上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.05.19(Tue):日商簿記1級

redstone13.jpg


部外者だが人数間違いで晒しは聞いたことがなかったのでワロタ。





お疲れ様です。

先週は先週で仕事は月次の締めで忙しかったので簿記1級はまーだインプット終わらず・・・。

と言ってももう完全にデッドラインを超えているので強引にアウトプットに移った。

残りのインプットやっていないとこ見たが設備の投資決定、ABCの論点とかBECでやったようなとこなので後はやりながら覚えていくことにする。

しかし現実のところもはや合格は厳しい。

税理士資格保持者の僕の上司に今の状況を伝えたが、「働いていないならまだしも残り一ヶ月その状況で仕事しながら合格は厳しいだろ・・・・常識的に考えて・・・」と言われてしまった。

先週末は一般にも開放している大手資格予備校の直前試験予想回に出席した。

意外とおっさんが多かった。やっぱり難しくて高齢浪人多発なのだろうかと思ってしまった。

今回は商簿は連結会計が大本命。工簿は標準原価計算とのこと。

で、予想問題見てみたが・・・やばい全く解けない(笑)

問題見ても何をしていいかわからない。

解答見てもなんでこういう仕訳になるのかわからない。

連結の内部利益の相殺仕訳がUSCPAの時から苦手で・・。

税効果考慮し、非支配持分の増減がイマイチ腑に落ちない。

絶望的な気分になってきました。

あと問題解きながら「このIT化の時代、これは実務ではソフトでやるのに果たして手計算する必要があるのだろうか」とふと思う場面もあり、日本の時代遅れな問題に嫌悪感を抱くこともあり、自分のやっている努力は間違った努力じゃないかとか疑ってしまうこともあった。

やはりちょっとこの状態でスケジュール的に今度の試験は無理なのかなあと思い始めてきた。

今回はあきらめるか、それとも本気で獲りに行くか、迷うとこだ。

本気でいくならこれからの生活睡眠時間を削って相当ハードなつらい生活を送らねばならない。

僕の本心としてはこれはサクっとクリアして早くUSCPAの勉強に戻りたかった。

過去一年間それなりに勉強して思ったのはUSCPA試験に一番必要なのは会計の知識ではなく英語力であるということだ。

だからたとえ遠回りでも一旦自分の英語力をきちんと問題を正しく読み取れるくらいまで高めてからリベンジしようと思った。

とは言えこれまでUSCPAの試験勉強で学んだことを無駄にしたくなかったところから一つ形に残したいと思い簿記一級を勉強した。

通過点に過ぎなかった。

ここでこれに膨大な時間を費やすんだったらもう本分の試験勉強に戻ったほうがいいのかもしれない。

しかしそうするとあれやこれやとつまみ食いしては投げ出している自分が許せなくて。

ん~~~なんか自分でもどうしたいか分からなくなってきた。




仕事では大規模な組織変更があり、僕の業務はコテコテの型にはまった経理というよりかは会計の知識を使った経営管理のサポートっぽい仕事+経理業務になりそうだ。

なんか請求書発行したり日々の仕訳きったりみたいな普通の経理の仕事は人件費の安い地方の事務処理集約センターみたいなところに移管していくようだ。

定型業務をこなす量産型経理は日本にたくさんいるのでまあこういうほうが自分のキャリアを考えたうえでもいい。

特に不満はないがなんか自分の専門性がほしいと最近は強く思う。

ババアの小言も相変わらず一言多くてストレスたまるが最近はなんか人の物体したものが言ってるわと思って頭に残らないようにすることにした(笑)


スポンサーサイト
2015.04.26(Sun):日商簿記1級

お疲れ様です。

相変わらず忙しいですねぇ。

先週はなんとか平和に仕事ができました(笑)

今週はババアのタゲが僕の上司になったみたいなので絡みなしでした。

このまま近距離戦は上司にタゲとってもらって僕は遠距離からチクチクいきたいですね(笑)

1430029041334.jpg


現在勉強中の日商簿記1級ですが進捗状況が非常にまずいです。

怠けすぎた。仕事と勉強の両立は意志を強く持たないと自分に負けてしまいますねぇ。

僕は資格試験において合格レベルに達する目安として勉強時間を物差しにしているのですが日商簿記1級はネットとかで調べてみると通常初学者が取り掛かって合格に必要な勉強時間は600時間で且つ独学は厳しいとのこと。

しかし僕はこう見えてもアメリカの公認会計士のFAR(財務会計)試験合格者(笑)なので既存知識があることから300-400時間でいけるだろうと思ってました。

実際やってみると日本の会計は驚くほどアメリカの会計とほとんど同じです。

まあアメリカから輸入してきたのを日本式に変えただけなので。。。

ただ問題の出し方が違うのでそこは慣れていかないといけないところです。

連結会計の問題なんかは当時FAR担当講師が「えー連結はアップストリームとかダウンストリームとかいろいろあってハマるとおもしろいんですけど・・・・USでは出ませんから!!!。社会人は時間がないのですから費用対効果を考え程々にしておきましょう」
みたいなことを言ってましたが日本はこれ一大論点として出るような感じですねぇ。

実際にUSCPAでは連結より持分法のほうがよく出て連結会計についてはあまりわかってなかったんですけど簿記の勉強でやっとあの時学んたことが腹に落ちた感じです。

で、一級やってみて結構難しいんですよ。問題設定が細かいし、計算メインだし苦戦しています。

しかもこんなん実務で使った事ねーよっていう学問としての会計処理みたいなのもあって完全に初見のやつもありました。

やばい。間に合わない・・・。

とはいえ、昔みたいに追い込みでやるのは心身共にしんどいのであくまでマイペースで進めていくつもりだったですけどこの前上司とランチにいって「休日なにしてんの?」って話から簿記受験のことがばれましてね、絶対結果きいてくるやん?

今回ダメだったら次で~という緩い考えだったのに追い込まれてしまいました。

最近の勉強はこんな感じです。

1430029089308.jpg


これじゃあダメですよね。

全盛期の半分ぐらいですが仕事が本当にハードになって平日は1.5時間できれば御の自。
休日はプライベートも充実させたいので午前中は勉強。午後はプライベートに勤しむ。こんな生活になっています。

インプットはようやく4/6が終わり5/6スタート。

GWで追い込んでインプットを終わらせ残り一ヶ月でアウトプットに入ろうと思います。

いけるかなぁ・・・。




仕事なんですけど、相変わらず人間関係でストレスたまりますねぇ・・・。

上司と合わない。俺と同じ血液型とは思えんわ。

もうね、僕の上司は一つの事象を説明するのに10個くらいエビデンスを用意していかないと首を縦にふらないんですよ。

経理の人だから几帳面っていやまあ納得する部分もあるんだけどもう、本当にめんどくさい。

ささいな質問もこれじゃあ聞きに行けないですよ。そうすると自然と報告することも少なくなって今度は報告がないと怒られ、かといって報告にいけば普通の人の2倍くらい周到に準備して用意していかないといけないし。。

この前は水道光熱費の支払のチェックで会計ソフトの残高見ていたんですけど、普通だと費用とかで未払金計上したものは支払いが終わると0になるやん?

でもなんか1円残高残ってたんですよ。まあこれは消費税差異とかでよくあることなので消費税かな?とか思って調べてみるとその前の月もさらに前の月も1円ずれててずーとさかのぼっていくとなんと1年前のとある月に1円ずれて、それがずーと今日まで残っていることが分かったんですよ。

まあ普通の会社の経理だと毎月残高チェックしてこういう風にずっと昔のがそのまま残ることってないんでしょうけどうちの会社は急成長のベンチャー会社だったので会社の成長に経理体制が追い付いていなくて昔の経理の人がやった経理処理には結構間違いあって今暇さえあれば修正してるんですよね。

しかも当時の経理の人全員退職してだれもいないので(笑)なんでこういう処理をしたのか何がこの時あったのか分からないのでなおさら時間かかります。

それで今回は足し算間違いで1円請求書より過剰計上してたので修正仕訳を切って上司に承認をもらいに行こうと思ったんですがもうはっきりいって原因特定する時間よりこのエビデンスを用意するのに数倍時間かかりましたよ。

うちの上司の性格からいってたぶん、水道光熱費1円過剰計上ね!だけじゃ済まなくて電気?ガス?水道?本社の分?子会社の分?このあたりまで聞かれるはずなのでもう資料用意してて悲しくなりました。

もうほんとめんどくさい。


この前ふとトイレで鏡を見たら白髪が生えているのを発見してしまいました。

昔から1-2本はあったんですけどやばいくらいめっちゃ増えてたんですwwww

絶対この会社入って増えました。ストレスのせいだと思います。

本当に白髪染め買ってこようか検討してしまいました。




まだ若いのに・・・(´;ω;`)





えーん(´;ω;`)




えーん(´;ω;`)





えーん(´;ω;`)





















みいいいいいおおおおおおおなあああああああああさまあああああああああああああああああああ><;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;


































うるさーい(幻聴)
2014.12.28(Sun):日商簿記1級

stamp13.jpg



部屋の大掃除も終わり、新年を気持ちよく迎える準備ができた。

今週で仕事納めの人が多いと思うが私は29日まで。

ただ仕事は午前中で終わり、その後大掃除と会社で忘年会をやるらしい。

毎年何百万も使って会場を貸し切って全社員集合して派手にやるのが恒例みたいなので楽しみにしている。

先日のことだ。

僕がランチタイムにカフェに入ったところ偶然にも同じ部署で連結部分を担当している女性社員を発見した。

仕事では席も遠く別チームなのでまだ話したことはなく軽く会釈する程度の仲なので声をかけることはしなかったが、見るとなにやら机で書き物をしているのだ。

衝撃を受けた。大人しくて何考えてるかわからんって感じだったのに。

ひょっとしたら勉強していたのかもしれない。いやたぶんそうだろう。

みんな見えないところでやっぱり努力してるんだなあと思いつつ焦りを感じた。

最近の勉強のほうだが来年6月受験予定の日商簿記1級を勉強している。

内容としてはUSCPAのFAR,BECとかぶっているので復習に近い。

巷では独学は厳しいと言われてるがUSCPAの勉強で得た既存知識で対応できているので独学でも十分いけると確信している。

ただ進捗状況は悪い。

平日は怠けて全く勉強せず、土日に3時間ずつやっているようなスローペースなのでまだインプットが2/6ぐらいしか終わってない。

いかんいかんと思いつついまいち本腰にならなかったがこの彼女の隠れた努力をみて火が付いた。

目安としては3月初旬までにインプットは終わらしてその後はアウトプットで過去問演習に入らないと厳しい。

日本の会計試験はUSCPAと違い、計算がメインでしかも細かい。

範囲も広いのであまり個別論点に深くのめりこみすぎずFARの学習と同じように全体を広く浅くまずは終わらせて塗り重ねていくような感じでいきたい。


bec.jpg


今日は原価計算の製造間接費会計のところをやった。

BECで苦手だった3 way variance の論点になるわけだがあのシュラッター図が相変わらず分かりにくくてつらい。

原価計算は個人的に好きな論点なので得点源にしたいのだがここの部分さえなんとかできたらなあ。




話は変わるが転職して初めてのお給料が出た。いうなれば初任給。

明細を見ると不思議なことになぜか1.5か月分出ている。

今の会社は月末締め翌25日払い。

僕は11月中旬に入社したので半月分のお給料を11月末に締めて12月25日に支払と考えていたのだがなぜ1.5ヵ月か分からない。

年末調整の時期だから年末調整をするためには年間の所得を確定させないといけない。

だから12月分を先払い?あれそうすると1月給料なし?みたいに計算が合わなくなってよく分からんのだが想定以上の収入になってラッキーだった。


先日はクリスマスとかいうイベントがあったみたいでカップルとかいないものには辛い日でしたがクリスマスを過ごしてみてなんかそういう恋人とのキャッキャッ♪みたいなのってまだ僕にはいいやと改めて思いました。

だって人の事を思いやるにはある程度自分が満たされていないとできないと思いません?

こうやって自分のことでさえ試行錯誤している自分が他人を思いやるなんて余裕がないですよ。

今はまず自分というものを確立すること。

だから今はセフレでいいよもう。うん、ギブ&テイクな関係で(ゲス顔)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。