5日




passmaster 5月6日




いつも見せているこの画面はPCの演習ソフトの結果である。


6000問近い問題数から本人が問題数を設定してあとはコンピューターがランダムで問題を選択してくれるというものだ。


大体安定してきたが各項目の正答率にはまだムラがある状態だ。


何度も言っているがこの試験は苦手論点を作らないことが大事だ。


全部普通なら合格。一論点で苦手論点をカバーするような極端な差があると落ちる。




予想より長引いたことでこのFARという科目は非常に思い入れのある科目になってしまった。


いい加減もう合格して次の科目受験に取り掛かりたい。


FAR合格者の平均勉強時間を見ると大体300-400時間ぐらいでPASSしているが僕はもう600時間近く時間を投資している。


ここまで長引いたのは自身の英語力の低さが原因だと思うがそれ以外にも自分に合った勉強法を見つけることに時間がかかったのが大きい。


僕はこれまで本当に勉強をロクにしてこなかったのでまず勉強のやり方がわからなかった。


600時間のうち半分ぐらいは1日の生活時間に勉強するということを取り入れることに四苦八苦したり自身に合った勉強法を見つけることに試行錯誤した時間だったんじゃないんだろうか。


おかげで後のBEC REGの学習は今のところ非常に効率よくやれていると思う。


記憶力も明らかにあがった。


脳は使わないと退化するというのは本当だと思う。


明らかに学習当初から比べ一度見たものが記憶に残り続ける時間が長くなった。


その為ここを突破すれば後の科目合格までの勉強時間も大幅に短縮できると思っている。


周りの環境が僕の勉強結果を待ってくれなくなってきた。



一刻も早く結果を出さなければならない。




賽は投げられた。



2014.05.04(Sun):FAR
present.jpg


FAR2度目の試験が近づいております。

このGWの過ごし方で合否が決まるといっても過言ではありません。

前回の結果は本当に本当に悔しかったです。実務に直結する科目で不合格になったのが本当に悔しくて自分はこの分野は向いてないんじゃないかと思って諦めそうになりました。

でもここで諦めたら自分の今後の生き方に影響するし、同じ人間ができていることが俺様にできないはずがないと思ってがんばってきました。

最初はPCの操作面とか難易度変化に動揺して本来の力が出せなかったと思っていましたがあれからいろいろ考えてみると落ちるべくして落ちたなと今では思っています。

反省点としてはインプット重視の学習をしていたため知識はあるけどそれを活かす力が足りていない、アウトプット不足を感じました。



あれから約2ヶ月・・・




before May exam



いかに3教科同時学習といえどもFARだけでMCは2318問Simは112題解きました。

問題をときまくりました。

なんでこういう解き方をするのか多少納得できないところもゴリ押しでこういうもんなんだと割り切って解法を覚えました。

これだけやって落ちるはずがないだろうというところまでやってみました(ハードルを上げる)

もはや新鮮味がなくなってきたので試験にめったに出ないような高級論点まで自然と覚えてしまいました。

これでダメだったら僕は完全に間違った努力をしていることになるので自分に合った勉強法をみつけるところからスタートです。




passmaster 4月27日


それなりに伸びてきましたが不安なのが会計士として絶対に落としてはならない簡単論点を落とすと他がどんなにできていても74点とかに調整されて落ちてしまうマインスイーパー的な要素があるのでケアレスミスが本当に怖いですね。



いろんな意味でFARに関しては今回がラストチャンスだと思ってます。

周りの環境が僕の勉強を妨げてきて、落ち着いて勉強ができなくなるかもしれません。

わからん。ほんとどうなるかわからん。

だからこそ勉強できている今の時間が本当に貴重だと思っているのでなんとしてもこれまで取り組んできた結果を形に残したいです。

前回受験前は本当に自分に自信がなかったのですが今回は積み重ねてきた問題演習量のおかげで自分の中である程度勝負できる自信があります。




受かる気しかしない!!!





えーん><;;;;;めいちゃああああん><;;;;



















































合併しても僕のこと忘れないでね(´;д;`)
2014.03.21(Fri):FAR


こ の ま ま 終 わ っ て た ま る か よ



お久し振りです。

ブログを書く時間を捻出することが困難だったので久々の更新です。

ネタはたまりまくってるので、書き溜めして分けて更新しようと思います。

今回はスコアレポート編



さて、前回の不合格はショックでした。


もうね、何が一番ショックかっていうと僕の勉強時間半分しか勉強していないのに受かっている人がいて自分の能力の低さを実感したことですね。

USCPAを目指す方の多くはネイティブか英語能力が高い人なので自分のような英語能力が低い方は、すでにスタート時点でハンデがあり時間も人一倍かかるだろうとは思っていたがまさかここまでとは・・・。

短期合格された方と自分を比較すると自分が情けなくて涙が出てきます。


で、不合格になるとありがたいことに運営からスコアレポートとかいうのが来て、あんたここできなかったから次はちゃんとこの辺勉強して受けてきてね、と教えてくれます。

でこの前の試験の結果の詳細がこれ↓


FAR report2



Weakerの嵐!

ほかの科目は知らないがこのFARに至ってはWeakerが一個でもあると落ちます。

全部普通以上なら合格。

言い方を変えると一個weakerでほか全部strongerでもダメ。

たぶんそういう方は本当は75点以上の点数が出ているんでしょうけどコンピューターに調整されて74とか73とかで落ちているはず。

73.4で不合格の方が多い理由はこれです。

一個ダメな論点があるとほかができていてもダメっていうマインスイーパー的な怖さがあるのがこの試験の特徴の一つだと思います。


さて、自分のレポートですが上2つのweakerはいいとして(よくないが)非営利会計のweakerはやばいですねw

ほぼ100%出るところなのでここをやらずに次受けても落ちますね。



あれから一日100問問題を解くようにしています。

正直試験を受ける前まではUSCPA試験は問題集を何回転したとか何題解いたとかあんまり意味ないと思ってました。論点を正しく覚えていることが重要だと思っていたがやはり問題を解きまくって解答パターンを積み上げていくことが今の自分に足りないと思いました。


以前はほとんど紙ベースで勉強していたがPC演習のほうが本番に近く、いろんな意味で圧倒的に効率がいいことに気が付き最近はPCベースで学習しています。

とはいえ、正答率はあいかわらず6割の壁を超えることができずに伸び悩んでいます。








passmaster3月19日





完全に停滞期です。

なんどやっても7割にいきません。

ここを超えたら大きく伸びると思うんですがねー・・・。



さて、実はあれから僕は少し新しいことを導入しました。

不合格になったとき、真っ先に頭に思ったのがまたあの孤独な日々を過ごすのか、つらすぎる、という気持ちでした。

合格していればあの日々もこれから耐えれたんでしょうが結果が出なかった上にあの日々がこれからも続くことに僕はとても耐えられそうにありませんでした。

勉強時間の捻出が人間関係を犠牲にしてしまう。


なにか勉強していることがプラスにならないのか・・・そこで取り入れたのが次の一手です。




次回は次の一手編。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。