上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.06.07(Sun):リアル
6-5.jpg



いつぞやの出会い系サイト、全く使っていなくてもメールだけは定期的にくるものなんですがその中身は業者だったり変なサイトに誘導メールだったりと基本的にうさんくさい内容であるということはもはや世の中の常識に近いものがあると思います。

まあこの手のメールは内容にいくつか共通点があるので文面を見ればある程度わかりますし、そもそも何もしていないのに勝手に女性からメールがくるって時点でちょっと怪しいじゃないですか。


で、ある時暇つぶしに未読のメールをまとめ読みしてたんですが、「ん!?」って思うようなメールが一つありましてね、これわかんねぇなと思ったので一回返信してみるとなーんか反応が素人っぽいんですよ。


(あれ・・・・これはひょっとして・・・・)


そう思った僕はまたも受信したメールに返信を続けました。

そう、実はメール相手の方、業者でも援デリの誘いでもなく本当に一般の方でした。

何にもしていないのにプロフィール検索で向こうからメール来るなんて・・・・

いや~~~~こういうことってあるんですねぇ~~~~~~^^~~~~~~てぃあちゃん♪(唐突なフリ)


疑惑が確信に変わった僕はその後、手慣れた手つきで(笑)食事にお誘いし、いよいよお会いすることになりました。


相手の方は28歳の貿易関連の事務をしているOL。


希望を聞くと中華が食べたいとの事。

中華か・・あまり俺は好きじゃないなと思ったが(笑)歩くぐるなびと言われたこの俺様が、中華のお店の一軒や二軒知らないと思っているんですか、てぃあちゃん♪

ちゃんと予約して夜景の見える窓際のお席を確保しました。

ちょっと迷ったんですけど勝手にコース料理にしました。

コース料理って相手の食べたいものがない場合があるので普通に単品で頼んでもらうのがいいと思うんですけど彼女が指定した待ち合わせ場所の中華のお店がですね、基本的に全部値段が高いw

値段気にしながら選びたくないなあと思ったのでお会計の決まっているコースにしました。

迷ったんですけどねー最終的に食べ物でガタガタ言う女だったらもうええわと割り切ったので(笑)。

んで、待ち合わせ当日。

いやーこの待っているときがネットでの出会いの醍醐味というか一番ドキドキワクワクしますね~~~~~^^~~~~~

時間になり無事に合流。

「こんばんは♪」


ほう・・・・これは・・・・・・

(身長160cm前後、体重40kg台、胸はCカップとみた・・・・まあまあやな(上から目線))

足のつま先から髪の毛の毛根まで舐めるようにチェックした後予約のお店へ・・・。

僕もだけど相手の方もやや緊張してる様子でしたねぇ。

さて、何話そうか。

まず、めっちゃ当たり前のことなんですけど、男女の出会いの場においてコミュニケーションの大半はQ&A方式で行われるわけです。

質問→回答→質問→回答。これの繰り返し。

まずは

「どんな人がタイプ?好きな芸能人は?」

聞かれますよね。

必ず聞かれますよね?りりちゃん♪(唐突なフリその2)

なんて答えましょう?

まさか「Jsoulなんとか3代目の○○とか」「ジャニーズ○○君!」って言っていませんか?

多くの男性はEXILE系とジャニーズの名前が出るたびにこう考えます。




「そっち系の人間か」
と。


このときばかりはEXILE系とジャニーズは封印しましょう。

なぜなら、多くの男性は彼らのように歌ったり踊ったりできないからです。



速水もこみち、福山雅治、玉木宏の名前を出していませんか?しいちゃん♪(唐突なフリその3)

まさかオーランド・ブルーム、ジョニー・デップの名前を出していませんか?

男性はこう思います。



「ハードル高ぇよ」と。



高いんです。ビジュアル面でのハードルが。飛べる気がしないのです。

男女との出会いの場で大切なのは自分をよく見せることではなく自分のハードルをさげることです。

がんばればあなたの理想像に手が届くんじゃないか

そう思わせることが重要なのです。


まあ僕は同じことを聞かれたら

堀北真希」って答えてますけどね(蹴


当たり前だよなぁ~?


でまあお互いの趣味とか、仕事のこととかー数時間いろいろ話してそれなりに打ち解けたんじゃないかなと思います。


キレイな方でしたけどねーただちょっと違うかな・・・って思ったので今後のアプローチは今のとこ特に予定なしw


なかなか自分のハードルはそう簡単に下げれるものじゃないね、しいちゃん♪

スポンサーサイト
2015.03.22(Sun):リアル


レッドストーン公式オフ会


それは選ばれたものが入ることを許される男と女の出会いの社交場。

インターネットで知り合ったメンバーが、実際に会うことを指すオフ会。

男女間にて積極的な異性へのトークバトルが始まる一方、その舞台裏でもう一つのオフ会があったことを彼らはまだ知らない。



いやね、僕どうしても納得できなかったんですよ。

前回出会い系サイト使ってみたけど昔よりうまくいかなくて撤退すること書いたじゃないですか。

その日ツイッターで公式オフ会の楽しそうな諸君のつぶやきを見てて、くぅ~~~うらやましい><;;;;;とか思いながらハンカチを噛みしめていました。

本当に撤退するつもりだったんだけど心のどこかでこのままおめおめと何の収穫もなしに引き下がるのが自分の中で納得できなくて・・・


この


この


数多くの冒険に赴き成功体験を積み重ねていったこの俺様が!!!(蹴


一矢報いずしてこのままおめおめと引き下がれるかよ!!


そう思ったので、なぜうまくいかないか冷静になって考えてみました。

こういったのは商行為と同じでして、うまくいかない場合は早急な変化が必要とされるのです。何年も営業している儲からないラーメン屋じゃないんですから、ダメならスパッと変化しなくてはならない。

で、いろいろと考えたのち女性の気持ちになってみて、ちょっとね掲示板に投稿する内容を少し変えてみたんですよ。

旧「まずはメル友からはじめましょう^^」⇒新「今晩ご飯いかない?」(直球)


一見こっちのほうがうまくいかなそうじゃないですか。

「え、まだメールもしていないのにいきなりご飯って・・・(滝汗」

普通そう思うじゃん?

ハードル高いじゃないですか。こっちのほうが相手にされなそうじゃないですか。



結果








ご飯のお誘い3人から手が上がりました。





ええええええええええええええええええええええええ!!!


衝 撃 を 受 け ま し た !


なんと女性が肉食化していたのです。

これには僕も目から鱗です。

そうだったのか!あれから一年、女性のニーズはより出会いに貪欲になっていたのか!

メル友なんてかったるいことやってらんないわと。

ちょい飲みが流行ってるからってちょい会いも流行ってたんです。

お手軽さくっとリーズナブル出会い。ちょっと会ってくる。

女性が求めていたのはこれだったんです。

まずはメールからなんてめんどくさい段取り踏んでいたからだめだったのかー。

謎が解けたところで応募のあった3人を見て、だれと今晩ご飯に行こうか考えました(ゲス顔

う~~んここはあえて写メなし、プロフィール欄ほぼ全部非公開のミステリアスな27歳女性がいいかなと思い、この人とご飯の約束をしてきました。

果たして鬼が出るか蛇が出るか。

まあ今回は容姿じゃないんです。異性との会話を楽しみたいだけなんです。(この言葉最後まで覚えておきましょう)




そして待ち合わせ場所。




タイプの子だったら高い居酒屋にしよう、そうでなかったら安いとこにしよう(前言撤回)


そんなことを思いつつ最後の最後まで疑ってました。

怖いおっさんがでてくるんじゃないかとか行ってみたものの釣りに引っかかって誰もこないんじゃないか

そう思っていたのですが・・・・・・・・やはり俺様の目に狂いはなかった。

来ました!!

「こんにちは♪」

お・・・おおお。

結構可愛い(上から目線

聞けば看護師さんとのこと。

そのまま居酒屋へ。

それなりに楽しかったのですが反省点としては俺のトーク力がなさすぎるということを痛感しました(笑)

いやーそれにしても今回は将来を考えられる女性との出会いでした。

もうこの年になってくるととりあえず付き合ってみる?ってのができないから恋愛が難しくなりましたね~~~~

本当に楽しいオフ会でした。

名残惜しく今日はお別れしましたがこの後何かあるんでしょうか。

僕としても今後アプローチしていくべきかどうか決断できていません。

なんにせよ楽しかった、出会い系サイトで出会えたこと証明できた。一矢報いた。



いや~~~~オフ会ってホント楽しいもんですね~~~~~~~~^^~~~~


りりちゃん♪
2015.03.18(Wed):リアル

皆さんは昔僕が「出会い系サイトはなぜつぶれないのか」というテーマの元、体験レポートを書いたことを覚えているだろうか。⇒冒険その24

なんか公認会計士が書いたベストセラー「さおだけ屋はなぜつぶれないのか」に便乗した感がありますがあのような世界があることは当時の僕には衝撃的でしたし、見聞も広がりました。

あれから一年以上経った。あの世界はどうなったのだろうか。


いやね、何が言いたいかというと僕ですね、少し前にちょっと記載しましたが山手線沿線駅2分ぐらいのマンションに引っ越したんですよ。

もうね、すっごく交通が便利すぎてやばい。ちょっと池袋いってくる、ちょっと新宿いってくるって感じだからな~。

でさ、やっぱり新しい部屋に引っ越ししたら誰かを呼びたいじゃない?呼んでお披露目したいじゃない?

特に異性を、女の子をさ。

部屋で一緒にゴロゴロしたりして、宅飲みなんかしたりしてさ、



そしてあわよくば抱きたい(正直)


そう思って携帯のアドレス帳を見たのですが呼べそうな女の子がいないことに気が付いてしまったので(笑)仕方なく現地調達することにしました。


そこであの出会い系サイトですよ。

あれを再び使おうと一年ぶりにログインすると私のアカウントはまだ生きていました(笑)

ノウハウは過去の冒険で習得済み。

全く同じやり方でいきました。

私からは一緒に遊ぼうよ~~~(ゲス顔)みたいなアプローチはすることなく掲示板に投稿して返事をただひたすら待つ。同じやり方です。

3週間ほど朝に一日一回掲示板にメールまってます^^みたいな投稿してやってみたら合計50通ほどメールがきました。


おお、意外と多い・・・。


って思うやん?

もうね、9割近くが業者、援デリでしたね。わかっちゃうんだよな~~見ただけでさ。

あのさぁ・・・・プロフィール欄に私エロイのよ、飢えてるのよ、淫獣なのよみたいなこと書いてるんだけどさ~~


いませんからそんなヒト!!!!!!


そうやって私のチェックリストでチェックしていったら最終的におそらく素人に間違いないだろうっていう人が4人程残りました(笑)

でさーやり取りしてみるんだけど、もうなんか暇つぶしでやってる感あって性に対するやる気が感じられない人(蹴 や、ラインとかでのやり取りまで持ち込めたけど、どこをどう選択肢間違えたのかすぐ返事こなくなるしさーなんだよこのクソゲーとなかなかうまくいきません。

昔はうまくいったのにどうして・・・・。

時代の変化と共に利用者が求めるニーズも変わったのかもしれません。

今回は惨敗です。諦めました。

とは言えポイントは残っていたのでなくなるまで怠惰で続けていたのですがうまく辞め時が見つかりました。


「こんにちは」


一言メールで絵文字、顔文字なしのメールがきた。

なんか嫌な予感がするのですがまあせっかくメールおくってきたわけだし社交辞令的に返事を返しておきました。

「こんにちは!メールありがとうございます^^」

するとすかさず

女「ひまです」

またも顔文字絵文字なしで一言メール。

完全に業者なんだよなぁ・・・

僕ももうやけくそです。

「僕と遊びましょう^^」

女「でも熱だよー」

「じゃあ元気になったら遊びましょう^^」

女「時間かかるよー」

「じゃあ元気になったら遊びましょう^^」(二回目

女「遊びたい」

「じゃあラインかカカオ教えてくれますか^^」

女「携帯変えたばっかでしてないわ」←むしろ携帯変えたら最初に設定するよなぁ?

「では諦めますね^^」

女「やったら交換しよ」

「いいよー」

女「やったあ☆」





終了です。

ハッピーエンドです。

なんかどうでもいい会話にものすごいポイント使った気がしますがこれで卒業できます。

もうダメっすね。オワコンですね。この手のやつはもうダメになったことが分かりました。


さらば、出会い系サイト。もう会うことはないだろう。


出会い系サイト。そこは釣りの名所だった。

2014.11.13(Thu):リアル

20141113.jpg



「暇だな~」

冒頭からつぶやくほど私は暇を持て余していた。波乱の2014年ももう終わろうとしている。

食べては眠り食べては眠りのニート生活を続けていたここ最近僕は心のどこかで自分が腐っていくのを感じていた。

「はあ、明日から仕事始めか、嫌だな~」

本来、仕事始めとはこういう感情になるのが普通なのだろうがなぜかそういう気持ちにならない。知人も平日は仕事をしているし街中を歩くと自分が社会から取り残されているような感覚に陥る。

この優雅な時間こそ至高の贅沢であることはきっと仕事してから気づくのだろう。

さて、そんな腐った毎日にも少なからず予定はある。

プライベートでグループを作って取り組んでいたことがあったのだが先日それが終わり、打ち上げに表参道のちょっとリッチなレストランに行って贅沢をしようということになった。

お店は一流企業勤めのY君がイチオシしたお店で昼のランチだったのだがコース料理で平均1万円~という高額なお店だった。

あっ・・・(収入察し

ま・・まあね、僕は基本毎日庶民的な安い外食チェーン店で済ませてしまう事が多いがたまにはこういう一流の味を知るのも感受性が豊かになるというかある意味自己投資だと思い、いいっすねぇ~~^^~~(強がり) と快諾した。

しかしディナーで数万は経験したことあるがランチで1万超えはないっすねぇ~~。

お店に入ると英国紳士みたいな恰好をしたスタッフがおもてなしをしてくれ席に案内してくれた。

店員「お飲み物は何になさいますか?」

えーとどれどれ・・・とメニューを開くとそこには



「ミネラルウォーター \900」



ワロタ。

いいっすねぇ~~~~^^~~~~~


201411131.jpg



料理はどれも逸品だった。

いやーサーロインステーキはまじ美味かったよ。

いつか気になる異性を誘ってみたいと思う。



その後、この食事に限らずほんとこの休みの間食べ歩きしてましたねぇ~




201411133.jpg

鮎の塩焼き

2014111.jpg

海鮮丼(お店の隣が港)

久々に食に集中して食事をした気がする。

最近あまりに暇だった僕は、一言も言葉を発することなく、目覚めてすぐにスライドするかのようにパソコンの前に座っていた。

特にこれと言った目的もなく、ネットサーフィンしていたのだが、すると、別にそういうのを狙っていたとか狙いを定めてたとかそういうのではなく、ツルッとマウスが滑ってエロいページに飛んでしまう毎日を過ごしていた。

でもこれじゃだめなんです。

なんか言葉にうまくできないけど何かが足りなくてだめなんです。

そんな気づきを得た今週のニート生活でした。


2014.03.29(Sat):リアル


皆さんは今から一年ほど前に僕がご紹介した「彼」のことを覚えているだろうか。


わが社はMerger(合併)することになった。

そこで彼が退職勧奨という名のリストラにあった。

mergerすると普通は重複部門で人が余る。

だから今社内リストラの嵐が吹き荒れているんですけど、いくら春が出会いと別れの季節だからといって別れ多すぎだろうw

確かに彼はお世辞にも仕事ができるとはいえなかった。

しかし彼は僕に最も欠けている素直な気持ちを持っていたし非常に好感のもてる青年だったので今回の結果は本当に意味が分からない。

むしろ素直さのかけらもないトゲのある自分が生き残ったのが本当に不思議である。

で、別れがあれば出会いもあるということでまーたこの戸塚ヨットスクール(仮名)から人をとったみたいなんですがやっぱり背筋ピーンとして模範的な元気な挨拶。

思わず僕は量産型かよwと思ったわけですがああいうのが面接ウケいいんですかねぇー。僕的には自然体でいてくれwと思ったんですけどもう一年か・・時がたつのは早いなあと思いました。

入社当時右も左も分からない希望に燃えていた自分にはあまりにも酷な会社組織の汚いところをこれまでいろいろ見てきましたねぇ。

こんな理不尽なことあっていいのかと思いましたがこれに染まったらダメだ、と思って自分の人生を自分で切り開いていける力をつけるためにいろいろと頑張ってますけど長いものに巻かれたほうがいいんですかねえ


もうすぐ春。


昨年に続き今年も私が新入社員に会社のお作法(笑)的な研修をやることになりました。

おとなしい人が多いなと年々思います。


新入社員、思った以上に世の中理不尽なことばかりだからがんばれよ!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。