上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.12.03(Thu):仕事


広告出ちゃった><りりちゃん><;;;

ということで更新します。



いや~仕事のほうはもう残業、残業、残業ですねー。

とはいえ、なにかこう大きな仕事をしているわけでもなく今までの業務の精度を時間をかけてあげてるような状態。

とにかく前回書いたように僕はもうこの一年経理職の首をかけて仕事に取り組む予定だ。

いますぐもうやーめたっていうのもいいんですけどさすがに未練があるのでどんなつまらない仕事でも自分の中のありったけの全力を出してこれだけやってダメならもうこれは経理の適正がないということで諦めつくわと、それぐらい本気でこの1年は経理業務に向き合っていくつもりだ。あきらめがつくようにw

11月は残業50時間ぐらいでしょうか。

さすがに疲れました。

僕のお給料にはみなし残業代というあらかじめ多少の残業代が含まれている。

みなしより実績が超えた場合はその分は支給されるのでサービス残業にはならないのだが今まで超過したことはなかったのでさすがに今回は越えたと思うw

仕事は今まで派遣のおばさんやベテランの女性がやっていた社内の経費精算のほうを業務の共有化ということで今月は主業務に加え、私がやっている。

意外と経費精算とか経理の初歩的な業務なのだが前職でもおばさんがやっていたし自分はやったことがなかったので前向きに取り組んでいる。いかんせん現職は企業規模が大きく社員の数がかなり多いので経費精算といえど大幅に時間をとられてなかなか本来の主業務にて普段とおなじクオリティを出すには時間をかけざるを得ない状況だ。自分一人で300人ぐらい見てるんじゃないだろうか。

やっていてふと思ったのがやっぱり営業さんとか現場の人は提出が遅れたり、もしくは不備があって再提出を求めたりと漏れがあるのだがその中でも役職が高い人や仕事で活躍してる人とかは不思議なことにこの辺きっちり漏れがない。

やっぱりこういうとこで普段の仕事への取り組み方が出るんだなあ~と思いました。

まあ、先が見えないけど一日一日与えられた仕事を全力で頑張りますよ。




ところで話変わるんですけどね、最近彼女できたんですよ。しいちゃん。

もうね、すごく好きなタイプで相手は元セシルマクビーの109ショップ店員。

歳は自分と同じで共通点も多かったしすごく一緒にいて楽しかった。

この10年で一番好きになった人間じゃなかろうかと思うぐらい想いが強かったのですが、なんと3週間でスピード破局しちゃったんですよw

もう信じらんないよ、しいちゃん。



最後の週末とかね、初めてウチに誘ってお泊りしたんですよ。


で、初夜を迎え、夜に一回、朝寝起きに一回セックスして布団の中でヌクヌク裸で抱き合ってラブラブな時間を過ごしたのにその二日後に「○○君のこと知れば知るほどなんか違うなって思ってきちゃって・・・別れましょ」だって。



はあああああああああああああああああああああああああ????????????????



なんなんすかねこれしいちゃん。

いやでもね、分からんでもないよ。会って2回目で俺様が告白して付き合うことになったからね、お互い知らないことは今後付き合っていくうちに知っていきましょうみたいな付き合い方したからね、まあなんか違うなって思ってきちゃうのは分かるよ。元々大してお互い知らない状態で付き合ったんだから。


でもさ、そんな気持ち持ってたんならなんでセックスしたのよっていう話よ。


え~~ん><;;;;やり逃げされちゃったよてぃあちゃん><;;;;;;;;;;;;;


ひどいわ!よくも私の身体をもてあそんだわね!!

これだから女ってやつは!!


すごいショックでしたけどまあエッチまで発展したからええわというポジティブゲスな考えでなんとか切り替えできたよ。

どちらかというクリスマス前に別れたことがショックだよ。

完全に油断してたわー温泉旅行でも行こうかと思ってたわー。

どうしよどうしよって思ってたんですけどまあ今週出会った人と次にご飯いって告白すればまだ間に合うなということに気づいたので(笑)頑張りますね☆ミ


クリスマスのためにがんばっててこれもうわかんねえな~~~



スポンサーサイト
2015.11.03(Tue):仕事

仕事のことだがここ最近の動きを書いてみようと思う。

相変わらず忙しいが少しづつ仕事の幅も増え、監査法人の対応や開示資料のチェック等やらせてもらえるようになった。

経理トークになってしまうが残高確認書という取引先との勘定残高を確認する経理書類がありこれを監査法人に提出するのだか僕の前職で勤めていた会社は非上場だったので監査がそもそもなく残確とかめんどくせーと思いながら金額だけ記載し差異の内訳とか書かず返送していた。

あの頃の自分がいかにいいかげんな対応だったか今回理解できた。

いざ、これを受け取る側になってみると相手からの内訳明細がないと本当に苦労する。

当然公開会社である以上前職とは違い、出して終わりではなく、監査法人から差異が出てるので理由を説明しなければならないのだが差異の分析をするのにめちゃくちゃ時間がかかった。

前職の対応と現職の業務が結びついたようで視野が広がり理解につながった。

USCPAのauditの勉強で少し覚えがあるが監査法人の人とも仲良くなり、この監査業務の意味等おしえてもらった。

簡単に言えば向こうがピックアップした残確の取引先会社でこれだけ差異が出ているから結果として全体ではこれぐらい差異が出ているだろうという評価につながる。その差異の割合が大きいと問題があるということでなるべく差異の原因を追究して差異を縮小させていって会社の評価に問題がないようにするのが自分の業務の役割だったと思う。




この1週間いろいろと悩みぬいた。

僕の評価について上司から簡単に説明があった。

「イマイチ」らしい。

作業ベースの業務が多くそこから応用して仕事になっていない、頭をつかっていないという厳しいものだった。

ショックだった。

自分の中ではそこそこ頑張っていたつもりだったのでそういう風にしか見えてなかったことがショックでたまらなかった。

その時は憤慨してもう経理という職種に見切りをつけ、新しいフィールドでやっていこうとその時は思ったのだがやはりこのまま撤退するのは未練もあるし悔しくてたまらない。

どうしようかな~なんて悩んでいたところ、ふと周りの同じ経理メンバーを見てみると、あれ・・なんかやばいぞと思い始めてきた。

僕より若い女性の経理の人がいるのだが転職した当時は比較的簡単な業務をやっていた彼女が今やはっきりいって彼女のほうがやっている仕事の質や経験が自分より高い。

そして最近会社のグローバル化に伴い、経理に外国人の新卒が入ってきた。

彼女は当然経理知識はないものの三カ国語の言語が話せ、新興国の子会社のガバガバな経理立て直しに一躍抜擢された。

周りを見渡して自分の立ち位置が今更ながら低いところにあることに気が付いた。

このままではやばい。

焦り始めた。

自分の中でこれまでの仕事への取組みを反省し、来年1年間本気で経理業務に取り組んでみようと思った。

これだけ本気でやって結果が出なかったなら向いてないから諦められるわと思えるぐらい頑張ってみる。

というわけでクビをかけて来年1年間はやってみる。

というかそういうふうにもう上司に行ったので結果が出なかったら経理から離れるしそうすると自分を採用した意味がなくなるので会社にいなくなるとおもうw


2015.09.07(Mon):仕事

先週の休日は新作メタルギアソリッドを引きこもってやりたかったので女性との面接(笑)は翌週にまわした。

やっぱ・・・・小島くんの・・・・メタルギアは・・・・最高やな!

最近は女の尻ばかり追いかけているような気がするので(笑)仕事のことについて書いてみようと思う。

あれから大きい変化があった。

管理部門で退職・休職(鬱病)が相次ぎ、誰もやる人がいなくなったので数値系、経営分析系の業務を僕のほうで引き継ぐことになった。

元々は主務でやる業務なので経理と兼任しながらはかなりきつい。

だが、経理の延長線上にある仕事なので応用は効いている。

毎日の残業は当たり前になった。

内容は取締役会で使う経営資料の作成だったり全社的に開示する数字系の資料づくり。

これらの資料をつくるためにはあらゆる部門から上がってくる数字を集計・分析し、グラフ化、表を加工する。

上級レベルのExcel・パワポ技術を使うので普通だったら扱いに長けている者がアサインされるべきなのだが長時間労働のかなりのブラック業務(笑)により家庭持ちはパス、余裕のありそうな若手ということでたいしてExcel技術のない自分がアサインされた。

この業務に就いた人がどんどんやめていくので正直こわい。

もちろんいきなりではなく事前にCFOから打診されたのだがきっとこの業務をマスターしたらどこの会社に行っても通用するようなスキル、技能が身につくと思って快諾した。

なりたい自分になるために。

僕はあえて修羅場をいく。


2015.08.05(Wed):仕事

ノー残業デーだったので定時で帰ったのよ。

それでエレベーター前でね、結構タイプな感じの派遣の女の子と一緒にエレベータ来るの待ってて軽く話してたの。

「(部屋を)追い出されたんですか?(笑)」

俺「い、、いや自発的っす(ノー残業デーなので)」

エレベーターに乗り込み降りていくと途中の階で止まって、扉が閉まりそうな時くらいに同じ職場の人が1人駆け込んできて躊躇してたから

女「あ、乗りますか~?」

って扉開けてあげて

「今日はノー残業デーだからいつもだとこの辺でたくさん待っているんですけど今日は少ないですねぇ~」

って話してたんだけど俺てっきり入ってきた人がこの子のなんか顔見知りかなんかでその人に話しかけているんだと思って2言、3言話してたこと全部フルシカトしちゃった。エーン。

いやね、しょうもないことなんだけどこういうのがね~命とりなんだよな~~~~

絶対無視されたと思っているか、コミュニケーションとりにくい人だな~って思われたわ~

かわいい子なのに~~~もう~~へこむわ~~~りりちゃん☆彡







月初ということで大量の請求書が経理に届く頃なんですが今日ちょっと届いた請求書確認していたら見慣れない新しい取引先の請求書が来てたから、お、なんだろうと思って会社のHP見てたんですよ。

大抵会社のHPには経営陣の経歴を紹介するページがあるんですがそこの会社のCFOは米国公認会計士(USCPA)の資格を持っていました。

未練タラタラ。

せっかく苦労して受験資格を手に入れたのでリベンジをしたいところだが・・・。

最大のネックは受験料。

僕が受験したころは1ドル100円前後でしたが今は125円。

それだけのお金をかける価値があるのか、まだ答えが出てこない。








最近のランチ事情

1438774054018.jpg


ここは某居酒屋なんですが昼間だけランチ営業やってて珍しく15:00と遅くまでランチ営業やっているので愛用しています。

ランチの時間に行くとめっちゃっこむのが嫌なので僕は14:00ぐらいにいつも昼休憩とってるんですがそのころには大抵のお店がランチ営業終わっていますからねぇ。


中央の徳利みたいなのにだし汁が入っていてそれをご飯にかけてサラサラっと食べれました。

夏はさっぱりしたものが食べたくなります☆

2015.06.29(Mon):仕事
1435570152565.jpg



お疲れ様です。

仕事はまたハードな月末月初の業務を迎える。やることは先月と変わらない。

思考停止、PCの前にいるペッパー君、それが今の僕だ。

おまけに年齢層の高い管理部門の中では若手ということで退職した人のどうでもいい雑務ばかりアサインされる。

悶々とした気分が続く毎日だが、来月にある自分の意見を言える場がくるまではなんでも素直に言うことを聞くハイハイマンに今は徹しようと思う。

石の上にも3年とか、我慢していればいつかいいことあるよとか、老害が好きそうな古き良き日本的な考え方はこの変化の早い業界、ベンチャー会社には機会損失の原因にしかならんことがわかった。

待っていたら世の中、会社変わってしまう。

もう遠慮はしない。

どんどん意見を言って何が自分に足りないのか、早くアサインしろと待つのではなく攻めることにする。

だがそんな悶々とした毎日でも最近ちょっと成長を感じた出来事があったのでここに記したい。


これはうちだけではないと思うが近年監査法人の監査報酬が引き下げの傾向になっているため、今までは監査法人が行っていたところを今度からは経理側でやってくださいねーという部分が増えている。

例えばうちだと増減分析表というものを監査法人が作っていたが今は経理で毎月作ってそれを監査法人に提出している。

増減分析表というのは過去と現在を比べて売上や費用とかがどのくらい変化したか超細かく分類別に記載されている表である。

それを見てここをこうしたほうがいいとかあーだこーだ監査法人側で分析をする管理会計資料なのだがはっきりいってうちみたいな変化の早い業界で過去と比べてもあんま意味ないと個人的には思っている(笑)

それでこの増減分析表、中身を見るとピポットとかVLOOKやマクロといっためんどくさそうなエクセルの関数式がいろいろ使われている。初めて見た僕にはエクセルの総合問題のように見えた。

これを今まで年配のベテラン経理ウーマンが作っていたのだが業務の共有化をやろうということで上司からできるようになっとけよというミッションが僕に与えられたのである。

それで業務の空き時間とかにちょくちょくやっていたのだが僕の前職で勤めていた会社は非上場の中小メーカーでエクセルはSUMぐらいしか使いませんみたいな感じだったので全然関数式が分からないし、作れない。

人生で初めてエクセルの数字見すぎて具合悪くなるぐらい(笑)最初は本当にきつくて、自分でようやく作れたもののなぜかエラーになってうまく反映されずあーでもないこーでもないと試行錯誤の日々だった。

ネットとかで関数の意味とか作り方とか調べ、過去の資料と見比べながら少しづつ作り上げていった

そして苦労の末、なんとか今では自分で表を作れるようになった。

ある程度エクセルをモノにした感じがあったのである日、自分のやっていた業務にアウトプットの結果がしょぼいわりには時間をかなり浪費するようなすごくめんどくさいやつがあって試しに増減分析表づくりで培ったエクセルの関数を導入してみた。

自分で式作ってうまく反映するような表を作ってみた。







めっちゃ作業楽になったよ




自分で手を動かして今まで数字入れていたのがバカみたいだったよ

その時ちょっと自分の成長を感じたよ。

これって成長じゃない?

嬉しかったです(小並感)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。